RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

こんばんは。今回、ジュピロス中心部のボスであるヴェスパーを倒してきたので、そのレポートを書きます。
前回に引き続き、ボス狩りの記事になります。最後までお付き合いいただければ幸いです。
01
1. ヴェスパーとは

ヴェスパーとは、ジュピロス中心部のMVPボスです。
ジュピロスの実装は2006年3月のことなので、これと同時に実装されたものと思われます。
長い間、未討伐の状態となっていましたが、その理由はヴェスパーのいるジュピロス中心部に入るのに、「ジュピロス中心部進入」というクエストをクリアする必要があるからです。
ジュピロスは他のダンジョンのように一度クリアすれば、いつでも入れるようになるのではなく、マップに移動する度にクエストをクリアする必要があります。
クエストをクリアするのに必要なアイテムが、あまり露店で流通していない上にクリアする度に消費して、それが必須であるという条件が積み重なり、足が遠のいていました。
ヴェスパーは、HP160万程度、種族は動物、属性は聖2、サイズは大型です。
聖属性である為、属性対策は必須でしょう。ヴェスパーの正体はウェルスの科学者らしいので、動物よりも無形の方が相応しい気がしますが、何か理由となる設定でもあるのだと思います。
使用スキルはエモーション、クリティカルスラッシュ、コールスレイブ、サモンスレイブ、テレポート、メテオストーム、ラッシュアタックです。
あまり強いスキルは使ってこないみたいなので、メテオストームに注意すれば死ぬことはないでしょう。
位置付けとしては、中堅の下位程度の強さだと思います。
実装時期が古いので、強さについてはこの程度で妥当でしょう。

ヴェスパーの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

2. ヴェスパー戦の装備

いつもと同じ様に耐性、防御よりも火力の上昇を念頭に置いた装備を選択しました。
02
装備部位 装備名 主な特殊効果 カード カード効果
兜上段 +7 リス耳フード帽[1] Aspd + 3, Def無視60%

兜中段 ニーヴバレッタ ニーヴ武器を装備時、各種追加効果

兜下段 浮遊するジオイア <アルカナ> <攻撃速度1> <Int+2> アルカナ, 攻撃速度1

+9 デッドリー ドレイクコート <攻撃速度1> ダブル [1] サイズ補正無効。MaxHP+2500, MaxSP+150 イビルドルイドカード 不死属性付与
武器 +6 タイタン ニーヴ風魔手裏剣 <名誉のニーヴ(迅速)><永劫のニーヴ(風)><傷のニーヴ(天使形)> 大型105%, 攻撃速度+5%, 風属性攻撃-20%, 天使形被ダメージ-30%, 闇属性 ミノタウロスカード 大型15%, ATK+5
肩にかける物 +7 用心棒のスカーフ オブシューター <名手1> <名手2> [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など メンブリッツカード 遠距離物理攻撃+10%
+7 イヌハッカメテオ フロンティアブーツ <名弓2> [1] 風魔手裏剣 -乱華- 再使用待機時間 – 0.3秒。ボスモンスターから受けるダメージ – 30% 世界のカード ハイディング、クローキングをしているモンスターが見える
アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など

アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など

靴がフロンティアブーツで他の装備と噛み合っていませんが、これは武器だけをボス戦の直前に交換したからです。
武器は闇属性、大型105%のニーヴ風魔手裏剣を選択しました。
聖属性で大型のモンスターは現状では9種類しかいないみたいです。
その9種類の内、MVPボスはランドグリスとヴェスパーしかいないので、実質的にこの2体のボスの為の装備と言っていいでしょう。
といっても、闇属性は火水地風や念にも100%ダメージが通るので、それなりに幅広く使えます。

3. ヴェスパー戦

ジュピロス中心部の最奥の広場で、ヴェスパーを発見しました。
03
このマップの雑魚モンスターは結構火力が高く、侮れないので周囲を掃除してから戦闘を開始しました。
04
基本的に物理攻撃は、空蝉、影分身で避けます。最初は有利に戦っていたのですが…
05
ヴェスパーが呼び出した取り巻きに、空蝉、影分身が尽きた瞬間に囲まれて、撲殺されました。
私の朧が未だにレベル175に到達していない理由は、ボス狩りの事故死が主な原因です。
気を付けていても、ボスの攻撃は強力で、結構死んでしまいます。
06
仕方がないので、セーブ地点から再びヴェスパーの元に向かいます。
ジュピロス中心部への道は結構長いので苦労しました。
リプレイを見返してみましたが、ヴェスパーと戦っているのは1割ほどで、殆どはジュピロス中心部への移動時間が占めていました。
07
今度は距離を取って、乱華を連打します。
08
勝利しました。
09
4. まとめ

長い間、未討伐のボスでしたが、何とか倒すことが出来ました。
徐々にではありますが、今まで未討伐だったボスを倒しています。
そろそろ、ランドグリスにも挑戦したいと思っているのですが、なかなか会うことが出来ません。
ランドグリスについては、別に記事を書こうと思っています。
そろそろビジョウやシーラカンスなどのボスも倒したいと考えていますが、今の朧だと少し辛いかもしれません。
最近、Breidablikの他にIdavollにも朧を作ったので、その朧をボス狩り専用のキャラクターにして、スキル、ステータスを調整することも検討中です。
これまで未討伐だったボスに挑戦して勝利するには、今までのやり方を変える必要があるので、その対処に少し時間がかかるかもしれません。
何にせよ、またボス狩りの記事が書けるようにやれるだけやってみます。

今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。
今回は「霧の森」のボスであるニーズヘッグを倒してきたので、そのレポートを書くことにします。
あまり内容のない記事ですが、最後まで付き合っていただけると幸いです。
01
1. ニーズヘッグとは

メモリアルダンジョン「霧の森」に出現するMVPボスです。
霧の森のメモリアルダンジョンは異世界のクエストを進める場合、攻略が必須となるメモリアルダンジョンです。
その為か、そのボスであるニーズヘッグはあまり強いボスではありません。
このメモリアルダンジョンは一定の条件を満たせば、ボスとの対決も避けることが可能です。
ゲーム上では「彷徨う紫色の竜」という名称なのですが、何故か公式ツールでの表記はニーズヘッグとなっています。
ニーズヘッグは「ニーズヘッグの巣」に登場するニーズヘッグの影の本体であり、異世界のシナリオでも重要な役割を果たします。
影よりも本体の方が弱いのですが、その理由は上述の通りでしょう。
HPは400万程度、種族は竜族、属性は闇3、サイズは大型です。
アースクエイク、ダークネスブレス、ワイドストーン、ワイドスリープなどの多彩なスキルを使ってきますが、スキルのレベルは低めで、あまり強力な攻撃はしてこないみたいです。
上記の通り、シナリオを進行させるために、必ず攻略しなければならないメモリアルダンジョンのボスなので、あまり強化も出来なかったのでしょう。
それなりに強力なボスなので、位置付けとしては中堅の下位程度のボスだと認識しています。
HPは多めですが、スキル攻撃のレベルが低いので、実際の強さはファラオ、ボイタタ、ゴピニク程度ではないでしょうか。

ニーズヘッグの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

霧の森 | メモリアルダンジョン | ワールドマップ | ゲームガイド | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

2. ニーズヘッグ戦の装備

ニーズヘッグと戦った時の装備は、こんな感じでした。
02
装備部位 装備名 主な特殊効果 カード カード効果
兜上段 +7 リス耳フード帽[1] Aspd + 3, Def無視60%

兜中段 鴉天狗の面[0] 物理攻撃+4%, 遠距離物理攻撃+7%

兜下段 浮遊するジオイア <アルカナ> <攻撃速度1> <Int+2> アルカナ, 攻撃速度1

+4 アンフローズン ディーヴァローブ [1] 無属性。一般モンスターに与えるダメージ+9%。絶対に壊れない マルクカード 絶対に氷化しない。水属性耐性5%
武器 +7 トリプル ジェノサイド 風魔手裏剣・花吹雪 <強撃3> [3] 攻撃速度+7%, Matk+180, 聖属性 怨恨のボンゴンカード 物理攻撃時、プレイヤーに与えるダメージ+20%
肩にかける物 +7 用心棒のスカーフ オブシューター <名手1> <名手2> [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など メンブリッツカード 遠距離物理攻撃+10%
+7 イヌハッカメテオ フロンティアブーツ <名弓2> [1] 風魔手裏剣 -乱華- 再使用待機時間 – 0.3秒。ボスモンスターから受けるダメージ - 30% 世界のカード ハイディング、クローキングをしているモンスターが見える
アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など

アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など

耐性や防御は捨てて、火力を高めることを念頭に置いた装備になっています。
花吹雪はGVGで使っている物を流用しました。深淵の騎士カードを挿した花吹雪をもう1個用意するべきなのでしょうが、ちょっと財布に余裕がなく、踏み切れません。
朧は打たれ弱いので、中途半端に防御や耐性を高めても、結局無駄になる事が多いです。
物理攻撃は空蝉、影分身で一定の回数は回避できるので、それを頼りにしています。
この装備だと魔法攻撃に耐えられないのが悩みなのですが、そこは立ち回りなどを工夫するかなさそうです。
闇属性のボスなので、聖属性の風魔手裏剣で乱華を連打するという戦術を取ることにしました。
鎧が無属性である理由は、このマップを徘徊しているパルス、ミミンが使ってくるソウルストライク対策です。
アースクエイク対策に念鎧を着たかったのですが、それを付けているとパルス、ミミンのソウルストライクで即死しかねません。

3. ニーズヘッグ戦

戦闘を開始します。ニーズヘッグはメモリアルダンジョンの折り返し地点などに配置されているらしいのですが、詳しいことは知りません。
霧の森は先に進むのに時間がかかるので、ボスに会うまでに40分程度の時間がかかりました。
03
乱華の連打で一気に畳み掛けます。乱華1回で20万程度のダメージです。
螺旋風魔の宝珠とフロンティアブーツとのセット効果で、秒間6~7回の攻撃が可能になっています。
04
勝利しました。スキルは一切使わせず、10秒程度の交戦で終わりました。
05
4. まとめ

既に「ニーズヘッグの巣」のニーズヘッグの影を倒しているので、それよりも格下のニーズヘッグに勝てて当然と言えば、そうなのでしょう。
それでも、長い間、未討伐の状態だったボスを倒せたのは一つの実績と言えそうです。
相変わらず、火力で押し切る戦術を取っていますが、これもいつまで続くかは分かりません。
10秒程度の交戦で勝利というと、楽勝という印象を受けるかもしれませんが、逆に言うと火力で押しきれない相手には敗色が濃厚です。
耐久力がまったくないので、回避する手段を持たない魔法攻撃に弱すぎるという問題も未解決のままです。
以前も書いた通り、影跳びなどのスキルを活かした立ち回りによる回避で、敵の攻撃を受けないようにするといった戦術を開発しないと、今後は厳しくなるでしょう。
ボス狩りをはじめてからそれなりに時間が経ちましたが、まだ未討伐のボスも多くいます。
以前、記事としてまとめているので、このリストを確認して、ボスを討伐していくつもりです。

現時点での未討伐のボスのリストを備忘録としてまとめてみました : RO Breidablik 日記(仮)

今回はここまでにします。それでは。

こんにちは。お久しぶりです。
前回の記事の投稿は8月6日のことなので、3週間ほど、ブログを放置していました。
お盆休みなどもあったのですが、行かないといけない行事や付き合いもあったので、そちらを優先していました。
今回は近況報告を簡単にまとめようと思います。
Urdrの通常ワールド化などの動きについても記事を書こうと思っているのですが、今週中は間に合いませんでした。
01

1. 装備更新、来年の精錬祭について

現状の装備は以前紹介した通り、下記の様になっています。

装備部位 装備名 主な特殊効果 カード カード効果
兜上段 +7 リス耳フード帽[1] Aspd + 3, Def無視60%

兜中段 鴉天狗の面[0] 物理攻撃+4%, 遠距離物理攻撃+7%

兜下段 浮遊するジオイア <アルカナ> <攻撃速度1> <Int+2> アルカナ, 攻撃速度1

+9 デッドリー ドレイクコート <攻撃速度1> ダブル [1] サイズ補正無効。MaxHP+2500, MaxSP+150 イビルドルイドカード 不死属性付与
武器 +7 トリプル ジェノサイド 風魔手裏剣・花吹雪 <強撃3> [3] 攻撃速度+7%, Matk+180, 聖属性

肩にかける物 +7 用心棒のスカーフ オブシューター <名手1> <名手2> [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など メンブリッツカード 遠距離物理攻撃+10%
+7 イヌハッカメテオ フロンティアブーツ <名弓2> [1] 風魔手裏剣 -乱華- 再使用待機時間 – 0.3秒。ボスモンスターから受けるダメージ - 30% 世界のカード ハイディング、クローキングをしているモンスターが見える
アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など

アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など


螺旋風魔の宝珠を活用する装備を更に改善してみました : RO Breidablik 日記(仮)

あれからも装備の更新について、ぼんやりと考えているのですが、特に妙案は思い付きません。
リス耳フード帽を+9の物に更新する為、いくらのZenyが必要なのかを検討していますが、それぐらいです。
ボス狩りの為、深淵の騎士を挿した花吹雪をもう1個用意しようかなどと考えていますが、結構高い買い物になるので躊躇しています。
今の所、対モンスター向けの装備は手元にあるニーヴ風魔手裏剣などを活用すれば、大抵の場面では困りません。
一応、新しい花吹雪を買うぐらいのZenyはあるのですが、そろそろ来年の精錬祭に向けた投資の計画を練る必要があります。
精錬祭は来年の4月にまた開催されると思われます。その仕込みに最適の時期は、アイテムの相場が冷え込み、その年のアニバーサリーパッケージの情報が出揃う12月以降です。
12月に投資を行う事を考えると、そろそろ投資用の資金を用意する必要があり、大きな買い物はし難い状態になります。
まだ夏が続いていますが、もう8月も終わりです。12月までは3ヶ月程度しかありません。
そう考えるとあまり余裕がないというのが現状です。
精錬祭の仕込みはファントムオブマスカレードが適当に感じます。現状、+7の物が1個600M程度の値段で取引されています。
今年の精錬祭の後、1個400M以上で取引されていたガーデンオブエデンが200Mに下がったように、+7 ファントムオブマスカレードも市場にあふれて、半分程度の値段に落ち着くでしょう。
螺旋風魔の宝珠の様な新装備が追加される可能性もあるので、今は出費を抑えつつ、今後の計画を練っていこうと思います。

2. 攻城戦YE

今月は攻城戦YEは2回開催されます。本日、2回目の開催です。
参加のための手続きが多少面倒ですが、普段は戦えない他のワールドのギルドと戦えるのは新鮮で楽しいです。
現在の所、テスト期間中なので回復アイテムなどは無料で使いたい放題です。
2018年の最初の頃と比べ、システム面の不備も改善されたので、純粋に戦闘を楽しめるようになりました。
最終的にガンホーがGVGをどうして行きたいかはまだ不透明な部分もあります。
以前は攻城戦YEにGVGを一本化したいという意向を示していましたが、現状のGVGを残すことも考えているらしく、どうなるかはまだ分かりません。
個人的には、月2回程度、攻城戦YEを開催し、残りは通常のGVGを開催するというのがバランスが取れている気がします。
システム面の不備やゲームバランスについては、かなり改善されてきたので、今年度中に何らかの結論が出されるかもしれません。
攻城戦YEについては、今後も動きを見ていこうと思います。

3. YE PVP

攻城戦YEとは別に、イグドラシルワールドでPVPをやろうという動きがあります。
私と同じGVGギルドに参加しているゆかえるさんが主催していて、毎週、金曜、土曜の夜などにPVPをイグドラシルワールドで実施しています。
リンクとかは貼って良いのか分からないので、取り敢えず、貼りません。
Discordで参加者がやり取りをしているのですが、RO丼などで招待のリンクを貼っていると思うので、興味のある方は検索してみて下さい。

4. ジャガーノート

ラグ缶2019 Septemberでリベリオンのスキルを強化する靴が追加されたので、95Mで買ってみました。
私が買った後、値下がりが続いていて、現在は70M程度の値段で取引されています。
リベリオンは作ってはいたのですが、装備などが整っていなかったので放置していました。
リベリオンの人口はあまり多くない事を踏まえると、今後もスキルを強化する装備品が追加されるかもしれません。

ラグ缶2019 September | ラグナロクネットストア | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

ジャガーノート[0] RO公式ツール・モンスターサーチ

ディーヴァ装備などのランダムオプション装備であれば、良いエンチャントが付いた物が安値で売られることも多いので、良い機会なので、今後、リベリオンも使っていこうと思います。

5. ランドグリスについて

上述の通り、朧の装備についてはかなり整ってきました。
その為、そろそろランドグリスと戦うことを考えています。
今週の土日にランドグリスに会いに、オーディン神殿 03に通ってみましたが空振りに終わりました。
同じマップに出現するランドグリスゴーストには、特に苦戦することなく勝てるようになっています。
今後、同マップに通う時間などを調整して、対抗が少ない時間帯などを探ってみようと思います。

今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ