RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

こんばんは。
一ヶ月もブログを放置していました。すみません。
今年も終わりますが、最後に今年のラグナロクオンラインでの活動を振り返ってみようと思います。
2020年は新型コロナウィルス感染症の世界的な流行により、政治、経済、社会が大きな影響を受けた年と言えます。
私自身、緊急事態宣言が発令された際は自宅待機になったり、仕事の数が減ったりと大きな影響を受けました。
今は何とかやっています。今年は仕事も忙しく、ROに割く時間も減少気味でした。
01


1. 上半期

今年の上半期は、新型コロナウィルス感染症の世界的な流行と時期が重なった期間です。
3月ぐらいまではアップデートも予定通り行われていましたが、4月以降、日本での感染の拡大に伴い、精錬イベントが延期されるなど、ゲームにも徐々に影響が波及してきました。
深淵の回廊の期間が度々延長されたのも、この時期だったと思います。
今年も精錬祭に向けた仕込みに動いていたのですが、仕込んだアイテムを塩漬けにする期間が長くなってしまって難儀しました。
深淵の回廊の期間延長で量産された、古代龍の宝冠の仕込みに動いたのもこの時期です。
古代龍の宝冠の仕込みについては、後々、後悔することになるのですが、この時はそれに気付くことが出来ませんでした。
02
03
04

2. 下半期

上半期は7月から8月にかけて開催された精錬祭の対応に追われました。
今年の精錬祭では、ラグ缶のアイテムに重点を絞り、資産形成に努めました。
1.5G弱の投資で、3G程度のZenyを作りました。
精錬イベントでの立ち回りについては、既にブログに書いているので、詳しくは繰り返しません。
期待したほどの結果は出ませんでしたが、1.5Gの粗利を作ることが出来たので、可もなく不可もなしといった所だと思います。
このイベントでは、古代龍の宝冠も精錬したのですが、精錬に必要となるポイントが通常の2倍であるという仕様により、だいぶ難航しました。
すべての宝冠を精錬することは難しく、精錬しきれなかった物も4個ぐらいあったと思います。
その後もゲーム内で入手できるアイテムの常で、値下がりにも苦しめられました。
30%程度の値下がりは見込んでいたのですが、実際の値下がりは45%弱でした。
精錬に苦労した割に粗利も少なかったので、なかなかしんどい思いをしました。
10月以降の活動ですが、仕事が急に忙しくなった関係で、活動は低調気味でした。
季節イベントに少し参加するぐらいで、まともにゲームをやった期間は短かったと思います。
05
06

3. 2020年まとめ

今年はリアルでもゲームでも、新型コロナウィルス感染症の世界的な流行に振り回された一年でした。
普通は社会的な事件がゲームに影響してくることはないのですが、パンデミックの影響は非常に広範に渡った為、開発の遅れからゲーム内イベントの開催延期など、影響を肌で感じる一年となりました。
来年はこの混乱が収まることを望みますが、現在、ラグナロクオンラインの開発元であるグラビティがある大韓民国でも、感染者が再び増加しており、影響はまだ続きそうな情勢です。
今現在、アニバーサリーイベントの開場後が撤去されていなかったり、2021年の正月イベントの特設サイトもないなど、大韓民国の再流行による影響と見られる事象がゲーム内でも確認できます。
2020年はラグナロクオンラインの中にも、新型コロナウィルスのパンデミックの影響が感じられる一年でしたが、来年もそれは変わらないのかもしれません。
07
08
09

暗い話題は避けたいものですが、今年の話となるとどうしてもそういった話題に行き着いてしまいます。
それだけ新型コロナウィルス感染症の世界的な流行の影響が大きかったという事なのでしょう。
最後になりますが、今年も残すところ、あと1時間となりました。
閲覧者の皆さんも、良いお年をお過ごし下さい。
来年は少しでも希望の持てる一年になることを祈ります。

今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。
1ヶ月ぶりの更新になります。
この頃、2021年の精錬祭の仕込みについて、漠然と考えているので、それを記事にまとめてみる事にしました。
毎年同じ様な事を書いている気がしますが、装備の更新にZenyが必要という事情は変わらないので、こうなるのも道理でしょう。
前置きはこれぐらいにして、本題に入りたいと思います。
01

1. 2020年精錬祭の見込みと結果の振り返り

まずは2020年の精霊祭の前の予想と実際の収支を比較したいと思います。
精錬祭前の予定では、3G程度の粗利を作るつもりだったのですが、実際に作れたのは1.5G程度でした。
この様な差が生まれた理由は、仕込んだアイテムの相場が予想よりも下落したからです。
大体、30%程度の値下がりを予想していたのですが、実際の値下がりの割合は予想より大きいものでした。
特に+7 降霊術士の手鏡[1]は、精錬祭前の46%の値段でしか捌くことが出来ず、収支に大きく影響しました。

2020年精錬祭の収支の予想
購入単価合計 販売単価合計 粗利合計
1540M 4270M 2730M

2020年の見込みと結果
アイテム名 購入単価 個数 +7の値段(精錬祭前) 実際に販売した価格 精錬祭前倍率 精錬最後倍率 値下がり率(予想) 値下がり率(実際) 購入小計 売上小計 粗利小計
+7 降霊術士の手鏡[1] 500M 2 1700M 782M 3.4 1.564 30.00% 54.00% 1000M 1564M 564M
+7 聖者の冠[0] 60M 4 300M 190M 5 3.167 30.00% 36.67% 240M 760M 520M
+7 古代龍の宝冠[1](アルカナ) 100M 3 500M 270M 5 2.700 30.00% 46.00% 300M 810M 510M

2020年精錬祭の実際の収支
購入単価合計 販売単価合計 粗利合計
1540M 3134M 1594M

2. 2021年の精錬祭では、2Gを投資し、4Gにしたい

現在、手元に2GのZenyがあります。
これを何とかやり繰りして、次回の精錬祭で4Gぐらいに出来ないかと考えています。
理由としては、イグニゼム=セニア(MVP)カードを挿した精錬値が8程度の名も無き剣士のブーツ[1]が欲しいからです。
上記のアイテムの相場は4.5~5G程度です。
4Gでは目標に届きませんが、別途、手元にある装備品などを売れば、500M程度は上積み出来るでしょう。
4.5G程度あれば、交渉次第で何とか…といった所だと思います。

3. 目標に到達する為の仕込み

上で「2Gの投資して、4GのZenyを作りたい」と書きましたが、実際にやるとなるとかなり困難でしょう。
前回の結果にしても、精錬祭後の値下がり相場でも高値で売れるアイテムを仕込むことが出来たので作ることが出来ました。
現状の相場で100Mで買えて、+7が500M程度で売れる装備を複数個確保する必要があるでしょう。
2020年に仕込んだ聖者の冠[0]、古代龍の宝冠[1](アルカナ)などは、値下がりをしても元値の3倍程度にはなりました。
そういう装備品を今回も見つける必要があるのですが、どうも芳しくありません。
2020年以降のラグ缶のアイテムで、該当するものがないか調べてみたのですが、まだ見つけられていません。
幻滅の思念体シューズ[0]などが良さそうに見えるのですが、未精錬の物が150M、+7の物が350M程度です。
精錬祭後の値下がりを考慮すると、この程度の値段では目標に届かないでしょう。
ラグ缶のアイテムを洗い直すつもりですが、該当する物がないのであれば、今後のラグ缶に期待するしかないかもしれません。
ゲーム内で入手できる強力な装備については、精錬に必要なポイントが2倍になるなどの制限もあるので、なるべくラグ缶のアイテムを仕込みたい所です。
上記の仕様により、2020年は古代龍の宝冠の精錬で苦労をさせられました。

4. まとめ

Zenyが欲しければ、精錬祭だけでなく、MDを周回するなどの努力も必要なのでしょう。
と言っても、平日の夜は疲れ気味ですし、土日も用事があったりするので、なかなか難しいです。
しかし、以前はG単位のZenyを持つと言うのは、叶わない目標だと考えてきましたが、現在は違います。
こんな事に悩めるようになっただけ、以前よりもレベルアップしたと言えそうです。
「EPISODE:ILUSIÓN~賢者の遺産~」の実装により、忍者向けの強力な装備も追加されました。
朧の火力強化に向けた試みは、まだ途上ですが、今後も頭を悩ませる事になりそうです。

今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。一ヶ月ぶりの更新になります。
今回は特にネタがなかったので、近況についてまとめてみることにしました。
仕事の関係で相変わらず忙しく、ブログのネタになりそうな情報も集められていません。
10月も忙しくなるのは確実なので、ブログの更新もまた一月先になるかもしれません。
ROの原作紹介の記事も続きを書きたいので、何とかブログを書くリソースを捻り出せないか検討してみます。
01

1. 精錬祭で精錬したアイテムの処分

精錬祭で精錬したアイテムですが、処分はほぼ終わりました。
売上の合計は、3G程度です。
仕込みに使った金額は1.6G程度だった筈なので、粗利は約1.4Gでしょう。
G単位の粗利を作ったという意味では、悪い結果ではありません。
今年の精錬祭については、反省点も多い結果に終わりました。
特に古代龍の宝冠[1]を精錬するという判断は多くの点で間違っていました。
精錬が大変だった割に安値でしか売れず、難儀しました。特に+6の物は殆ど利益が出ていません。
来年の精錬祭については、漠然と計画を練っているので、今回の反省点も含め、記事にするかもしれません。

精錬祭成果
名前 個数 購入単価 販売単価 割合(販売単価) 1個あたりの粗利 粗利小計 割合(粗利) 割合(粗利小計) 1Mあたりの利益
+7 降霊術士の手鏡[1] 2 500M 782M 25.52% 282M 564M 19.64% 39.28% 1.56
+7 聖者の冠[0] 4 60M 190M 6.20% 130M 520M 9.05% 36.21% 3.17
+7 古代龍の宝冠[1](アルカナ) 2 97M 270M 8.81% 173M 346M 12.05% 24.09% 2.78
+6 古代龍の宝冠[1](アルカナ) 2 97M 100M 3.26% 3M 6M 0.21% 0.42% 1.03

各種合計
購入単価合計 販売単価合計 粗利合計
1628M 3064M 1436M

2. 装備の更新

精錬祭で自由に使えるZenyが1G程度出来たので、いくつか買い物をしてみました。
この章では購入したアイテムとその理由、活用について検討してみます。

2.2.ゴーストリングカード挿しドレイクコート
15209

+9 ドレイクコートが値下がりしていたので、ゴーストリングカードとセットで思い切って購入してみました。コートは340M、カードは365Mでした。
イビルドルイドカードを挿した物は所有していましたが、ゴーストリングカードを挿した念属性の物も欲しかったからです。
私はGVGに参加しているのですが、耐久力が低い朧の場合、即死する場面が多く、耐久力の向上は大きな課題でした。
ゴス鎧そのものは、アインヘリヤルの鎧に挿した物を持っていたのですが、ドレイクコートのサイズ補正無効化と両立できないので、念鎧を装備すると火力が大幅に下がっていました。
こうすることで、念鎧によって、ある程度攻撃に耐えつつ、サイズ補正の無効化で火力の向上を図るという目的を両立できます。
不死属性のドレイクコートも無価値になったわけではないので、場合によって使い分けていく予定です。

2.2 +7 深淵の騎士カードx3 強撃3 風魔手裏剣・花吹雪[3]
13340

深淵の騎士を挿した花吹雪も調達しました。値段は130Mでした。
調達した理由は、主にボス狩りで使う為です。
これまでも有効であることは分かっていたのですが、購入する余裕がなく、先延ばしにしてきました。
購入後、試し切りをしてきましたがマラン島のシーラカンスなどの強めのボスでも、あっと言う間に倒すことが出来るようになりました。
聖属性のボス特化という非常に使いやすい武器なので、これからボス狩りで活用していこうと思います。

2.3 ブリュンヒルデ
2383

新攻城戦の神器であるブリュンヒルデも購入しました。価格は280Mでした。
買った理由はいくつかあるのですが、漠然と「そろそろ神器を手元に置いても良いのではないか」と思ったからです。
ROに復帰してしばらくになりますが、MVPボスの討伐はランドグリスを倒しており、最近は大きな目標というものがありません。
深淵の回廊などの未攻略のコンテンツも残っていますが、最近はあまり意欲が湧いてきません。
そういう状況なので、あとは残った目標や実績を無理やり作ろうとすると、「神器の入手」というのが視野に入ってきました。
値段はそれ程高いわけでもないので、これは一種の実績作りみたいな物です。
実際、神器を所有するユーザーはあまり多くない筈なので、実績ではあるでしょう。
この鎧はそれなりに強力なので、実用品としての価値は残っています。
ノックバック無効は現在台は代替品があるので、必須ではありませんが、あっても邪魔になる要素ではありません。
最近は情報を追えていないのですが、kROでは神器の強化についても、攻城戦の改定案の中で出ていたので、将来、上方修正される可能性もあります。
話は変わりますが、ブリュンヒルデは以前はもっと高かったと思います。記録には残していませんが、2018年ぐらいには1Gぐらいした気がします。
神器の入手ができたので、次はMVPボスカードの入手についても検討してみます。
既にイベントで配布されているアイテムもありますが、そういったものとは別に入手する予定です。
今は手元に自由に使えるZenyがないので、入手は来年になりそうですが…

3. 星帝、ソウルリーパー追加の対応

先日、星帝、ソウルリーパーがついに実装されました。
実装を記念する育成イベントも開催されているので、期間中にレベル165ぐらいまでは上げたいと思っています。
育成イベントは来週の火曜日まで開催されるので、少しずつミッションをこなせば、何とかなるでしょう。

Star Emperor&Soul Reaper | ラグナロクオンライン公式サイト

近況をまとめただけなので、今回は非常に雑然とした記事になりました。
もう少し内容のある記事も書きたいのですが、事前の調査なども必要なので、少々大変です。
ブログそのものは続けるつもりなので、更新を続ける為の時間等のリソースをどうにか捻出してみます。
もう秋になりましたし、冬も間近でしょう。
今年も3ヶ月程度しか残っていないですが、ROではハロウィンや年末のイベントも開催される筈なので、退屈することはないでしょう。

今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ