RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

こんにちは。今年も例年通り、究極精錬のキャンペーンの時期になりましたね。
究極精錬とは失敗によるペナルティが発生しない特殊な精錬です。究極精錬を行うのに必要なチケットは、毎年、この時期にラグナロクネットストアで1万円以上の商品を手に入れたプレイヤーに配布されます。
+8や+9の装備を作るのにはこの機会を利用しない限り、なかなか大変なものがあります。
01
「究極精錬チケットGetキャンペーン2018」精錬アイテムを手に入れるチャンス!| ラグナロクオンライン公式サイト

私は究極精錬まではやらなくてもいいかな、という気持ちでいます。究極精錬で値段が下がったアイテムを精錬祭り後に購入するぐらいなら考えるかもしれません。
+9のリス耳フード帽が欲しいのですが、究極精錬で一か八かというギャンブルをしなくても、精錬祭りで14個程度の課金アイテムを+7まで持っていけば、何とか買えるかな…と漠然と考えています。
欲しいものはゴーストリングカード、聖属性の鎧、邪竜の鎧など沢山あるので、なかなかリス耳フード帽にまで手を伸ばす事は難しいかもしれませんが。
この記事の本題に入ります。究極精錬キャンペーンの開始は1月16日の事ですが、その影響でパッケージの課金アイテムの相場が下落傾向にあります。
例えば、サマーパッケージ2017のガーデンオブエデンは15日までは100~130Mで売りに出されていたのですが、16日以降は90M程度に下がり、21日現在は85M程度の値段になっています。
15thアニバーサリーパッケージのアイテムの相場も下がり、グレータードラクルホーンの値段も安ければ、25M程度で露店に並んでいます。
原因は究極精錬キャンペーンに応募する意志のあるプレイヤーがパッケージやラグ缶を購入し、そのアイテムが市場に流れているからでしょう。

ガーデンオブエデン[1] RO公式ツール・露店取引情報

最近、ガーデンオブエデンなどのパッケージで入手できるアイテムが値上がりしている件と精錬祭りに向けた仕込みについて : RO Breidablik 日記(仮)

サマーパッケージ2017 ダウンロード版 | ラグナロクネットストア | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

究極精錬キャンペーンの期間は1月16日11時から2月6日10時までです。期間を考慮すると、あとしばらくの間はパッケージの課金アイテムの相場は下落傾向が続くのではないでしょうか。
以前の記事で触れた通り、精錬祭りに向けた仕込みはほぼ終わっているのですが、課金アイテムの相場が下がっているのなら、ガーデンオブエデンの調達を頑張ってみようかと思います。
ガーデンオブエデンは+7の物が400~500Mで売りに出ているので、精錬祭りで+7の物を作れれば、大幅に利鞘が稼げます。
2015~2017年の2~3月のイベント、キャンペーンを確認しましたが、精錬祭りの開催まで課金アイテムの値段が下がりそうな物はありませんでした。
今年も精錬祭りがあるかどうかは現時点では不明ですが、あるとすれば、今回の課金アイテムの値下がりは最後の機会ではないでしょうか。
勿論、精錬祭りの直前、あるいは開催中でも精錬に必要なアイテムは入手可能ですが、精錬祭りの時期に近づくとアイテムの相場は値上がりし、調達はなかなか厳しくなります。精錬祭り用の装備品を買い集めるのなら、多くのユーザーがそれを意識しない時期にやっておく事が最善に近いのではないでしょうか。
正直な話、1個20~100Mに近いアイテムを投資目的で複数抱えるのは私にも重い負担です。
精錬祭りでは、ミラクル精錬という精錬に失敗してもアイテムが失われない特殊な精錬を行う事が出来るのですが、それを仕様の範囲で最大限活用した場合、+7のアイテムは14個程度作れるようです。
その為、グレータードラクルホーン、ガーデンオブエデン、リス耳フード帽、用心棒のスカーフなどを合計14個程度抱えているのですが、投資のために塩漬けにしている資産の分だけ自由に使えるZenyは減ります。
ただ、その苦しさに耐えれば、自由に使えるZenyが一気に増えるので何とか頑張ろうと思います。仮に精錬祭りが今年もあったとして、それに参加できる状況かはまだ定かではないのですが…
余談ですが、1月9日から1月16日までの「夢幻の迷宮~ゲフェン地下大空洞~ 調査強化週間」の影響で市場にはディーヴァ装備が大量に溢れて、価格も下落しています。
結構良いエンチャントが付与された装備が安値で売りに出ているので、露店をチェックすれば思わぬ掘り出し物に当たるのではないでしょうか。私もこれはというエンチャントが付与されたディーヴァ装備を幾つか買いました。
あとはスペシャルエンチャントの対象装備にダークハンド、ライオットチップが追加されましたね。+8以上の装備が対象なので、なかなか厳しいのですが、その影響で対象の装備の値段が騰がっています。

「スペシャルエンチャント」のできる装備が追加! 特別なエンチャントでさらなる高みを目指そう!| ラグナロクオンライン公式サイト

ダークハンドはこの発表の以前は未精錬の物が60M程度でしたが、100~130M程度の値段になっています。
実はダークハンドはニーヴバレッタの記事を書いた直後に調達したので、ぎりぎりで値上がりを避ける事が出来ました。これからしばらくはニーヴ武器を主力にしようと考えていたので、ニーヴエンチャントが強化されるダークハンドは非常に魅力的です。
今回は運良く値上がりを回避できましたが、いつもこうは行かないでしょう。

ニーヴバレッタを装備すれば、アヴェンジャー風魔手裏剣を上回るダメージをニーヴ風魔手裏剣でも出せるようです : RO Breidablik 日記(仮)

MMORPGはネット上のサービスの常でアップデートによって、それまでの想定が覆るという事が多くあります。アイテムの相場はその最たるものと言えるでしょう。直近では、来週、新カードも実装されますし、それに伴う変化もありそうです。
課金アイテム、ディーヴァ装備の大量供給による値下がり、既存の装備による値上がりなど、ユーザーを翻弄する動きは多々ありますが、状況に場当たり的に対応するのではなく、ある程度は自分の計画を持ち、それに対処するようにしていきたいと思います。
私の計画は精錬祭りで過剰精錬した価値の高い装備品を14個ほど作り、それをなるべく高値で捌くというという物です。それが上手くいくかは不明なのですが、色々と計画を練るのは楽しい事です。
ボス狩りなどのPVEやGVGも楽しいのですが、こうやってアイテムの相場の動きを追い、それで利益を得るべく立ち回るのもMMORPGの楽しみの一つでしょう。成功するかどうかは不明ですがやれるだけやってみようと思います。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。今回はマラン島のメモリアルダンジョン「地下排水路」のボスである暗黒のシーラカンスを倒してきたので、そのレポートを書きます。
地下排水路は難易度によって、分岐のある幅広いレベル帯で楽しめるメモリアルダンジョンです。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
01
大きくは地下排水路お掃除ビギナー、地下排水路お掃除エキスパートの2種類に分かれ、地下排水路お掃除エキスパートの中で3点盛り、6点盛り、ギガミックス盛りの3種類に分かれます。
難易度はパーティーリーダーがNPCに話しかける事で選択出来ます。暗黒のシーラカンスは地下排水路お掃除エキスパート3点盛りのボスです。

暗黒のシーラカンスの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

地下排水路 | メモリアルダンジョン | ワールドマップ | ゲームガイド | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

暗黒のシーラカンスはレベル120、HP580万程度、属性水2のボスです。使用するスキルはアイスブレスとウォーターアタックです。
HPは上位のボス並みに多めですが、厄介なスキルはありません。位置付けとしては中堅のボスと言えるでしょう。
この時の装備はこんな感じでした。
02
ニーヴ武器の威力を引き上げるニーヴバレッタ、ミノタウロスカードを挿した大型105のニーヴ風魔手裏剣、マルスカード挿し水属性特化のディーヴァマント、真化キマカード挿しトラペゾヘドロンシューズを裝備しました。
いつも付けているゴッズガントレットは装備し忘れました。ニーヴバレッタでATKを引き上げると同時に真化キマカード挿しトラペゾヘドロンシューズの効果でSPの回復を図ります。
ボス狩りの際、回復アイテムの消費は意外と馬鹿に出来ません。3%回復剤があればそれを遠慮なく使うのですが、今はイベントで3%回復剤が配布される時期ではないので、手持ちのアイテムで工夫する必要があります。
用心棒のスカーフを使いたかったのですが、暗黒のシーラカンスは水属性攻撃に特化している為、肩にかける物は耐性装備を優先しました。
苦無は狂風の苦無を持ってくるべき所を間違えて黒土の苦無を持ってきてしまいました。一応、水2に対しては土属性の攻撃は100%通るので致命的な間違いではありません。

クエストをこなし、暗黒のシーラカンスと対面します。
03
八方苦無の連打でHPを削ります。苦無の属性は最適ではありませんが、それでも2万弱と良いダメージが出ています。
04
HPが多い為、八方苦無だけでは倒しきれませんでした。十文字斬りの連打でとどめを刺しに行きます。
05
勝利しました。
06
地下排水路にはあまり来ないのですが、いつの間にか、暗黒のシーラカンス程度のボスなら苦もなく倒せる程度には強くなっていた様です。
地下排水路お掃除エキスパート3点盛りはこれでクリアしたので、次は6点盛り、ギガミックス盛りに挑戦してみます。
ボス狩りについてですが、色々と模索をしている最中です。フェンリルとサラのサラの幻影は聖属性攻撃に耐えられないので後回しにしてきましたが、先駆者のRO攻略ブログやYoutubeの動画を見て、聖属性攻撃に関しては安全地帯がある事が分かったので再挑戦をしてみようと思っています。
試しに行ってみたのですが、場所に注意すれば何とかなりそうです。スキル攻撃の連続に耐えられず敗退したのですが、回復アイテムにも余裕があったので、何度か試せば勝てそうだと思いました。

サラの幻影の詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

メモリアルダンジョンのボスは定期的に必ず会えるのですが、フィールドやダンジョンのボスは他のプレイヤーとの競争があり、なかなか難しいです。
フレイヤ大神殿聖域 05のグルームアンダーナイト、龍之城ダンジョン 03のペクソジン、コモドフィールド 03のレディータニー辺りに会いたいのですが、ままなりません。
ペクソジンはあまりレアな部類では無いはずなのですが、集中的に狩っている人がいるらしく、2017年夏頃からこれまで遭遇できていません。

ペクソジンの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

フィールドやダンジョンのボスの次のターゲットはデータルザウルス辺りを考えています。
最近の記事に書いた通り、聖属性大型85のディーヴァ風魔手裏剣が手に入ったので、回復アイテムを多めに積めば倒せるかもしれないと漠然と考えています。
以前戦った感触では、データルザウルスは本体だけでなく、同じマップに出現する竜族の雑魚や取り巻きが厄介です。八方苦無で火力を高めるよりも長期戦に備えた方が無難でしょう。

闇属性のボスに対抗する為、聖属性大型85のディーヴァ風魔手裏剣を用意しました : RO Breidablik 日記(仮)

データルザウルスの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

メモリアルダンジョンのボスもそれなりに倒せるようになりました。今後は未討伐の強めのボスに挑戦しようと思います。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。2017年に続き、今年も新年の運営チームのインタビュー記事が複数のゲーム向けメディアで発表されました。
去年からアップデートの計画として告知されていたロビーワールド、ドラム族の詳細と実装の時期についても述べられています。

運営チームが語る「2018年のラグナロクオンライン」がゲームメディアで公開されました!| ラグナロクオンライン公式サイト

2018年のアップデートについては、過去に何度か予想の記事を書いています。直近では2017年12月28日と2018年1月2日に記事を書きました。
以下は過去にロビーワールドについて触れた、このブログの記事のリンクです。

2018年のイベントスケジュールを予想してみました : RO Breidablik 日記(仮)

新年の挨拶と今年のラグナロクオンラインについて : RO Breidablik 日記(仮)

ロビーワールドの実装によるワールドの垣根を超えたコミュニケーションの活性化がユーザーの減少を食い止める事を期待しています : RO Breidablik 日記(仮)

ロビーワールドの実装後、GVGはロビーワールドでのみ実施される予定であるとの事です : RO Breidablik 日記(仮)

ロビーワールドの実装は2月から順次テストが実施されるそうです。個人的には精錬祭りの後に実装されるのではないかと思っていたので、予想は外れました。一応、2月にアップデートが行われる可能性にも触れていますが、それを強調しても負け惜しみでしょう。
今回は上記のインタビュー記事からロビーワールドに関係する記述を抽出し、リストにしたものをまとめてみる事にしました。
元々、ロビーワールドに期待していたのとGVGギルドに所属している関係上、ロビーワールドに移行すると明言されたGVGがどうなるかが気になっていました。
今回の記事では感想の記述などのレビューは行わない予定です。記事を読み込む時間を作ってから、別途、考察記事が書ければと考えております。
以下は今日のインタビュー記事を読んで、ロビーワールドについての記述から重要そうなものを抜粋し箇条書きにしたものです。個人的な意見や分析は最小限に抑えました。
  1. 既存のワールドから遊びに行けるロビーワールドという新ワールドを実装する。2月上旬からワールド倉庫のテスト、2月下旬から3月上旬にワールドGVGのテストを実施
  2. 既存のワールドからロビーワールドへはアイテムの移動が双方向でできる。自分でロビーワールドに持ち込んだアイテムは持ち帰れる。ロビーワールドで入手したアイテムも元のワールドに持ち帰れる。ワールド倉庫は当初はすべてを開放するのではなく、ゲーム内経済への影響を考慮し、機能を制限する(他のワールドのアイテムをロビーワールドを介して他のワールドに移動することを制限すると思われる)
  3. ロビーワールドへのZenyの移動はない。ワールド倉庫ではZenyの移動は予定していない。仮に実装する場合、Zenyをそれに相当する特殊なアイテムに変えて持ち込む形を予定。Zenyを消費する一部のスキルは使用不可。スキルの仕様変更で対応する予定(リベリオンのリッチズコイン、朧、影狼の無茶投げなどか)
  4. ロビーワールドへのアクセスは現状のクライアントのワールド選択に新しいワールドが増えるので、そこからログインする
  5. ロビーワールドのキャラクターは新規に作る形になる。自分の育成したキャラクターのデータが反映される仕組みがある為、育成などは不要。キャラクター名は早い者勝ち
  6. ロビーワールドにはオープンしてしばらくは通常のフィールドの実装はない
  7. ロビーワールドでは経験値取得などの育成要素は現時点ではない
  8. ロビーワールドで新たに行うワールドGVGが実装される。既存のGVGは廃止され、ワールドGVGに移行する予定
  9. ワールドGVGは従来のGVGをカスタマイズした物になる。仕様変更がある
  10. ワールドGVGではギルドの規模(小規模、中規模、大規模)によって、同じ規模のギルド同士が戦う形になる(ワールド間のGVGギルドの規模に格差がある為、それを是正する為の措置か?)
  11. 規模毎に階級が分かれるので、複数の階級を攻略する場合、複数のギルドが必要になる
  12. ワールドGVGではギルド毎のベースキャンプが存在する。場所は階級ごとに別になる
  13. ロビーワールドでのギルドについては、元のワールドの人間同士でないとギルドを組めないなどの制限などはない模様。あるなら記事で触れているのではないか。複数のワールドの出身者からなるGVGギルドなどもあり得るかもしれない
  14. 既存のGVGをどうするかはテスト後のアンケート次第だが、残すとしても現行のままではなくなる
  15. 攻城戦TEは通常のワールドに残す
  16. ロビーワールドでは100人単位の大人数が集まるPVEコンテンツ(モンスターハウス、蜃気楼の塔などのイベントを想定)なども実装予定。パーティー単位(12人程度)で遊ぶコンテンツも導入するか検討中
ロビーワールド以外にもドラム族についても詳しく書かれていますが、今日は時間がないのでこれくらいにしようと思います。
兎も角、ロビーワールドに関して、新しい情報が多く開示されました。今後はこの情報を元に考察記事が書ければ、書いてみようと思います。
今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ