RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

こんばんは。PVPをはじめてみたは良いですが、まったく勝てません。先日、ウォーロックの方と対戦したのですが、良い所がなくあっさり負けました。
私が下手くそなのもありますが、装備が整っていないのも原因の1つでしょう。
01
八方苦無を当てても、ダメージが1500程度しか通っていません。ウォーロックでもステータスでVITを高めにし、プロンテラ軍セットを付ければ、HPは35000程度は期待できるので明らかに火力不足です。
02
この時の装備はこんな感じでした。「+7 布都御魂[2]」も付けているし、行けると思ったのですが…
03
色々考えてみたのですが、やはり、朧で対人戦をやるなら八方苦無が主軸にして戦術を組み立てるのが無難だと思います。詠唱なしで連打できるという事で八方苦無は非常に強力なんですよね。
しかし、プレイヤーに通るダメージがこの程度では対人戦で使っていくのには厳しいものがあります。
「布都御魂[2]」をもう1本用意して、それに更に「ヒドラカード」を挿すなどの対人戦に特化した装備を整えないとPVPで他のプレイヤーに勝つのは難しそうです。
八方苦無を使う朧の対人に特化した武装で、現在の仕様が許す範囲で一番高火力なのは「ヒドラカード」2枚刺しの「布都御魂[2]を両手に持つことと見ましたが、いかがでしょうか。

布都御魂 - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

布都御魂 - D-liste[ラグナロクオンライン情報サイト]

ルーンナイトなんかはレベル165までレベル上げて、高VITにすれば、最大HPが50000ぐらいになるみたいなので、少しでも1発あたりのダメージを増やしたい所です。
攻城戦だと遠距離スキル攻撃や魔法攻撃のダメージが通常の60%に減らされているので、PVPだけでなく攻城戦に出るのなら、尚更、重要です。
あとは上位忍者用ハイディングである「闇雲」を駆使した魔法詠唱などのターゲッティングの回避など、スキルを駆使した戦術の検討も必要になりそうです。モンスター相手だと八方苦無のごり押しで大抵は何とかなりますが、プレイヤー相手ではそうはいかないので。
「+7 アヴェンジャー風魔手裏剣[0]」も作成済みなので、それも活かした戦術の検討もしていきたいです。作るまでに注いだリソースを考えると、これを対人戦で活かさないのは損失として非常に大きいので。
04
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。記事のタイトルの通り、朧でPVPをやってみる事にしました。
何故、今更、ROでPVPをやるのかについてですが、ボス狩りなどに飽きてきたからというのがあります。
ゲームなのだから当たり前なのですが、現状のROでは「夢幻の迷宮」や「蜃気楼の塔」などの一部の例外を除けば、12人でパーティーを組めば、どんな強力なモンスターにも勝てます。
ソロでもある程度なら、MVPボスに負ける事もない事も分かりました。相手のステータスや使ってくるスキルが事前に分かるのですから、事前に準備をして攻略すれば負けることはあまりないです。
ランドグリスもMVPボスとしては強い方ですが、「エンドレスタワー」に何度か登った感じでは慣れていれば苦戦する事はないようです。
そうなると、対人戦をやってみようかという気になります。既にGVGには参加しているのですが、ソロでもPVPをやってみる事にしました。
プレイヤーは相手がどんなステータスなのか、どんな戦法で戦うのか、事前に分からないので未知の要素があります。
装備品にもプレイヤー間でかなりの格差があるので、どの位の手強さなのか手合わせをしないと分かりません。そこに面白みがあるのかな、と思います。
といっても、現状、ROでPVPをするメリットはないので、対戦相手を探す所から始めないといけません。
こちらからファイトマネーを払って、対戦相手を募集してみることにしました。
01
PVPをはじめて、初日はギロチンクロスの人と同じギルドの修羅の人と対戦させていただきました。
ギロチンクロスの人にはソウルブレイカーで瞬殺されました。
02
同じギルドの修羅の人とは10分対戦しても決着が付かないのでドローにしてもらいました。
03
「対人戦がしたいのなら、FPSや格闘ゲームみたいにプレイヤーの技量が勝敗に直結するジャンルのゲームをやれば良いのではないか」、「今更、ROでPVP?」といった、もっともな突っ込みが入りそうですが、敢えて、ROで対人戦をどこまで楽しめるかやってみようかと思います。
このゲームはキャラの強さがアイテムで決まる部分が大きいなど、過去の記事でも書いておいて何で対人戦をやろうと思うのか、自分でも気持ちの整理は付いていないのですが。
それぐらいしか、今のROで私がやることが見つかっていないからでしょうか。ここの辺りは後々、自分の気持ちを整理して、記事を書くべきかもしれません。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。精錬祭りは終わりましたが、皆さん、成果はいかがだったでしょうか。
私は精錬値が6のサラのローブの量産に成功するなど、まずまずの成果を上げられました。
話は変わりますが、イベントで配布されたポイントをきれいに使い切ったという人はあまりいないのではないでしょうか。実はこのポイントはまだ有効になっていて、回復アイテムと交換する事が出来ます。
01
詳しくは今年の精錬祭りのWebサイトの注意事項の欄を確認していただきたいのですが、今月の30日の定期メンテナンスまで、プロンテラの東カプラ付近に精錬祭りのポイントと回復アイテムを交換できるNPCが配置されています。

「ウェルス・アイアン・フェスタ~機械仕掛けの精錬神~」特設サイト|キャンペーン・イベント|ラグナロクオンライン 《公式サイト》

精錬祭りも終わり、配布されたポイントの活用先も、最早、このNPCだけになりました。
ティシュタルがポイントと引き換えに交換してくれる「ギャソリーン」はHPとSPを3%回復してくれる、なかなか強力な回復アイテムです。
6月も「蜃気楼の塔」などのイベントで回復アイテムを使う機会があるでしょうし、このまま死蔵しても消えていくだけのポイントを回復アイテムと交換すれば有効に活用する事が出来ます。
回復アイテムに必要なZenyも長期的に見ると馬鹿にできない金額になるので、こういう施策を積極的に利用して、出費を抑えると良いと思います。
今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ