RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

こんばんは。
前回の更新から1週間以上の時間が経っていますが、一応生きています。
先週の内にブログを更新したかったのですが、なかなかブログを書く時間が取れず、今日までずれ込みました。
平日の夜に書ければ良かったのですが、仕事の後となると疲れていて、どうしても筆が重くなってしまいます。
以前はもっと文章もスラスラと書けていた気がするのですが…
ちょっと疲れ気味なのかもしれません。
こんな事を言い立てても仕方がないので、時間配分を工夫するなどして乗り切れないか検討してみます。
今回はランドグリス討伐に関する近況報告的な記事になりました。最後までお付き合いいただけると幸いです。
01

1. ランドグリスとは

ランドグリスとは、オーディン神殿 03のMVPボスです。
オーディン神殿の実装は、2006年のフィゲルパッチでの事なので、意外と昔からのボスです。
HP550万程度、属性は聖4、種族は天使、サイズは大型です。
使用スキルは、アースクエイク、サンダーストーム、ホーリーアタック、ロードオブヴァーミリオン等です。
ステータスだけを考えると、ランドグリスよりも強力なボスはいる筈ですが、属性が聖4である為、火水土風聖の属性攻撃が無効であり、取り巻きのランドグリスゴーストも単体でロードオブデスなどの中堅MVPボスを上回る強さを持っている為、実質で判断するとROでの最強のボス候補の一体であると言えるでしょう。
取り巻きのランドグリスゴーストもホーリーアタック、ユピテルサンダーの他にブレイクアーマーなどの搦め手も使ってくる為、その対策も必要です。
取り巻きを含めた火力が非常に高いボスなので、聖属性攻撃対策に聖鎧、アースクエイク対策に念鎧必須みたいです。
これらの鎧はランドグリスゴーストのアーマーブレイクに備えて、破壊耐性を持っていないと攻略に制限が掛かります。
上記のような事情を考慮すると、ランドグリスを倒せれば、ROでのボス狩りについては一定のラインに到達したと言えそうです。
ランドグリスがROで最強のボスと言えるかは、異論も多そうなので一概に言えないのですが、MVPボスの中でも強豪であることは確かでしょう。
この様に強力なボスではあるのですが、そうであるが故に戦う価値があると個人的には考えています。

ランドグリスの詳細情報

2. ランドグリスの捜索とその課題

ランドグリスの打倒を決意したのは、8月下旬です。
この時期から、毎日、ランドグリスに会うためにオーディン神殿 03に通ってみました。
3週間ほど通い詰めてみたのですが、ランドグリスには会えませんでした。
その代わり、ランドグリスゴーストには嫌になるほど会いました。
以前は苦戦したランドグリスゴーストですが、装備がだいぶ強化されたこともあり、今では、7秒程度の交戦で倒すことが出来るようになりました。
正確な時間は分かりませんが、ランドグリスの湧き時間の間隔は、8時間程度と言われている為、そもそもレアなボスです。
3週間も通ったので、1度くらいは会えても良いと思うのですが…私が知らないだけで、平日の朝から夕方の間にランドグリスを定期的に狩っている人がいるのかもしれません。
遭遇さえすれば、そろそろ勝てるのではないかと勢い込んでいただけに肩透かしを食らいました。
Breidablik以外のワールドならいるのかもしれないと思って、Idavollにも行ってみたのですが、こちらも空振りでした。
どうやらIdavollの事情もBreidablikと大差がない様です。
フィールドでランドグリスを探すという計画は行き詰まっています。

3. エンドレスタワー90F

フィールドで会えないのであれば、エンドレスタワーで会うという案も検討するべきでしょう。
エンドレスタワーとは、皆さんもご存知の通り、MVPボスが多数配置されたメモリアルダンジョンの事です。
ランドグリスは、このMDの90Fに配置されています。

エンドレスタワー | メモリアルダンジョン | ワールドマップ | ゲームガイド | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

エンドレスタワーを朧がソロで登ることは困難でしたが、螺旋風魔の宝珠が実装されたことで状況が変わりました。
螺旋風魔の宝珠で乱華が強化される以前は、ボスへの主な攻撃手段は八方苦無でした。
八方苦無は自分を中心に投擲武器である苦無を投げる遠距離物理攻撃スキルです。
ディレイ、詠唱、クールタイムが0なので、秒間辺りの火力は非常に高いスキルです。
苦無の重量は1個で2に設定され、1度のスキル攻撃で8個の苦無を消費する関係から、攻撃回数には制限がありました。
しかし、螺旋風魔の宝珠とサマーパッケージ2019で追加されたフロンティアブーツ、風魔手裏剣・花吹雪を組み合わせれば、セット効果で乱華の詠唱、クールタイムが0になります。
その為、八方苦無と同等か、場合によってはそれ以上の秒間ダメージが出るようになっています。
これならば、重量問題に頭を悩ませずに常に火力を高い状態に保つことが可能です。
火力の問題を解決しても、回復アイテムの問題は残りますが、無茶投げLv10を取得すれば、問題は解決しそうです。
Breidablikの朧は対人戦を念頭に置いたスキル構成になっている為、取得条件が厳しい無茶投げを取る余裕はありません。
もっとも、これから先、従来の攻城戦が廃止され、攻城戦YEのみの開催になる可能性やIdavollにいるEDDA生体チケットで作ったレベル170の朧がいることを踏まえれば、それ程悩む必要ないでしょう。
GVGが攻城戦YEに移行されるのなら、Breidablikの朧は対モンスターだけを考えたステータス、スキルにしても良い筈です。
そもそも、Idavollはそのような制約はありません。
エンドレスタワーの90階に行くまでは結構大変だと思いますが、朧のソロで登頂している人もいるみたいなので、慣れれば何とかなるかもしれません。

4. これからの方針

これからどうするかですが、2で書いた通り、フィールドでランドグリスを探すという計画は行き詰まりを見せています。
その為、3で書いたエンドレスタワー90Fまでソロで登るという目標を満たす為の準備をすることになりそうです。
Breidablikの朧のスキルの振り直しをするのか、Idavollに作った朧のJobレベルを上限まで上げるのかのどちらかをすることになるでしょう。
気持ちとしては、Idavollの朧のJobレベルを上げる方向に傾いています。
エンドレスタワーのソロで登ってみれば、また別の課題も見えてくるかもしれません。
何にせよ、ランドグリスと戦うまでにしばらく掛かりそうです。
フィールドで会えるのあれば、すぐに解決する問題ですが、2週間程度通い詰めてもダメだったので、あまり期待できません。
エンドレスタワーに登る計画は困難を伴いますが、一応、道筋は見えている気がします。
課題は整理できたので、次はそれに対処してみます。

今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。今回、ジュピロス中心部のボスであるヴェスパーを倒してきたので、そのレポートを書きます。
前回に引き続き、ボス狩りの記事になります。最後までお付き合いいただければ幸いです。
01
1. ヴェスパーとは

ヴェスパーとは、ジュピロス中心部のMVPボスです。
ジュピロスの実装は2006年3月のことなので、これと同時に実装されたものと思われます。
長い間、未討伐の状態となっていましたが、その理由はヴェスパーのいるジュピロス中心部に入るのに、「ジュピロス中心部進入」というクエストをクリアする必要があるからです。
ジュピロスは他のダンジョンのように一度クリアすれば、いつでも入れるようになるのではなく、マップに移動する度にクエストをクリアする必要があります。
クエストをクリアするのに必要なアイテムが、あまり露店で流通していない上にクリアする度に消費して、それが必須であるという条件が積み重なり、足が遠のいていました。
ヴェスパーは、HP160万程度、種族は動物、属性は聖2、サイズは大型です。
聖属性である為、属性対策は必須でしょう。ヴェスパーの正体はウェルスの科学者らしいので、動物よりも無形の方が相応しい気がしますが、何か理由となる設定でもあるのだと思います。
使用スキルはエモーション、クリティカルスラッシュ、コールスレイブ、サモンスレイブ、テレポート、メテオストーム、ラッシュアタックです。
あまり強いスキルは使ってこないみたいなので、メテオストームに注意すれば死ぬことはないでしょう。
位置付けとしては、中堅の下位程度の強さだと思います。
実装時期が古いので、強さについてはこの程度で妥当でしょう。

ヴェスパーの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

2. ヴェスパー戦の装備

いつもと同じ様に耐性、防御よりも火力の上昇を念頭に置いた装備を選択しました。
02
装備部位 装備名 主な特殊効果 カード カード効果
兜上段 +7 リス耳フード帽[1] Aspd + 3, Def無視60%

兜中段 ニーヴバレッタ ニーヴ武器を装備時、各種追加効果

兜下段 浮遊するジオイア <アルカナ> <攻撃速度1> <Int+2> アルカナ, 攻撃速度1

+9 デッドリー ドレイクコート <攻撃速度1> ダブル [1] サイズ補正無効。MaxHP+2500, MaxSP+150 イビルドルイドカード 不死属性付与
武器 +6 タイタン ニーヴ風魔手裏剣 <名誉のニーヴ(迅速)><永劫のニーヴ(風)><傷のニーヴ(天使形)> 大型105%, 攻撃速度+5%, 風属性攻撃-20%, 天使形被ダメージ-30%, 闇属性 ミノタウロスカード 大型15%, ATK+5
肩にかける物 +7 用心棒のスカーフ オブシューター <名手1> <名手2> [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など メンブリッツカード 遠距離物理攻撃+10%
+7 イヌハッカメテオ フロンティアブーツ <名弓2> [1] 風魔手裏剣 -乱華- 再使用待機時間 – 0.3秒。ボスモンスターから受けるダメージ – 30% 世界のカード ハイディング、クローキングをしているモンスターが見える
アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など

アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など

靴がフロンティアブーツで他の装備と噛み合っていませんが、これは武器だけをボス戦の直前に交換したからです。
武器は闇属性、大型105%のニーヴ風魔手裏剣を選択しました。
聖属性で大型のモンスターは現状では9種類しかいないみたいです。
その9種類の内、MVPボスはランドグリスとヴェスパーしかいないので、実質的にこの2体のボスの為の装備と言っていいでしょう。
といっても、闇属性は火水地風や念にも100%ダメージが通るので、それなりに幅広く使えます。

3. ヴェスパー戦

ジュピロス中心部の最奥の広場で、ヴェスパーを発見しました。
03
このマップの雑魚モンスターは結構火力が高く、侮れないので周囲を掃除してから戦闘を開始しました。
04
基本的に物理攻撃は、空蝉、影分身で避けます。最初は有利に戦っていたのですが…
05
ヴェスパーが呼び出した取り巻きに、空蝉、影分身が尽きた瞬間に囲まれて、撲殺されました。
私の朧が未だにレベル175に到達していない理由は、ボス狩りの事故死が主な原因です。
気を付けていても、ボスの攻撃は強力で、結構死んでしまいます。
06
仕方がないので、セーブ地点から再びヴェスパーの元に向かいます。
ジュピロス中心部への道は結構長いので苦労しました。
リプレイを見返してみましたが、ヴェスパーと戦っているのは1割ほどで、殆どはジュピロス中心部への移動時間が占めていました。
07
今度は距離を取って、乱華を連打します。
08
勝利しました。
09
4. まとめ

長い間、未討伐のボスでしたが、何とか倒すことが出来ました。
徐々にではありますが、今まで未討伐だったボスを倒しています。
そろそろ、ランドグリスにも挑戦したいと思っているのですが、なかなか会うことが出来ません。
ランドグリスについては、別に記事を書こうと思っています。
そろそろビジョウやシーラカンスなどのボスも倒したいと考えていますが、今の朧だと少し辛いかもしれません。
最近、Breidablikの他にIdavollにも朧を作ったので、その朧をボス狩り専用のキャラクターにして、スキル、ステータスを調整することも検討中です。
これまで未討伐だったボスに挑戦して勝利するには、今までのやり方を変える必要があるので、その対処に少し時間がかかるかもしれません。
何にせよ、またボス狩りの記事が書けるようにやれるだけやってみます。

今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。
今回は「霧の森」のボスであるニーズヘッグを倒してきたので、そのレポートを書くことにします。
あまり内容のない記事ですが、最後まで付き合っていただけると幸いです。
01
1. ニーズヘッグとは

メモリアルダンジョン「霧の森」に出現するMVPボスです。
霧の森のメモリアルダンジョンは異世界のクエストを進める場合、攻略が必須となるメモリアルダンジョンです。
その為か、そのボスであるニーズヘッグはあまり強いボスではありません。
このメモリアルダンジョンは一定の条件を満たせば、ボスとの対決も避けることが可能です。
ゲーム上では「彷徨う紫色の竜」という名称なのですが、何故か公式ツールでの表記はニーズヘッグとなっています。
ニーズヘッグは「ニーズヘッグの巣」に登場するニーズヘッグの影の本体であり、異世界のシナリオでも重要な役割を果たします。
影よりも本体の方が弱いのですが、その理由は上述の通りでしょう。
HPは400万程度、種族は竜族、属性は闇3、サイズは大型です。
アースクエイク、ダークネスブレス、ワイドストーン、ワイドスリープなどの多彩なスキルを使ってきますが、スキルのレベルは低めで、あまり強力な攻撃はしてこないみたいです。
上記の通り、シナリオを進行させるために、必ず攻略しなければならないメモリアルダンジョンのボスなので、あまり強化も出来なかったのでしょう。
それなりに強力なボスなので、位置付けとしては中堅の下位程度のボスだと認識しています。
HPは多めですが、スキル攻撃のレベルが低いので、実際の強さはファラオ、ボイタタ、ゴピニク程度ではないでしょうか。

ニーズヘッグの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

霧の森 | メモリアルダンジョン | ワールドマップ | ゲームガイド | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

2. ニーズヘッグ戦の装備

ニーズヘッグと戦った時の装備は、こんな感じでした。
02
装備部位 装備名 主な特殊効果 カード カード効果
兜上段 +7 リス耳フード帽[1] Aspd + 3, Def無視60%

兜中段 鴉天狗の面[0] 物理攻撃+4%, 遠距離物理攻撃+7%

兜下段 浮遊するジオイア <アルカナ> <攻撃速度1> <Int+2> アルカナ, 攻撃速度1

+4 アンフローズン ディーヴァローブ [1] 無属性。一般モンスターに与えるダメージ+9%。絶対に壊れない マルクカード 絶対に氷化しない。水属性耐性5%
武器 +7 トリプル ジェノサイド 風魔手裏剣・花吹雪 <強撃3> [3] 攻撃速度+7%, Matk+180, 聖属性 怨恨のボンゴンカード 物理攻撃時、プレイヤーに与えるダメージ+20%
肩にかける物 +7 用心棒のスカーフ オブシューター <名手1> <名手2> [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など メンブリッツカード 遠距離物理攻撃+10%
+7 イヌハッカメテオ フロンティアブーツ <名弓2> [1] 風魔手裏剣 -乱華- 再使用待機時間 – 0.3秒。ボスモンスターから受けるダメージ - 30% 世界のカード ハイディング、クローキングをしているモンスターが見える
アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など

アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など

耐性や防御は捨てて、火力を高めることを念頭に置いた装備になっています。
花吹雪はGVGで使っている物を流用しました。深淵の騎士カードを挿した花吹雪をもう1個用意するべきなのでしょうが、ちょっと財布に余裕がなく、踏み切れません。
朧は打たれ弱いので、中途半端に防御や耐性を高めても、結局無駄になる事が多いです。
物理攻撃は空蝉、影分身で一定の回数は回避できるので、それを頼りにしています。
この装備だと魔法攻撃に耐えられないのが悩みなのですが、そこは立ち回りなどを工夫するかなさそうです。
闇属性のボスなので、聖属性の風魔手裏剣で乱華を連打するという戦術を取ることにしました。
鎧が無属性である理由は、このマップを徘徊しているパルス、ミミンが使ってくるソウルストライク対策です。
アースクエイク対策に念鎧を着たかったのですが、それを付けているとパルス、ミミンのソウルストライクで即死しかねません。

3. ニーズヘッグ戦

戦闘を開始します。ニーズヘッグはメモリアルダンジョンの折り返し地点などに配置されているらしいのですが、詳しいことは知りません。
霧の森は先に進むのに時間がかかるので、ボスに会うまでに40分程度の時間がかかりました。
03
乱華の連打で一気に畳み掛けます。乱華1回で20万程度のダメージです。
螺旋風魔の宝珠とフロンティアブーツとのセット効果で、秒間6~7回の攻撃が可能になっています。
04
勝利しました。スキルは一切使わせず、10秒程度の交戦で終わりました。
05
4. まとめ

既に「ニーズヘッグの巣」のニーズヘッグの影を倒しているので、それよりも格下のニーズヘッグに勝てて当然と言えば、そうなのでしょう。
それでも、長い間、未討伐の状態だったボスを倒せたのは一つの実績と言えそうです。
相変わらず、火力で押し切る戦術を取っていますが、これもいつまで続くかは分かりません。
10秒程度の交戦で勝利というと、楽勝という印象を受けるかもしれませんが、逆に言うと火力で押しきれない相手には敗色が濃厚です。
耐久力がまったくないので、回避する手段を持たない魔法攻撃に弱すぎるという問題も未解決のままです。
以前も書いた通り、影跳びなどのスキルを活かした立ち回りによる回避で、敵の攻撃を受けないようにするといった戦術を開発しないと、今後は厳しくなるでしょう。
ボス狩りをはじめてからそれなりに時間が経ちましたが、まだ未討伐のボスも多くいます。
以前、記事としてまとめているので、このリストを確認して、ボスを討伐していくつもりです。

現時点での未討伐のボスのリストを備忘録としてまとめてみました : RO Breidablik 日記(仮)

今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ