RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

こんばんは。今回はゲフェン地下ダンジョンのMVPボスであるドッペルゲンガーを倒してきたので、そのレポートを書きます。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
01
ドッペルゲンガーはHP75万程度、属性は闇3、種族は悪魔、サイズは中型のボスです。
ゲフェン地下ダンジョンの実装は正式サービス開始前のβテストの時期からなので、ボスとしては最古参のグループに属しているでしょう。
βテストの時代に実装されたダンジョンはフェイヨン地下洞窟、ゲフェン地下ダンジョン、ピラミッドダンジョン、スフィンクスダンジョン、迷宮の森、海底洞窟、沈没船、ミョルニール廃鉱、オーク地下洞窟、蟻地獄ダンジョンなどです。
正式サービス開始前のアップデートの詳細を調べる事は今となっては多少面倒です。βテスト期間中にもアップデートは随時実施されていた様なので、βテスト期間中に実装されたダンジョンも実装日が多少前後しています。
ここら辺の詳細を調べるとROの歴史についてより分かると思いますが、今は触れない事にします。
兎も角、ドッペルゲンガーは最古参のボスのグループにいる事は間違いないと思われます。ドロップするアイテムも当時の事情に合わせたもので、カードを例外として特にレアは落としません。
カードの効果ですが、武器カードで攻撃速度増加の効果があります。具体的に、どれ位、攻撃速度が増加するかはよく分かりません。現状では攻撃速度を高める装備は多いので、ドッペルゲンガーカードの価値はあまりあるとは思えません。
怨霊武士カードやイグニゼム=セニア(MVP)カードの様に特定の装備に挿すと追加効果が出るといった救済措置が行われる可能性もありますが、どうなるかは不明です。
月夜花カードも14周年アニバーサリーイベントで救済が行われたので、ドッペルゲンガーカードにもそろそろ救済が行われてもおかしくはないでしょう。

ドッペルゲンガーの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

ボス狩りの時の装備はこんな感じです。
02
武器に聖属性のディーヴァ風魔手裏剣を採用した為、ニーヴバレッタは今回使用しませんでした。
リス耳フード帽、鴉天狗の面、ゴッズガントレットを装備し、靴には真化キマカードを挿したトラペゾヘドロンシューズを履きます。
真化キマカード挿しの靴を使う理由は回復アイテムの節約の為です。ボス狩りの際の回復アイテムの消費はかなりの数になる為、金額的にも馬鹿にできない数字なってしまいます。
今は何とかなっているのですが、吸収装備の活用などで回復アイテムの消費を減らしたいと考えています。
肩にかける物は+7用心棒のスカーフを選択し、朧のスキル攻撃である風魔手裏剣 -乱華-のダメージを引き上げます。

まずは索敵から開始します。
03
ドッペルゲンガーの見た目はソードマンと変わらないので、特に目立つこともなく地味です。
その為、探すのは多少面倒です。画像では分かりにくいのですが、画面の左下にいます。
04
まずは乱華で先制攻撃を行います。
05
接近された為、八方苦無を連打しますが、ダメージが思ったほどは出ません。ドッペルゲンガーの属性を考慮して、闇3にもダメージが100%通る無属性の苦無を使ったのですが…
06
ドッペルゲンガーは最初期に実装されたボスですが、スキル攻撃の連打が強力で侮れません。
粘ってみましたが、倒されてしまいました。
07
08
補給を済ませ、2回戦を挑みます。
09
乱華で取り巻きを片付けつつ、八方苦無を連打しようとしたのですが…
10
2回戦目は八方苦無を打つ暇もなく、倒されてしまいました。
ドッペルゲンガーには、ハンマーフォールやブレイクアーマーなど、強力なスキル攻撃が揃っており、それを高速で連打してくる為、攻撃の連打に耐えるのは容易ではありません。
11
めげずに3回戦を挑みます。
12
2回戦までにHPの殆どを削っていたらしく、3回戦の開始から10秒も立たずに八方苦無の連打で勝利しました。
13
ドッペルゲンガーは最古参のMVPボスですが、強力なスキル攻撃を高速で連打してくる為、今も侮れない強さを誇っています。
ラグナロクオンラインのボスの数は正確には分かりませんが、MVPだけでも100体ぐらいはいるようです。ボス狩りの記事も50を超えているので、半分ぐらいは討伐した事になると思います。
まだ結構残っている気がしますが、生体工学研究所のボスは未討伐のまま残っているので、そんなものかもしれません。
これからもしばらくの間は朧で挑戦できるボスには挑戦していきたいと思います。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。今回、1ヶ月ぶりにマップの紹介記事を書こうと思います。
この記事で紹介するマップは主にアインブロックフィールド 09です。ラグナロクオンラインのマップは作り込みが丁寧で、見所も多いです。
今回はその見所の一つを紹介すると共にマップに存在する不可解な場所について、簡単な考察記事を書きたいと思います。
01
1.アインブロックフィールド 09の南側には民家と公園が存在する

アインブロックフィールド 09の南側には公園が配置されています。ちょっとした丘の上にあり、作りも丁寧なのですが、実は入る事が出来ません。
02
マップを見れば分かりますが、公園の中は侵入不可能な場所を示す黒色になっています。
03
ここまで作り込んでおいて、公園をわざわざ入れないようにしている意図は不明です。アクティブモンスターも特にいないので入る事が出来れば、スクリーンショットも映えるし、雑談場所としても良いと思うのですが。

公園の近くには民家もありますが、入ることは出来ません。
04
個人的な推測ですが、この民家は何かのクエストなどに使うつもりだったのではないかと漠然と考えています。
何かのクエスト用のNPCなどを配置して、そこにユーザーを誘導し、自然な形で作り込んだ公園を見せるという演出は悪いものではないと思います。
誰も来ない場所に労力を掛ける意味は無いわけで、マップが作り込まれているのに何もないという事はマップを作った後にそれを利用する事を止めたと考えるのが自然ではないでしょうか。
余談ですが、この民家と公園はシュバルツバルド共和国のアインベフの隣にあるわけですが、民家の建築はルーンミッドガッツ王国でよく見られる物です。
アインブロックフィールドにあるシュバルツバルド共和国で見られるスチームパンク風の建築物や土の色は赤茶けた物であるなど、緑が少ない風景に統一されているので、ここだけに例外的に緑があり、建築様式が違うことにも何らかの演出としての意図があったのではないかと想像する次第です。
この様な場所は実は他にもあるので、あとで紹介致します。

2.近代的な鉄塔とクレーン
05
シュバルツバルド共和国のアインブロックとその周辺に言える事なのですが、非常に近代的な建築物が多いです。この鉄塔も20世紀初頭ぐらいの建築に見えます。この鉄塔はクレーンを支えるための物なのでしょう。
シュバルツバルド共和国が蒸気機関や鉄鋼などの機械技術で発展を遂げているのは、典型的な「剣と魔法の王国」であるルーンミッドガッツ王国との対比なのでしょう。
典型的なファンタジー世界として設定されたルーンミッドガッツ王国と同じような国を実装しても代わり映えがないのも事実なので、遅かれ早かれ、この様なマップは実装されたのだと思います。
1990年代のファンタジー世界のRPGでは、典型的なファンタジー世界の中に機械文明を持った国が登場するという展開はよくあるパターンだったので、シュバルツバルド共和国もこの流れで登場したのかもしれません。

3.人気のない工場
06
アインブロックフィールドでは各地に工場や鉱山らしき施設が点在しています。これらの施設にNPCは配置されていない様ですが、雑談したり、何かの作業に従事するNPCを置いておけば、演出としてより良かったかと思います。

4.貯水池
07
アインブロック、リヒタルゼンの周辺にはこの様な貯水池らしき施設が存在します。演出の意図してはシュバルツバルド共和国の大都市では、生活用水、工業用水が大量に消費されている事を示す事にあるのではないでしょうか。
実際、アインブロックでは鉄鋼の工場などが多数立っていて、そこで働く労働人口も多そうなので、水は大量に必要でしょう。

5.風車
08
アインブロックフィールドには風車もそこかしこに点在しています。シュバルツバルド共和国では電気も実用化されているのでしょうか。
製粉用の風車には見えないので、恐らくは発電用でしょう。アインブロックでは電線や電柱は見なかった気がしますが。まぁ、そこはくどくどと突っ込みを入れる必要はないでしょう。

6.クレーン車
09
シュバルツバルド共和国ではキャタピラ付きのクレーン車が実用化されているらしく、そこかしこに配置されています。
動力源が気になる所ですが、蒸気機関ではないと思うので、ガソリンエンジンなどの内燃機関なのでしょうか。
飛空船などはルーン機関(擬似ユミルの心臓の別称)という動力源で動いているらしいので、それかもしれません。
キャタピラ付きのクレーン車が作れるのなら、第一次世界大戦レベルの戦車ぐらいならシュバルツバルド共和国は余裕で作れそうです。

7.橋は渡れるが、行き止まりになっている場所はアインブロックフィールド 07と08にもある

アインブロックフィールド 09の南側に民家がありますが、意味ありげに配置されているのに実際には何もないという場所は他にもあります。
アインブロックフィールド 07と08には橋を渡った後にいかにも次のマップへのワープポータルがありそうな地形が存在しますが、行ってみると何もありません。
10
11
12
13
14
15
いずれも橋の向こう側は見た目には何もないのに侵入不可能な設定がされています。

8.シュバルツバルド共和国の南に何らかのマップを作る計画があったのか

南側に意味ありげな地形や建築物があるのに、移動する事が出来ない場所というとジュノーフィールド 12(国境検問所)も該当します。
このマップはシュバルツバルド共和国側の北側のマップしか歩けないのですが、南側にもルーンミッドガッツ王国の国境検問所と思しき施設が存在します。南側の施設は侵入不可能な設定がされていて、行くことは出来ません。
16
こういう一連の流れを見るとシュバルツバルド共和国の実装当時、南側に何らかのマップを設置する予定があったのではないかという気がします。
それが何なのかは想像するしかありませんが、ルーンミッドガッツ王国との国境地帯を追加する予定だったのかもしれません。
あるいは別の何かである可能性もありますが、今となってはそれが何なのかは分からないでしょう。

ラグナロクオンラインのサービスは日本だけでも15年と非常に長い期間に渡ってアップデートが追加されてきた為、かなりの数のマップが存在し、その全貌を把握する事は多くの労力が必要です。
フィールドは公式サイトでも地図が用意されているのですが、街の室内まではカバーされていません。
そういう実装はされているが、多くのプレイヤーには知られていない見所はそれなりにある様です。
たまにはゲームの攻略とは関係なく、広大なマップを散策してみるのもROの楽しみ方として面白いのではないでしょうか。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。今回はアマツダンジョンのMVPボスである怨霊武士を倒してきたので、そのレポートを書きます。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
01
怨霊武士はレベル100、HP180万、属性は闇3、種族は人間、サイズは大型のボスです。
使用するスキルはブランディッシュスピアなどの物理攻撃スキルが主体です。
閲覧者の皆様はよくご存知かと思いますが、アマツは日本をモデルにしたマップであり、ローカルマップの第1段として2003年に実装されました。
グラビティは各国に進出するに辺り、サービスを展開する地域の特色を出したローカルマップを実装しています。
現在実装されているローカルマップはアマツ(日本)、コンロン(台湾)、龍之城(中華人民共和国)、アユタヤ(タイ)、モスコビア(ロシア連邦)、ブラジリス(ブラジル)、デワタ(インドネシア)、ポートマラヤ(フィリピン)、ロックリッジ(アメリカ合衆国)などです。
ローカルマッププロジェクトはユーザーに不評だった為、2005年に一旦凍結したらしいのですが、2009年以降、徐々に実装が再開されています。
ラグナロクオンラインが進出しており、かつ、ローカルマップが実装されていない地域はベトナム、中東、スペイン、イスパノアメリカ(スペイン語話者が居住しているアメリカ大陸の国家)、フランスなどです。
今後、どんなマップが追加されるのかは不明ですが、個人的にはスペインかイスパノアメリカがありそうだと思います。スペイン語圏は地理的にも広く、人口が多いので多くの地域をカバーするという意味では悪くない選択だと思います。
もっとも、ラグナロクオンラインはアジア以外の地域ではあまり受け入れられているとは言えないので、案外、ベトナム辺りが採用されるかもしれません。
いや、話が脱線しました。怨霊武士は実装が2003年と古参のMVPボスですが、位置付けとしては中堅のボスといった所だと思います。ローカルマップのボスはあまり強くないのですが、その中では強い方に属します。
怨霊武士カードは2017年に救済が行われ、去年の「僕のドキドキ冒険記Ⅳ~甦る邪神ンダバー~」で追加されたゴッズソードに付与すると追加効果が発揮されます。

怨霊武士の詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

ボス狩りの時の装備はこんな感じです。
02
ASPDを193にする事を念頭に攻撃速度が上がる効果を持つリス耳フード帽、ニーヴバレッタ、ゴッズガントレットを装備し、靴には真化キマカードを挿したトラペゾヘドロンシューズを履きます。
肩にかける物は+7用心棒のスカーフを選択し、朧のスキル攻撃である風魔手裏剣 -乱華-のダメージを引き上げます。
武器にはニーヴ風魔手裏剣を裝備しました。オプションエンチャントは無属性の大型105%増です。ミノタウロスカードも挿し、大型モンスターに特化した武器にしました。全体的に火力と攻撃速度重視の装備になっています。
八方苦無用の苦無は怨霊武士の属性が闇3である事を考慮し、無属性のトビウオを持っていきます。

アマツダンジョン 03へはセキュアログインボーナスのサービスを提供するNPCであるシルトのダンジョン転送を利用して移動しました。
アマツダンジョン 03へ徒歩で移動するには、アマツダンジョン 01のテレポートが出来ない迷路を通る必要があるのですが、特殊NPCによるダンジョン転送を利用すれば、一気にアマツダンジョン 03へ移動できます。
セキュアログインボーナスはワンタイムパスワードを利用していれば、毎週貰えるコインを支払う事で様々なサービスを受ける事の出来るサービスです。
今まではあまり使っていなかったので、倉庫にずっと貯まっていたのですが、ボス狩りをするに辺り、ダンジョン転送が非常に便利なので最近使い始めました。
特殊NPCによる転送についてはいずれ記事にまとめようかと検討しています。

特殊NPCによる転送サービス|システム|ゲームガイド | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

セキュアログインボーナス|システム|ゲームガイド | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

しばらく索敵をした所、発見しました。怨霊武士はカードの仕様変更が去年行われた為、これ以上の強化は当分行われないでしょうから放置されている事が多いようです。
03
まずは乱華で攻撃します。
04
今回、無属性の苦無であるトビウオを持ってきましたが、トビウオはマラン島のデイリークエストをクリアしないと入手ができません。トビウオの入手性に難があるので、出来れば、闇属性のボスはなるべく八方苦無を使わずに倒したい所です。
しかし、怨霊武士は乱華だけで倒せる相手ではありませんでした。八方苦無1回で19000弱のダメージです。この数字なら充分でしょう。
05
画像では伝わらないと思いますが、怨霊武士はスキル攻撃が厳しく、結構死にかけました。
06
朧のボス狩りでは、どうしても八方苦無に頼る場面が多くなります。
07
場所を移動しつつ、八方苦無を連打します。
08
撃破しました。
09
ボス狩りをやってしばらくになりますが、結構な数のボスを倒してきたと思います。
メモリアルダンジョンのボスもサラの幻影、バコナワなども倒したので、未討伐なのはブワヤの巣のブワヤ、過去の儀式の間のビジョウ、ハートハンター軍事基地のイーブルなどになりました。
フィールドやダンジョンのボスで未討伐なのは、ミョルニール山脈 03のミストレス、コモドフィールド 03のレディータニー、龍之城のペクソジン、鉱山ダンジョンのRSX-0806、修道院の堕ちた大神官ヒバム、フレイヤ大神殿聖域のグルームアンダーナイト、アビスレイク地下洞窟のデータルザウルス、ジュピロス中心部のヴェスパーなどです。
そう言えば、生体工学研究所のボスは丸々残っていました。
一度、未討伐のボスのリストを作り、どのボスから攻略するかを検討してみるべきかもしれません。
そう言えば、黄金蟲やバフォメットも未討伐でした。黄金蟲に関してはボスの警備が厳しく、なかなか会えないと思います。
ボス狩りが一段落したら、ボスのリストの記事も作り直そうと思います。

接触が容易なMVPボスの一覧表を作り直してみました : RO Breidablik 日記(仮)

ボス狩りも佳境に入ってきたと思うのですが、行ける所まで行ってみようと思います。
今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ