RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

こんにちは。9月末まで特に大きなイベントもないので、「僕のドキドキ冒険記IV~甦る邪神ンダバー~」で作ったアイテムを売りに出すなどして、今後どうするか検討中です。
最近の悩みは回復アイテムの節約です。イベントで貰える3%回復剤を活用すれば、だいぶ消費を抑える事が出来るのですが、それも限界があります。
回復アイテムの出費はあとに何も残らない消費なので、なるべく抑えたい所です。そこで今回は回復アイテムの消費を抑える事の出来る装備品について検討してみました。雑な考察ですが、お付き合いいただければ幸いです。
また、今回はBreidablikサーバで入手可能な装備の範囲で考察を行うため、ライドワード帽は除外します。

ライオットチップ - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

単品ではHPやSPを回復する効果はありませんが、C-LifeやC-Soulといったエンチャントを付与したエクセリオン装備と組み合わせる事で回復することが可能です。
C-Lifeで5秒毎にHPを1500回復、C-Soulで5秒毎にSPを25回復できます。エクセリオン装備はその他のエンチャントと組み合わせる事で更なる相乗効果が見込めるため、出来れば使っていきたい所です。
ライオットチップのBreidablikの相場は未精錬の物が50~60M程度です。精錬値が7以上になるとエクセリオンエンチャントで追加の効果が発動するため、出来る事なら7以上の精錬値のものを買った方が良いと思います。精錬値が7の場合の相場は120~180M程度です。相場にだいぶ幅があるので、入手するなら精錬値が高い物を安い時に買ってしまうのが良いです。

ヴァナルガンドの兜 - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

一定の確率で、与えたダメージの1~5%ほどを吸収出来る兜です。吸収できる割合と確率は精錬値のよって異なります。実用で使うのなら精錬値が8以上からを目指したほうが良いらしいです。
効果が強力なのを反映し、露店の相場は高額です。Breidablikの現在の相場で精錬値が8の物は最低でも300Mといった感じです。
検討はしましたが、非常に高価なので選択肢からは外しました。余裕があれば試してみたいのですが…

カタリナ・フォン・ブラッド60世 - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

モンスターを1体倒す度にHPを500、SPを50回復する兜です。雑魚を大量に倒す狩り場や職に向いています。
ギルドのメンバーから借りて試してみましたが、狩り場と職の組み合わせによっては回復アイテムが不要になります。
Breidablikの現在の相場で、180~200M程度で入手できます。
他の吸収装備と違い、モンスターを倒した時のみ回復できるのでボスモンスターなどには有効ではありません。
また、上段の兜であるため、ライオットチップなどが使えなくなります。効果は強力ですが、それを活かす使い方が出来るかが問題です。

邪竜の鎧 - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

ROの吸収装備は兜である場合が多いのですが、これは鎧です。精錬値が8以上の場合、物理攻撃命中時、一定の確率でHPとSPが吸収できるようになります。
相場は他の吸収装備よりも比較的安めです。Breidablikの現在の相場は精錬値が8の物で110~130Mといった所です。
注意点としては、これを装備するとスキンオブシャドウを含めた吸収装備の効果が無効になります。他の吸収装備との相乗効果を見込むことは出来ません。
邪竜の鎧は鎧なので、ライオットチップなどと併用は可能です。C-LifeやC-Soulをエクセリオンウィング、エクセリオンレッグなどに付与して使うと相乗効果を見込めると思います。
物理攻撃命中時のみ吸収できるので、ウォーロックなどの職では使えませんが、物理攻撃が主体のルーンナイトやレンジャーに装備させれば有効かと思います。

[LoVA] 真化キマカード - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

Baseレベルが2以上の時、10秒毎にSPが回復する靴カードです。Baseレベルが2上がる度にSPが回復する値が上昇します。Baseレベルが165の場合、10秒毎にSPが82回復します。
Breidablikの現在の相場は80~100M程度です。
他の吸収装備と違い、何もせずにいても自動でSPを回復してくれる便利なカードです。また邪竜の鎧の様にこれを装備すると他の装備の効果が無効になるといった事がない為、他の装備との相乗効果も見込めます。
例えば、ライオットチップを裝備して、C-LifeやC-Soulといったエンチャントの効果と同時に使えば、10秒毎にSPを100以上回復することなどが出来ます。
単品でもかなり強力な効果が見込めますが、他の装備と組み合わせる事で更に効果的に使うことが出来ます。
高いカードなので、何枚も用意するわけにはいきません。なるべく多くの職で使いまわせる靴に挿したい所です。トラペゾヘドロンシューズやアプローズサンダルに挿すのが定石というのが過去の評価でしたが、今はディーヴァシューズなどでも良いかもしれません。
このカード単品で回復アイテムが不要になるわけではありませんが、他の装備と組み合わせることでその消費をだいぶ抑える事は可能でしょう。

考察は以上です。色々と検討はしましたが、現在は真化キマカードとエクセリオンエンチャントのC-LifeやC-Soulとの組み合わせを使っています。
エクセリオン装備はエンチャント次第で回復以外の効果も見込めるので、それらも検討の上での判断です。ただ、エクセリオンレッグが使えなくなるのでボスモンスターと遭遇した時などは装備を付け替えるなどの対策が必要になるかと思います。
今後の検討材料としては精錬値が8以上の邪竜の鎧を導入すれば、真化キマカード、C-Life、C-Soulと吸収装備の相乗効果で回復アイテムを消費する必要性をもっと減らせるかと考えています。
回復アイテムへの出費はあとに残らず、ただ消費として消えるだけなので、今後もそれを減らす取り組みは続けていこうかと思っております。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。「僕のドキドキ冒険記Ⅳ~甦る邪神ンダバー~」がそろそろ終わりますが、皆さんはこのイベントを楽しめたでしょうか。
私は試しにエンチャントしたゴッズソードに強撃3が付いたり、それまで放置していたキャラクターのレベルを140以上に引き上げたり、まずまずの成果を出せました。
レベル上げに関しては140の目標を達成した後はだれてしまったのですが、140まで上げれば、ビオスの島、モルスの洞窟に行けるので、時間はかかってもイベント終了後もレベル上げが容易になります。
イベントのポイントに相当する「メテオロン」と交換できる3%回復剤が入った「ワイン用木箱」ですが、今回のイベント終了後も救済措置として、使いきれなかったポイントと3%回復剤を交換できるNPCがプロンテラに設置されます。
詳細については、タイトル通りです。情報のソースはイベントの注意事項の欄です。

「僕のドキドキ冒険記Ⅳ~甦る邪神ンダバー~」特設サイト|ラグナロクオンライン 《公式サイト》

NPCの設置場所は以前のイベントと変わらず、プロンテラの東カプラ付近です。
「深淵の回廊 ~王城に棲まう龍~」や「ウェルス・アイアン・フェスタ~機械仕掛けの精錬神~」の終了後にもイベントで使い切れなかったポイントと3%回復剤と交換できるNPCが用意されましたが、その時も同じ座標にNPCが設置されました。
恐らく、今後のイベントでも同様の措置が行われると思います。3%回復剤をイベントで配布されたら、イベント終了後はプロンテラの東カプラ付近に行けば、ポイントを有効活用できると覚えておくと良いのではないでしょうか。
イベント終了後の措置は、イベントの注意事項の欄に書かれているので、イベントの度に確認すれば、変更があったとしても対応できます。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。現在開催中の「僕のドキドキ冒険記Ⅳ~甦る邪神ンダバー~」ですが、現在も参加中です。
マスター師匠の覚醒の日に合わせ、メモリアルダンジョンで水晶を割るパーティーに参加し続け、これまで放置気味だった朧とアークビショップ以外のキャラのレベルも140以上になりました。
一応、このイベントでの目標は果たした事になります。理想を言えば、160を目指したい所ですが、さすがに難しいと思います。
もっともレベルが140まで行けば、ビオスの島、モルスの洞窟に行けるので、イベント終了後も時間は掛かりますがレベル上げは容易です。
このイベントはマスター師匠だけでなく、ゴッズソードなどのアイテムも魅力ですね。何気なくエンチャントをした所、強撃3が付いたゴッズソードが出来たので売りに出しています。
売る物があるのと、物が捌けるのは、また別の話なので換金できるのはしばらく先になりそうです。
そう言えば、新スキルであるフルスロットルが8月29日からJROでも実装されたそうですね。ニブルヘイムにいるNPCに話しかければ習得できるそうです。
大半のユーザーにとって、レベル175はまだ遠い目標だと思いますが、kROでは最終的にレベル185まで上げられるようになる予定だそうです。来年上半期の実装を目標にしているのだとか…
しかし、kROではレベル上限解放が2013年度に行われたのに対し、JROに実装されたのは2017年の事なので、kROに実装されたとしてもJROにいつ実装されるのかは分からないのですが。
ドラム族の様にkROの実装から2年程度でJROに実装されるコンテンツもあるので、ここら辺の話はROの運営チームの裁量次第ですね。
ロビーワールドの様にJRO独自のシステムが新規に実装される事もありますが、基本的にROはkROで実装されたシステムがしばらく経ってからJROに反映されるというパターンが多いので、kROの動向には注目しています。
傭兵システムなどの実装が難しいシステムもあると思うのですが、メールシステム、露店検索システム、露店アルバイトシステム(ログアウトした状態でもNPCが露店を出すシステム)などは便利そうで、即効性がありそうなシステムはぜひ実装してもらいたいのです。
個人的にはPVPの拡張である戦場システムに興味があるのですが、現状のJROではPVPが死んでいるので、難しいかもしれません。kROでは2007年から実装されているそうなのですが。
JROにはJROの事情などがあるので、kROで実装済みのシステムをそのまま反映させる事が正しいとは限りません。ただ、遊び方の幅を広げる意味でもシステムの拡張は積極的にやってくれないかなと思います。
今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ