RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

こんばんは。大して強くもないのに性懲りもなくPVPを続けております。
本来、PVPの記事を追加しようと思っているのですが、ウォーロックなどの魔法職との対戦内容が非常に一方的な内容になっている為、対戦していただいた方には悪いのですが、一旦それを中止し、代わりに魔法職への対策の考察記事を書こうと思います。
01
以前からPVPでの記事で触れている通り、魔法職に連敗しているのですが、その原因は非常にはっきりしていて私の朧が現状では魔法に耐える手段も回避する手段もないからです。
他にも戦術的に至らない点はあるでしょうが、この問題を解決しないと入り口にも入ることが出来ません。せめて、魔法攻撃に一確される状況を変える必要があります。
魔法職への対抗策として、命中すればほぼプレイヤーを一確出来る(Zenyを消費し無属性遠距離攻撃が可能になるスキル。射程11セル。最高レベルの10の場合、5~10万のダメージ)無茶投げというスキルで対抗する事を試みましたが、対戦相手になる魔法職は大抵の場合、ゴーストリングカード挿した鎧を付けている為、無属性の攻撃スキルである無茶投げでは成果が出ませんでした。
無茶投げで成果が上がらない原因は、PVPの対戦相手になり得るプレイヤーの装備の見積もりの甘さにあったのでしょう。対戦相手を募集した場合、GVGギルドに所属している人が対戦相手になる事が多く、当初の想定よりもゴーストリングカードの所持率が高いことが原因です。またゴーストリングカードを所持していなくても、知り合いから借りる事も出来たでしょう。ブログの記事でこちらの出方は大体書いてしまっているので、その対策をされるのは仕方がありません。
そうなると無茶投げ以外のスキル攻撃で攻略の糸口を探すことになりますが、地面指定の範囲攻撃である風魔手裏剣 -乱華-は射程が14セルと長く、かつ対象セルの周囲7×7セルに範囲にダメージ、と非常に使い勝手いいのですが、相手を一確する威力は望めません。
実は精錬値が7の用心棒のスカーフを確保済みなのですが、それを装備しても状況は変わりません。
過去の対戦では、速度変化ポーション(UP)での接近から八方苦無の連打という戦法も魔法職相手に試したのですが、こちらが速度を上げて追いかけても、同じ手段で逃げる相手には有効ではありません。
火力を高めて魔法職に対抗するという計画は破綻したと見るべきでしょう。そうなると魔法に耐える手段を確保する必要があります。
真っ先に思いついたのはMDEFを100にして魔法に耐える方法です。火力を落とさずにMDEFを高める方法は難しいと思っていたのですが、異形のシーラカンスカードを使えば意外と簡単に実現できます。

異形のシーラカンスカード - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

異形のシーラカンスカードは鎧のカードでMDEF+50の効果があります。これをティドゥン(MDEF+10が付与された鎧)に挿し、靴を金剛石の靴(MDEF+15)、兜中段をメモリーオブラバーズ(MDEF+7)にすれば、火力も攻撃速度もそれ程落とさずにMDEF100を実現できます。靴とアクセサリーに挿すカードを調整すれば、ASPDも193になり、兜上段と肩に掛ける物は従来の装備のままなので、リス耳フードと用心棒のスカーフを裝備し続ける事により、火力の強化とも両立します。金剛石の靴にはニーヴエンチャントも付与出来ます。

ティドゥン - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

金剛石の靴 - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

メモリーオブラバーズ - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

装備の費用については、異形のシーラカンスカードが90~100M、ティドゥンが40M、メモリーオブラバーズが20Mといった所です。合計で約160Mです。安い投資ではないですが、頑張れば何とかなりそうな数字です。
MDEFを100にすれば、魔法攻撃のダメージを約55%カットできます。また石化、凍結に対して100%の耐性を得られます。PVPだけでなく、GVGでも使えるのでこれはかなり良い考えではないかと思いました。
ギルドのメンバーにらとりおの結果を見てもらい、アドバイスを求めたのですが、「MDEFを100にしても魔術師のグローブなどの装備でMDEFを無視できるので効果がない」と指摘を受けました。
以前も書いたように来年の精錬祭りに向け、パッケージの課金アイテムを買い集めているので、ガーデンオブエデンについては知っていました。精錬値が9のガーデンオブエデンはMDEFを100%無視出来るので、それには対抗できないと考えていたのですが、魔術師のグローブについては魔法職を使ってこなかったので見落としていました。魔術師のグローブがあれば、精錬値が7のガーデンオブエデンと組み合わせれば、MDEFを100%無視できます。

ガーデンオブエデン - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

魔術師のグローブ - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

MDEFを高めるよりも属性攻撃に対する耐性を高めた方が効果的ではないか、と言われました。魔術師のグローブは250M前後と比較的高価ではありますが、GVGに参加する人たちはかなりの確率で所持していると見るべきでしょう。
MDEFを高めて、魔法に耐えるという路線は有効ではないと評価し、放棄する事にしました。
属性耐性について、らとりおで計算してみましたが、火属性の鎧があれば、かなり厳しく見積もってもクリムゾンロックで一確される事はなくなります。
もっとも、ウォーロックにはディレイのないスキルもある為、攻撃魔法の連打に耐えられる保証はありません。また、魔法に耐えるには属性鎧だけでは充分ではなく、属性特化のディーヴァマントなどで弱点を補強する必要があります。
手持ちの装備に<R-Fire>トリプルのエクセリオンウィングなどがあるのですが、<R-Fire>には火属性のダメージが軽減される代わりに水属性のダメージが増加するといったペナルティがある為、対人戦では有効ではないでしょう。
肩に掛ける物に耐性装備を付ける関係上、乱華などのスキル攻撃が強化される用心棒のスカーフが使えなくなるのは痛手ですが、これは仕方がないかもしれません。
GVGの防衛戦では、朧は敵の攻撃が届かない後方から乱華を連打するのが基本的な戦法になるので、用心棒のスカーフはまだ必要です。
耐性装備で魔法攻撃に耐えつつ、一気に接近して八方苦無を連打できれば、PVPでも魔法職にも勝てる可能性はあるかもしれません。その場合、イグドラシルの実の消費が激しくなる事が予想されるので、アイテムの重量配分や戦術について、再考が必要でしょう。
ここまでの事をやったとして、魔法職にPVPに勝てる保証はありません。ギルドのメンバーからも「現在のROは職の間のバランスが悪く、PVPをやる意味は薄いのではないか」といった趣旨のことも言われています。
ROのゲームバランスは対人戦を意識した物にはなっておらず、主にPVE向けの調整がされていると思うので、こういう指摘が出てくるのも仕方がないでしょう。
現状のROでは、PVPをやる意味は薄いというのは指摘の通りです。対人戦のゲームバランスが悪いこともそうですし、イグドラシルの実や陽光の箱など、高額な消費アイテムを使わなければならない割に勝ったからといって何かが得られるわけではありません。
それでもROでPVPをやる理由は「趣味だから」、「ボス狩りなどのPVEコンテンツにはない楽しみを求めているから」という合理性では説明できないものです。
GVGは集団でのチーム戦ですし、砦から得られる収入の確保という明確な目標があるので、そういった事にはあまり悩まないのですが。
これからもしばらくの間、PVPに関しては装備などに悩む日々が続きそうです。
今回はここまでにします。それでは。

こんにちは。クリスマスイベントが開始され、クリスマス以外の年末年始のイベントも迫り、色々と忙しい時期になりましたね。
15thアニバーサリーイベントでは、+10ガチャのチケットや15周年記念カード帖が配布されましたが、皆さんは良いアイテムを入手する事が出来たでしょうか。
毎度の事ですが、イベント終了後もアニバーサリーイベントのNPCが救済用に東カプラ付近に配置されています。
01
12月12日パッチ内容について| ラグナロクオンライン公式サイト

配置されているNPCはジェニファー、自動交換機、クイズ司会者、ゴールデン・ボックス、グローリー・ボックスです。
ジェニファーはハッピーストーンと引換券の交換、自動交換機はゴージャス☆ボイルドエッグ(3%回復剤)の交換、ゴールデン・ボックスは+10ガチャ、グローリー・ボックスはEXPチケット、クイズ司会者はアニバ☆クイズと15周年記念カード帖に対応しています。
自動交換機はイベント期間中とは異なり、3%回復剤のみの提供です。この対応はこれまでのイベントと同様です。
+10ガチャチケットとEXPチケットを使っていない人はあまりいないと思うのですが、その救済期間は12月26日午前10時の定期メンテナンスまでです。朝は忙しい人が多いと思うので、多くの人にとって実質的な期限は25日の深夜ではないかと思います。
期限まで交換を遅らせても、得る物は何もないので早めに交換した方がいいと思います。
クリスマスイベントでは、3%回復剤の配布はない為、26日までゴージャス☆ボイルドエッグが利用できるのはありがたいです。もっとも、私の場合はロックリッジ鉱山で3%回復剤を大量に消費した為、在庫を使い果たしてしました。3%回復剤が配布されるイベントが開催されるまでは、ハロウィンイベントで大量に手に入れておいたカボチャケーキで当座を凌ぐことになりそうです。
回復アイテムへの消費はあとに残るものがないので、なるべく抑えたい所です。吸収装備の導入などは来年の精錬祭りまでは無理そうなので、回復アイテムの消費の抑制については今後も悩む日々が続くでしょう。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。クリスマスイベントが始まりましたね。アニバーサリーイベントに続き、立て続けにイベントが開始され、JROも盛り上がる時期になりました。
01
正月まではイベントが途切れないので、この時期を楽しみにしている人も多かったのではないでしょうか。正月やクリスマスになるとリアルの行事が忙しく、ROにログインできないという人も多いかと思いますが、それはそれとして、この時期はROのワールド内も活気があります。
クリスマスイベントでは、今年のイベントで登場した各種NPCも会場に集っているので、会話を楽しんだり、ストーリーを振り返ってみるのも良いと思います。

クリスマスパーティー2017 ~聖なる夜のハートフル鍋パーティー~|ラグナロクオンライン公式サイト

穴が開いている赤い靴下 - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

今年のクリスマスイベントも例年と基本は変わらず、闇鍋の材料に穴が開いている赤い靴下を納品すれば、ランダムにアイテムを貰えるという物です。
穴が開いている赤い靴下は、クリスマスイベント期間中、フィールドやダンジョンに出現するモンスターから入手できます。靴下を落とすモンスターは、アンソニ、靴下スモーキー、サンタオーク、サンタスモーキー、サンタポリン、ジャッククリスマス、ワイルドボックスです。この中では靴下スモーキーが靴下を比較的多く落とします。
クリスマスイベントに参加するには、これらのイベント期間中に上記のモンスターを倒して、納品用の靴下を集める必要があります。
12日から24日23時59分までの間、1日1回、納品のクエストを受ける事が出来ます。イベント期間を13日、1アカウント12キャラクターでイベントに参加すると考えると468足の靴下が必要です。
これだけの数の靴下を揃えるのは、モンスターを倒してドロップする物を集めるにしろ、露店で買い集めるにしても、相当のコストが必要になります。
靴下の相場は35~45K程度なので、購入して集める場合は約19M程度の資金が必要になります。
資金に余裕があれば、その方法でも良いのかもしれませんが、手持ちのZenyが不足しているのなら自力で集めるしかありません。靴下を落とすモンスターは限られている為、少しでも楽に集める方法を模索したい所です。
過去のクリスマスイベントを調べた所、迷宮の森 02が靴下集めには有力なマップであるらしい事が分かったので行ってみる事にしました。迷宮の森はプロンテラの北に位置するダンジョンであり、内部は複雑な迷路になっています。迷宮の森以外にもゲフェン地下ダンジョン、フェイヨン地下洞窟などもマップが狭い為、靴下集めに向いているそうです。フィールドでもゲフェンフィールド 09、リヒタルゼンフィールド 02、リヒタルゼンフィールド 03といったマップは歩行可能な場所が限られるので条件を満たしているそうです。迷宮の森は有名になり過ぎた様なので競争相手が少ないフィールドを狙うべきかもしれません。シュバルツバルド共和国のフィールドはそれ程混んでいるとは思えないので穴場でしょう。
迷宮の森の入り口はプロンテラフィールド 01とミョルニール山脈 12にあるのですが、マップにダンジョンの入口の記載がない為、事前に入り口の座標を調べてから行った方が良いでしょう。
迷宮の森 02に行くには、迷宮の森 01から侵入する必要があるのですが、内部は迷路になっていて容易には辿り着けないので、攻略サイトなどで順路を調べるのが無難かと思います。
肝心の迷宮の森 02についてですが、迷宮の森 03に続く緩衝地帯的な場所であり、真ん中に大きな川と橋がある木に囲まれた草原になっています。
02
試しに朧で狩りをしてみましたが、モンスターは非常に豊富に湧く為、靴下集めには困りません。また迷宮の森 02に出現するモンスターは三次職であれば、苦戦する事は無いので、狩りに集中する事が出来ます。
この時期の迷宮の森 02には、靴下集めの為に人が集まるのですが、大体、1時間の狩りで靴下を100~150足集める事が出来ます。これはモンスターのドロップ率や狩り場の混み具合に左右されるので一概には言えません。
自分でイベントに使う分の靴下であれば、数日で集める事が出来そうだと思いました。迷宮の森 02で靴下集めをするのであれば、遠距離スキル攻撃が可能な職が有利だと思います。靴下を落とすモンスターは数が多いのですが、遠距離攻撃が出来れば、素早く倒すことが出来ます。
03
多種多様なアイテムを多数入手できるので、重量と手持ちのアイテムに余裕を持たせると良いでしょう。忘れがちなのは、持てるアイテムの種類の制限です。キャラクターは100種類のアイテムしか持つことは出来ません。重量を減らすと同時に持っているアイテムの種類にも気を配る必要があります。
もっとも、要らない収集品はその場で捨てるのであれば、あまり気にする必要はありません。
マップは狩りで混み合っていると思いますが、お互いに譲り合うことも必要でしょう。ターゲットが被らないように注意するべきですし、被ってしまった場合は謝ったり、譲るなどした方が良いと思います。
手に入れた靴下ですが、上記の通り、自分で使ってもいいですし、露店で売ってもいいでしょう。例えば、100足の靴下を40Kで売れば4Mになります。1日の稼ぎとしては悪い数字ではありません。もっとも同じように金策として靴下を集めている人との競争になるので、この値段で売れるかは相場の動向次第です。場合によっては30K前後で手放さなければ売れないという事も考えられます。
イベントで自分で使う場合、確率は不明ですが、古いカード帖なども引ける場合もある様です。私はこの2日間で5個の古いカード帖を手に入れました。これまでの所、大体、7%程度の確率で入手したことになります。手に入れた靴下をどう捌くかは各人の好みによるでしょう。自分で使う分を確保した後、余った靴下を売るという方法もあります。
04
05
靴下集めは集める場所さえ間違えなければ、ほぼノーリスクで実行できる金策です。クエストの受注は24日23時59分まで毎日可能です。年末までの間、イベントを楽しみましょう。
今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ