RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

こんばんは。今回の精錬祭りも終盤になりました。
5月16日の深夜が文字通り、ミラクル精錬の最後の機会になります。
その為、再び金策として、「+6 サラのローブ[1]」の2つ作ることを目指そうと思います。
01
幸いなことに、私のアカウントでは、16日までに比較的容易に高いポイントを取得できるメモリアルダンジョンである「暴窟王の洞窟」と「チャールストン工場」を殆どのキャラで回す事が出来るため、精錬に必要なポイントはかなり確保できると思います。
前回は「サラのローブ[1]」の精錬値は7まで上げる事を目指しましたが、今回は使えるポイントが前回よりも少ないため、精錬値は6に留める事にしました。
「+6 サラのローブ[1]」でも、Breidablikサーバの現在の相場では、10~12Mで売れるようなので、10M程度で入手した「サラのローブ[1]」2個の精錬に成功すれば、それなりのリターンが期待できます。
目論見通りに精錬に成功すれば、20Mの粗利に仕入れ値の10Mを引いて、純粋な利益は10Mぐらいとなるでしょう。
精錬祭りは年に1回しかない金策の機会なので、これを逃さずに追加の金策を行う事としました。
他の方々も色々と精錬祭りの機会を利用して、金策に立ち回っている事と思います。
金策の成功に向けて、各自、やれる事をやり、成功に向けて頑張りましょう。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。精錬祭りは相変わらず行っています。ミラクル精錬の機会もあと2回しかないので、今が追い込みの時期ですね。
精錬祭りに終りが見えてきたとなると、気になるのはその後のアップデートです。
「週刊ROチャレンジ!」さんの3月末の記事に7月以降のアップデートについて、RO運営チームへのインタビュー記事が掲載されているため、それを読み直してみる事にしました。

運営チームが語る 「2017年のラグナロクオンライン」が ゲームメディアで公開されました!| ラグナロクオンライン公式サイト

週刊ROチャレンジ! : あの「蜃気楼の塔」も復活!? 2017年夏ごろまでの施策が明らかに! 『RO』運営チームインタビュー

2017年のROのアップデートの詳細などについては、過去のインタビュー記事の閲覧をお願い致します。
今回は「週刊ROチャレンジ!」さんの3月末のRO運営へのインタビュー記事から、レベルの上限解放の記述について、特に気になる記述を見つけました。
レベルの上限は175まで引き上げられるそうですが、経験値テーブルはかなり厳し目の数字になる予定との事でした。
レベルの上限は7月に行われるそうです。それに伴い「夢幻の迷宮」の入場条件もレベル175に引き上げられるそうです。
そうなると、端的に言って、「夢幻の迷宮」に入れるキャラクターの数が急減する為、ディーヴァ装備の新規の供給はしばらくの間は途絶える事が予想されます。
供給が途絶える以上、市場に出回るディーヴァ装備はこれまでにサーバ内に存在するものに限られます。
これがディーヴァ装備の相場にどう影響するかは、私には分かりませんが、供給が途絶える事で値段が上がっていく事もあり得るのではないでしょうか。
欲しいディーヴァ装備がある方は、早めに確保する事で値上がりした装備を高値で掴む事を避けられるかもしれません。
この予想が当たるのか、外れるのかは実際にその時が来ないとどうにも分からないのですが…
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。相変わらず、最近はレベル165の朧を使ったボス狩りを続けています。
今回はオーディン神殿にいるランドグリスゴーストに何度か戦いを挑みましたが、完敗を喫したので、その理由と対策について書いてみます。
02
まずはランドグリスゴーストの紹介から行います。

「ランドグリスゴースト」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

掻い摘んで説明すると、ランドグリスゴーストとは、オーディン神殿に出現するMVPボスであるランドグリスの取り巻きのモンスターです。
属性は聖4、HPは150万程度、ASPD、ATK、DEF、MDEFなどのステータスは非常に高く単体でもMVPボス並みの強さを持つモンスターです。
ランドグリスにはとても敵いそうにないので、まずは「オーディン神殿 02」に1体だけ出現するランドグリスゴーストに戦いを挑むことにしました。
結論から言うと、何もさせてもらえずに瞬殺されたのですが…その理由は大体3つあります。

「odin_tem02:オーディン神殿 02」のMap情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

理由1.属性が聖4である為、火、水、土、風、毒による「八方苦無」が効かない

まずはこれが一番大きい理由です。ランドグリスゴーストの属性は聖4である為、入手が容易な火、水、土、風、毒属性の苦無ではダメージを与えられません。
「八方苦無」は朧などの上位忍者が使えるスキルなのですが、自分の周囲に苦無を投げ、周囲11セルに攻撃力600%のダメージを詠唱なしで連打できる強力なスキルです。
しかし、その威力の高さからか制限もあり、一回スキルを使うのに8個の苦無を消費し、装備している苦無の属性によって攻撃の属性が変わるという特徴があります。
苦無には火、水、土、風、毒、無の属性の物があるのですが、無属性の物以外は比較的容易に入手できます。
無属性の苦無も存在しますが、入手が容易ではありません。無属性の苦無はマラン島で入手できる「トビウオ」と「スルメイカ」があるのですが、200個手に入れるのにマラン島特産缶詰が200個必要になります。
マラン島特産缶詰、トビウオ、スルメイカはユーザー間のトレードが制限されており、露店などで入手できません。
その為、マラン島のデイリークエストなどで手に入る缶詰を地道に集めるしかないのですが、ボス狩りに必要な1000~2000個といった数を揃えるのは非常に時間がかかり、困難です。
正直、「八方苦無」がボス狩りで使えないというのは非常に痛手です。以前、闇4のドラキュラと「八方苦無」無しでの戦いを強いられたのですが、その時もかなり苦戦しました。
それでも、攻撃に耐えられるのなら戦えない事はありませんがランドグリスゴースト相手では、これも無理でした。

理由2.非常に高いASPDとATKによる攻撃の連打と非常に高いDEFにより、ダメージが与えられない

まずはランドグリスゴーストのASPDとATKですが、それぞれ、172と3630~5356という、かなり高い数値に設定されていて、非常に高速で攻撃を連打してきます。
詠唱なしで連打できる「八方苦無」が使えない以上、朧の場合、相手に接敵すると同時に750%の攻撃力の二連撃を行う「十文字斬り」か、詠唱ありの「八方苦無」とも言うべき指定した地面の周囲7セルにいる敵に750%のダメージを与える「風魔手裏剣 -乱華-」で戦うしかありません。
一応、闇属性のディーヴァ風魔手裏剣を持っていたので、それで殴ればいいと思っていたのですが…
ランドグリスゴーストはスキルを使う間を与えずに攻撃を連打してくるため、詠唱ありの「風魔手裏剣 -乱華-」は全く使わせてもらえません。
そうなると「十文字斬り」でダメージを与えるしかないのですが、ランドグリスゴーストのDEFとMDEFも588、506と同クラスのMVPボスと比較しても非常に高い数値に設定されており、ダメージが通りません。
03
その上、非常に高速で殴られる為、攻撃よりも回復を優先させなければならず、そのATKも非常に高いのですぐに追い詰められます。
それでも苦無の代わりに大量の回復アイテムを積んでいるので、何とかなると思っていたのですが…

理由3.強力な使用スキルによる弱体化と一撃死

ランドグリスゴーストは他のボスと同じようにスキルを使用してきます。使ってくるスキルの中で曲者なのが、「ブレイクアーマー Lv10」と「ユピテルサンダー Lv28」です。
「ブレイクアーマー Lv10」は、文字通り、鎧を破壊するスキルなのですが、これで鎧が破壊されるとこちらのDEFが激減し、ランドグリスゴーストの素殴りでも耐えられなくなります。
あとは「ユピテルサンダー Lv28」です。これを食らうと現状の装備だと一撃死してしまいます。
04
この2つのスキルに耐えられるようにしないと、ランドグリスゴーストとは殴り合いによる消耗戦もさせてもらえず、完封されてしまいます。
05

対策

それで、この強力なランドグリスゴーストに対抗する方法を考えてみたのですが…
無属性の苦無である「トビウオ」を大量に用意し、「八方苦無」で戦うか、「ブレイクアーマー Lv10」と「ユピテルサンダー Lv28」への対策を行って、殴り合いの消耗戦ぐらいは出来るようにするという二択しかないような気がします。
無属性の苦無である「トビウオ」を大量に用意する事の困難さは上記の通り、大変な手間と時間が掛かり、「ユピテルサンダー Lv28」に耐えられるような装備品を揃える事も非常にZenyが掛かりそうで、準備に時間とZenyの両方を相当注ぎ込まないといけないと感じた次第です。
ランドグリスゴーストでもここまで強いのに、それを取り巻きにしているランドグリスに対抗するのにはどれだけの事をしなければいけないのかを考えると気が遠くなります。
もっとも、元々、パーティーで挑む前提でパラメータなどが設定されているボスやMVPボスをソロで狩ろうという事自体が異常なのですが…
ラグナロクオンラインをプレイし続ける最終的な目標が一つ見えてきた気がします。

今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ