RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

こんにちは。お久しぶりです。
前回の記事の投稿は8月6日のことなので、3週間ほど、ブログを放置していました。
お盆休みなどもあったのですが、行かないといけない行事や付き合いもあったので、そちらを優先していました。
今回は近況報告を簡単にまとめようと思います。
Urdrの通常ワールド化などの動きについても記事を書こうと思っているのですが、今週中は間に合いませんでした。
01

1. 装備更新、来年の精錬祭について

現状の装備は以前紹介した通り、下記の様になっています。

装備部位 装備名 主な特殊効果 カード カード効果
兜上段 +7 リス耳フード帽[1] Aspd + 3, Def無視60%

兜中段 鴉天狗の面[0] 物理攻撃+4%, 遠距離物理攻撃+7%

兜下段 浮遊するジオイア <アルカナ> <攻撃速度1> <Int+2> アルカナ, 攻撃速度1

+9 デッドリー ドレイクコート <攻撃速度1> ダブル [1] サイズ補正無効。MaxHP+2500, MaxSP+150 イビルドルイドカード 不死属性付与
武器 +7 トリプル ジェノサイド 風魔手裏剣・花吹雪 <強撃3> [3] 攻撃速度+7%, Matk+180, 聖属性

肩にかける物 +7 用心棒のスカーフ オブシューター <名手1> <名手2> [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など メンブリッツカード 遠距離物理攻撃+10%
+7 イヌハッカメテオ フロンティアブーツ <名弓2> [1] 風魔手裏剣 -乱華- 再使用待機時間 – 0.3秒。ボスモンスターから受けるダメージ - 30% 世界のカード ハイディング、クローキングをしているモンスターが見える
アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など

アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など


螺旋風魔の宝珠を活用する装備を更に改善してみました : RO Breidablik 日記(仮)

あれからも装備の更新について、ぼんやりと考えているのですが、特に妙案は思い付きません。
リス耳フード帽を+9の物に更新する為、いくらのZenyが必要なのかを検討していますが、それぐらいです。
ボス狩りの為、深淵の騎士を挿した花吹雪をもう1個用意しようかなどと考えていますが、結構高い買い物になるので躊躇しています。
今の所、対モンスター向けの装備は手元にあるニーヴ風魔手裏剣などを活用すれば、大抵の場面では困りません。
一応、新しい花吹雪を買うぐらいのZenyはあるのですが、そろそろ来年の精錬祭に向けた投資の計画を練る必要があります。
精錬祭は来年の4月にまた開催されると思われます。その仕込みに最適の時期は、アイテムの相場が冷え込み、その年のアニバーサリーパッケージの情報が出揃う12月以降です。
12月に投資を行う事を考えると、そろそろ投資用の資金を用意する必要があり、大きな買い物はし難い状態になります。
まだ夏が続いていますが、もう8月も終わりです。12月までは3ヶ月程度しかありません。
そう考えるとあまり余裕がないというのが現状です。
精錬祭の仕込みはファントムオブマスカレードが適当に感じます。現状、+7の物が1個600M程度の値段で取引されています。
今年の精錬祭の後、1個400M以上で取引されていたガーデンオブエデンが200Mに下がったように、+7 ファントムオブマスカレードも市場にあふれて、半分程度の値段に落ち着くでしょう。
螺旋風魔の宝珠の様な新装備が追加される可能性もあるので、今は出費を抑えつつ、今後の計画を練っていこうと思います。

2. 攻城戦YE

今月は攻城戦YEは2回開催されます。本日、2回目の開催です。
参加のための手続きが多少面倒ですが、普段は戦えない他のワールドのギルドと戦えるのは新鮮で楽しいです。
現在の所、テスト期間中なので回復アイテムなどは無料で使いたい放題です。
2018年の最初の頃と比べ、システム面の不備も改善されたので、純粋に戦闘を楽しめるようになりました。
最終的にガンホーがGVGをどうして行きたいかはまだ不透明な部分もあります。
以前は攻城戦YEにGVGを一本化したいという意向を示していましたが、現状のGVGを残すことも考えているらしく、どうなるかはまだ分かりません。
個人的には、月2回程度、攻城戦YEを開催し、残りは通常のGVGを開催するというのがバランスが取れている気がします。
システム面の不備やゲームバランスについては、かなり改善されてきたので、今年度中に何らかの結論が出されるかもしれません。
攻城戦YEについては、今後も動きを見ていこうと思います。

3. YE PVP

攻城戦YEとは別に、イグドラシルワールドでPVPをやろうという動きがあります。
私と同じGVGギルドに参加しているゆかえるさんが主催していて、毎週、金曜、土曜の夜などにPVPをイグドラシルワールドで実施しています。
リンクとかは貼って良いのか分からないので、取り敢えず、貼りません。
Discordで参加者がやり取りをしているのですが、RO丼などで招待のリンクを貼っていると思うので、興味のある方は検索してみて下さい。

4. ジャガーノート

ラグ缶2019 Septemberでリベリオンのスキルを強化する靴が追加されたので、95Mで買ってみました。
私が買った後、値下がりが続いていて、現在は70M程度の値段で取引されています。
リベリオンは作ってはいたのですが、装備などが整っていなかったので放置していました。
リベリオンの人口はあまり多くない事を踏まえると、今後もスキルを強化する装備品が追加されるかもしれません。

ラグ缶2019 September | ラグナロクネットストア | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

ジャガーノート[0] RO公式ツール・モンスターサーチ

ディーヴァ装備などのランダムオプション装備であれば、良いエンチャントが付いた物が安値で売られることも多いので、良い機会なので、今後、リベリオンも使っていこうと思います。

5. ランドグリスについて

上述の通り、朧の装備についてはかなり整ってきました。
その為、そろそろランドグリスと戦うことを考えています。
今週の土日にランドグリスに会いに、オーディン神殿 03に通ってみましたが空振りに終わりました。
同じマップに出現するランドグリスゴーストには、特に苦戦することなく勝てるようになっています。
今後、同マップに通う時間などを調整して、対抗が少ない時間帯などを探ってみようと思います。

今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。
今回、ニーズヘッグの巣のボスであるニーズヘッグの影を倒してきたので、そのレポートを書くことにします。
短めの記事ですが、お付き合いいただけると幸いです。
01

1.  ニーズヘッグの影とは

HPは745万程度、種族は竜族、属性は闇4、サイズは大型です。
一撃死の可能性があるアースクエイク、闇属性のMOB専用スキルであるイービルランド、ダークネスブレス、火属性の範囲攻撃スキルであるファイアーブレス、ファイアーボール、メテオストーム、状態異常の範囲攻撃スキルであるワイドカース、ワイドストーン、ワイドスリープなど多彩なスキルを行使するボスです。
属性が闇4なので、火水地風の属性攻撃は75%カットされます。
無属性か、聖属性の攻撃手段を用意しないと攻略は難しいでしょう。
また戦闘に時間制限がある為、一定時間で倒せない場合、ペナルティを課せられる部屋に移動させられます。
部屋から復帰することは可能なので、再戦は出来ます。
全体的に言って、メモリアルダンジョンのボスとしてはかなり強力な部類に属します。
メモリアルダンジョンのボスは位置付けによって、強さがかなり違います。
ニーズヘッグの巣はビオスの島の様なレベリングの為のダンジョンというわけではないので、そのボスであるニーズヘッグの影も強めの設定になっている様です。
位置付けとしては、MVPボスの上位陣と考えてもいいと思います。

ニーズヘッグの影の詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

ニーズヘッグの巣 | メモリアルダンジョン | ワールドマップ | ゲームガイド | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

2. ニーズヘッグの影戦時の装備

ニーズヘッグの影戦時の装備です。
02
+7 リス耳フード帽で攻撃速度増加とDEF無視の効果を取ります。
鎧はゴス鎧でした。何故この時にゴス鎧を装備したのかは、ちょっと思い出せません。
武器は聖属性、大型85%のニーヴ風魔手裏剣です。追加効果を引き出す為、ニーヴバレッタも付けました。
ディーヴァシューズはボスに対するダメージがアップするもので、ATK+70になる物を選択しました。
用心棒のスカーフと螺旋風魔の宝珠は、朧の遠距離攻撃スキルである乱華の強化の為に装備しています。
詳細は省きますが、これにより乱華のダメージはだいぶ強化され、詠唱等もカットされるので1秒間に3回まで乱華を連打出来ます。
朧は火力が高いことが取り柄なのですが、それを活かす為の装備を選択すると属性耐性などは限られた効果しか得られません。
今回は火力で押し切ることを念頭に装備を調整しました。

3. ニーズヘッグの影戦

最奥のマップで戦闘開始です。
03
乱華を連打して、一気に畳み掛けます。
04
乱華一発のダメージは32万程度です。螺旋風魔の宝珠の効果で秒間3回まで撃つことが出来ます。
このダメージなら21発程度で倒せる事になります。
05
勝利しました。僅か20秒程度の戦闘でした。
06

4. まとめ

長い間、未討伐だったニーズヘッグの影ですが、ようやく倒すことが出来ました。
戦闘に使った時間も20秒程度と非常に短時間です。
これも螺旋風魔の宝珠による強化によるもので、改めて装備の重要性を痛感させられました。
朧の強みは瞬間最大の火力の高さですが、その反面、耐久力は殆どありません。
今回は完勝と言っていい結果でしたが、スキル攻撃をもう少し食らっていたら負けていたかもしれません。
火力を強化するアクセサリが追加されたのは良いのですが、いつまでもそれに頼った戦術が通用するほど甘くないでしょう。
攻撃に耐えられないのであれば、影跳びなどのスキルを活かした攻撃を回避する立ち回りが必要になりそうです。
これからの目標は未定ですが、地下排水路のギガミックス盛りの攻略も検討したいと思います。
今の装備ならある程度の属性耐性をすれば、シーラカンス4匹とも対等に戦えるのではないかと考えています。
まだ未討伐のボスも多いのですが、今回と同じ戦術で対処できるようになったボスも多い筈です。
これからも未討伐のボスの攻略を目指してみます。

今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。今回、朧の装備の更新に関する記事を書いてみました。
現状の装備とその改善案を合わせて検討してみます。
サマーパッケージ2019の新アイテムの追加などで、朧の装備もだいぶ強化されました。
今回はそういった新装備を取り入れて、今後、どうして行くかを検討してみようと思います。
01

1. 現状の装備

現状の装備は下記の様になっています。

装備部位 装備名 主な特殊効果 カード カード効果
兜上段 +7 リス耳フード帽[1] Aspd + 3, Def無視60%

兜中段 鴉天狗の面[0] 物理攻撃+4%, 遠距離物理攻撃+7%

兜下段 浮遊するジオイア <アルカナ> <攻撃速度1> <Int+2> アルカナ, 攻撃速度1

+9 デッドリー ドレイクコート <攻撃速度1> ダブル [1] サイズ補正無効。MaxHP+2500, MaxSP+150 イビルドルイドカード 不死属性付与
武器 +7 トリプル ジェノサイド 風魔手裏剣・花吹雪 <強撃3> [3] 攻撃速度+7%, Matk+180, 聖属性

肩にかける物 +7 用心棒のスカーフ オブシューター <名手1> <名手2> [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など メンブリッツカード 遠距離物理攻撃+10%
+7 イヌハッカメテオ フロンティアブーツ <名弓2> [1] 風魔手裏剣 -乱華- 再使用待機時間 – 0.3秒。ボスモンスターから受けるダメージ - 30% 世界のカード ハイディング、クローキングをしているモンスターが見える
アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など

アクセサリー 螺旋風魔の宝珠 [1] 風魔手裏剣 -乱華-ダメージ増加など


螺旋風魔の宝珠で乱華を強化と詠唱時間、再使用待機時間の短縮を図っています。
また花吹雪とフロンティアブーツをセットで装備することで、再使用待機時間を0秒にしました。
その為、攻撃速度が193の場合、秒間7回まで乱華を連打できるようになっています。
クローキング対策として、世界のカードをフロンティアブーツに挿しています。
アルカナとセットで装備した場合に限定されますが、これでハイディング、クローキングをしているモンスター(プレイヤー含む)を視認できます。
これはGVGで使うために導入しました。
火力は螺旋風魔の宝珠とフロンティアブーツでかなり強化されます。
乱華の詠唱時間、再使用待機時間が0になる効果は字面では伝わりにくいと思いますが、非常に強力です。
一撃の威力はブルート風魔手裏剣などには及びませんが、それを攻撃回数で補う事が出来ます。
全体的に言って、現状の装備で大抵の状況には対応できます。
武器の属性が聖属性であるので、GVGでは対策がされやすいのですが、これは火水地風の各種属性コンバーターや闇属性を付与する呪われた水などを使えば対処できます。
鎧についてもGVGでは不死鎧が有効ですが、モンスター戦で不都合な場合は手持ちの聖鎧、念鎧などを使い分ければいいでしょう。
次のこの装備の改善案について検討します。

2. 装備の強化案

正直な話、現状の装備はかなり完成されていて、変更の余地があまりありません。
ドレイクコートにゴーストリングカードを挿すことも検討しましたが、立ち回りを工夫すれば、不死鎧でも生き残れます。
何より、石化、凍結が無効になるのはGVGの環境で有効です。
ゴーストリングカードも有効なのですが、軽減できるのが無属性攻撃に限られるのが難点です。
朧の場合、特に魔法職の魔法攻撃には対処できません。GVGではドラムのマタタビランスなどは大きな脅威です。
サイズ補正無効の効果があるドレイクコート、朧の各種スキル強化の効果がある用心棒のスカーフ、フロンティアブーツ、螺旋風魔の宝珠は他の装備にはない効果が得られるので、外すことが出来ません。
武器についてもフロンティアブーツとのセット効果を得る為に必要なので、花吹雪である必要があります。
兜下段も同様です。世界のカードの効果はアルカナとセットでないと得られないので、これも外せません。
現状の装備を使う場合、乱華を1秒間に何回連打できるのかというのは非常に重要な要素です。これが火力を大きく左右します。
その為、兜上段は攻撃速度を上昇させる物である事が望ましく、そうなると実質的にリス耳フード帽しか残りません。
他の装備でもエンチャントなどで攻撃速度を上昇させられますが、リス耳フード帽には及びません。
現時点で、+7のリス耳フード帽を使っていますが、これを+7から+9に交換するのは、有効かもしれません。
+9 リス耳フード帽の相場は最近下落気味なので、上手く立ち回れば600M程度で入手できます。DEF無視の効果も100%になるので火力も強化できます。
また+9であれば、暴虐のシーラカンスカードなどを挿しても無駄がありません。そういった点を考慮すると、リス耳フード帽の換装は一考の価値があると言えるでしょう。
実質的に残されたのは中段となります。
鴉天狗の面をエンチャント済みの物にすれば、火力の強化を図れます。
ただし、現時点での相場は700~750M程度と高値です。効果はありますが、費用対効果を考えると難しいです。
あとは螺旋風魔の宝珠にタフィーカード、マリンスフィアーカードを挿すのも良いかもしれません。
TWOカードの様なMVPボスカードがあれば嬉しいのですが、3Gもするカードはとても手が出ません。
一度挿したカードを剥がすのは困難なので、慎重に決める必要がありますが、そろそろ考えても良さそうではあります。

以上のような点を考慮すると、今後、新たな装備が追加されない限り、ほぼ現状のままで良いのではないかと思っています。
火力強化の方法はありますが、裏を返せば、もうそれぐらいしか強化の余地は残っていないということであります。
物理型の朧で達成できる火力型の装備としては、現状、かなり完成されたものが手に入ったと言えそうです。

3. PVP再開の検討

装備も整ったので、久々にPVPを再開しても良いのではないかとぼんやりと考えています。
まだ決めたわけではありません。ただ、再開するにしてもニュートラルバリアーを使うメカニックにどう対処するかといった難しい問題があります。
朧の物理攻撃スキルは、大半が遠距離攻撃である為、遠距離物理攻撃スキルを完全に無効化するニュートラルバリアーには対抗手段がありません。
魔法職については、乱華の連打で押し切ることを考えていますが、これも実際にやってみないことには分かりません。
何にせよ、装備の更新でやれることの幅が広がっているので、今後、どうするかを決めていこうと思います。

今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ