こんばんは。今回は表題の件について思案している事を書いてみます。
過去の記事で「イスタナ洞窟」で金策を行っている件は何度か記事にして投稿をしました。
正直な話、「イスタナ洞窟」の狩り金策は悪くありません。
 01
過去の記事で紹介した投資の成果で、狩りでSPを回復する必要がなくなり、非常に快適に狩りが出来ます。
20分狩りをすれば、収入は運に左右されるので幅が激しいのですが、300~850Kの間の粗利があります。
殆どがバナスパティがドロップするエルニウム、オリデオコン原石によるものです。
それなりの投資をしての成果なので、無茶苦茶美味しいというわけではありません。
そんな「イスタナ洞窟」の金策ですが、唯一、不満なのがカードなどのレアなドロップ品の価格が低いことです。
今までの狩りでバナスパティカードは2枚、クランプカードは1枚拾ったのですが、あまり価値がありません。
行けば行くほど確実に黒字になる状況で贅沢な要求だと思いますが、たまにはレアなアイテムも拾いたいというのが正直な所です。

「gl_cas02:グラストヘイム 古城2F」のMap情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

ギルドのメンバーとその事について話した所、「では、グラストヘイム 古城2Fなどに行ってみてはどうか」と提案されました。
実を言うと、「イスタナ洞窟」の狩りへの投資が終わった後、2回ほど試しに行ったことがあります。
02

このマップには深淵の騎士が12体もいるので、カードが出れば一気に稼ぐこともでき、オリデオコン、エルニウムもそこそこの確率でドロップするモンスターが配置されているので結構美味しい狩り場です。
しかし、この狩り場は闇属性のモンスターが多く、「風魔手裏剣・氷月[3]」では狩りをするのは厳しいものがあります。
そうなると「イスタナ洞窟」の様に投資したアイテムの効果でSPの回復をせずに狩りを続けるのは、無理があり、SPの回復アイテムを相応の量を持ち込む必要があります。
レアなアイテムをドロップしてくれれば、一気に稼げる可能性もありますが、1回毎の収支は「イスタナ洞窟」よりも下がると思います。
どちらの狩り場に行くべきかは、正直、判断が難しいのですが、同じ場所で狩りをひたすら続けるのも飽きが来てしまうので、ちょっとした気分転換にたまに通ってみるのも良さそうです。

後は余談ですが、精錬祭りに向けて、布都御魂をアマツで作りました。
03
 04
最近、装備品の製造に必要なアイテムの値段が上がっている気がします。布都御魂の入手に必要な返魂のお札の値段も最近は高騰気味です。
精錬祭りに向けて、仕込みをしている人が多いのでしょうね。

今回はここまでにします。それでは。