こんばんは。過去に記事にしたスマートフォン版ラグナロクオンラインこと仙境伝説についてです。
このゲームは中国のDREAM SQUAREが開発し、XD.COMがアプリのサービスを行っており、現在、中国でオープンβテストが実施されています。

スマホ版「RAGNAROK Online」こと「仙境伝説」のオープンβテストが,2017年3月1日に中国でスタート - 4Gamer.net

仙境传说RO - 心动网络

このタイトルには正直注目していて、ゲーム系メディアの続報を待っていたのですが、続報がありません。
日本語圏で行われているテストではないため、仕方がないと思います。
そこでTwitterで検索してみた所、ゲームのタイトルである「#仙境伝説」というハッシュタグがあり、オープンβテストに参加している日本人プレイヤーがその状況をTwitterに投稿していました。
スクリーンショット付きの投稿も多く、日本語でキャラクターの名前を付けることが現状でも可能であるらしい事など多くの情報が分かります。
Youtubeの動画などでも仙境伝説の雰囲気は掴めますが、加工されていない一次情報を日本語で得られるという意味では現時点では非常に貴重だと思います。
勿論、投稿された内容が正確なのかなどの評価は閲覧者が行う必要がありますが、その点は各自ご注意下さい。

話は変わりますが、2002年のラグナロクオンラインのオープンβテストの際は日本のサーバに外国人プレイヤーが接続し、日本人プレイヤーとの間で諍いも起こっていたらしいです。
仙境伝説のオープンβテストの場合、日本人プレイヤーこそが、本来のサービスの利用者として想定されている中国人プレイヤーから見て、外国人プレイヤーに他ならず、15年の月日を経て、以前とは真逆の立場で後継作のオープンβテストに日本人プレイヤーが参加していると思うと隔世の感があります。
中国人プレイヤーから日本人プレイヤーが「害人」呼ばわりされない事を祈るばかりです。

佐倉葉ウェブ文化研究室 > RagnarokOnline(JP)の歴史

害人が目立つようになる(2002.04~2002.08.23) 

今回はここまでにします。それでは。