RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

2017年11月

こんばんは。遂にJROの正式サービス開始15周年のアニバーサリーイベントが始まりましたね。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私はアニバーサリーイベントに参加し、アニバ☆クイズを解いたり、メモリアルダンジョンでプレシャスチャレンジに必要なポイントを稼いだりしています。
アニバーサリーイベントについては既に多くの人が記事に書いているので、今回はボス狩りに関する考察記事を追加したいと思います。
雑な考察ですが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

最近はロックリッジ関連のアイテムの収拾も落ち着き、ボス狩りを再開しています。
以前は、兎に角、採算を考えずにボス狩りをしていたのですが、最近はいずれカードなどを手に入れられないかと思っています。
そうなると気になるのが、どのボスが接触が容易で、カードなどのレアが期待できるのかという事です。
今回、私はROのMVPボスのリストを作成し、接触が容易なボスをまとめてみました。以下がそのリストです。メモリアルダンジョンのボスは除外しました。

ハティーの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

一番接触が容易なMVPボスであると思っています。ルティエフィールド 01を徘徊しています。
属性は水4であり、風属性で攻撃すれば、200%のダメージが通ります。
私がボス狩りに使っているキャラは朧なのですが、狂風の苦無で安定して狩る事が出来ます。
カードの相場は900M~1G程度らしいです。カードそのものは2015年のラグ缶でB賞の当選品だったという経緯もあり、結構、流通しているのではないでしょうか。
ルティエフィールド 01は平坦なフィールドで索敵も容易です。またルティエフィールド 01へのアクセスはアルデバランのNPCからワープできるという事情もある為、ボス狩りへの敷居は非常に低いです。
その為、特に理由がなければ、毎日、狩りに行っています。

ストームナイトの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

おもちゃ工場ダンジョン 02に配置された風4のMVPボスです。
風属性である為、土属性の攻撃が有効です。おもちゃ工場ダンジョン 02へのアクセスは投票により、カプラが商圏投票で勝った場合、プロンテラの十字路から行くことが可能です。
おもちゃ工場ダンジョンはルティエ経由でも行けるので、その気になれば、毎日、狩りに行く事も出来るでしょう。
カードの相場は400~500Mと言われていますが、このサーバでは取引の実績がない為、直近での相場は不明です。

オークロードの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

ゲフェンフィールド 03に配置されたMVPボスです。ゲフェンフィールド 03は隣接するマップであるゲフェンフィールド 10へプロンテラのカプラから転送で行ける為、接触は容易です。
しかし、オークロードはアースクエイクを使う為、容易には倒せません。頑張れば倒せない事はないのですが、安定して狩る事は出来ません。安定して狩るには、ゴーストリングカードなどを用意する必要があるでしょう。
アースクエイクさえ使わなければ、地4である為、火属性の攻撃手段があれば倒すことが出来ます。
カードの値段ですが、取引の実績が1Gで存在しています。オークロードカードの相場は過去の評価で400M~1Gとされているので、この付近で露店に出ているのなら、相場通りと言えそうです。
余談ですが、オークロードとオークヒーローはアルデバラン時計塔地下 2Fにも配置されています。

オークヒーローの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

ゲフェンフィールド 02に配置されたMVPボスです。ゲフェンフィールド 02はゲフェンフィールド 10から東に2マップ離れている為、行くのは少し面倒です。
また、ゲフェンフィールド 02は今年のマップ調整の対象になったマップです。マップ調整によりハイオークが大量に配置され、同モンスターがオリデオコンを落とすようになったので、狩りに来ている人はそれなりに多く、ボスへの接触は少々難しいかもしれません。
オークヒーローそのものの強さはあまり戦っていない為、よく分かりません。属性は地2である為、火属性の攻撃が有効です。
カードの相場はBreidablikでは取引の実績が存在しない為、直近の相場は不明です。2015年のラグ缶のB賞の当選品だったという事もあるので、案外、倉庫に眠らせている人もいるのかもしれません。カードの値段は過去の評価で500M以上とされていますが、物があまり出ないだけにそれ以上の値段で取引される可能性もあります。

ゴピニクの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

ロシアのローカルマップであるモスコビアのMVPボスです。配置場所はモスコビアのダンジョンである奥深い森の丘の上です。
奥深い森への侵入にクエストのクリアが必要な事とダンジョンの最奥に固定湧きするという事情から、ダンジョンに入る条件さえ満たせば、接触は容易なMVPボスです。
残念な事に未だにカードは実装されていません。しかし、kROやiROではカードが実装済みらしいので、その内、JROでも実装されるかもしれません。
カードの効果は物理攻撃毎にSPを5回復、スキル使用時のSP消費量が25%増加との事です。もっとも、JROに実装される際は別の効果になるのではないかと思います。
属性は地3である為、火属性の攻撃が有効です。朧の場合は烈火の苦無を裝備し、八方苦無を連打すれば、高確率で勝てます。
上記の理由からカードの相場はJROでは存在しません。余談ですが、ゴピニクからエナジー<頑強>を手に入れた事があるのですが、市場では30K程度にしかならないので落胆した覚えがあります。
エナジーのドロップ率はカード並みに低いはずなので、もう少し、高値で取引される効果でもでいいと思うのですが…

レヤックの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

インドネシアをテーマにしたローカルマップであるデワタのMVPボスです。イスタナ洞窟に配置されています。
他のローカルマップとは違い、イスタナ洞窟への侵入にはクエストなどの条件などは設けられていません。その為、比較的、接触の敷居は低い方だといえるでしょう。
レヤックの属性は闇2である為、火水土風の属性攻撃は75%しか通りません。それでも、闇3や闇4に比べればダメージは結構通るので、頑張れば何とかなります。
取り巻きのモンスターは火属性なので、水属性の苦無を持っていっています。
カードの相場は取引の実績がなく不明です。過去の評価ではカードの相場は200~500Mとされています。
余談ですが、レヤックはティドゥンという高価な鎧も落とします。Breidablikの直近の相場では、30~50Mの値段で取引の実績があります。

ここからは接触は比較的容易ではあるが、属性の関係から、毎日は狩れないボスを紹介します。
朧の場合、闇属性に有効な無属性の苦無は入手が難しい為、闇属性のボスは短期間に繰り返し狩る事には困難です。
無属性の苦無は、マラン島のデイリークエストをクリアすれば入手が出来るのですが、それ以外の方法では入手できない為、ボス狩りに必要な数を揃えるには時間が必要です。
朧の場合、上記の理由から闇属性のボスは相性が悪いとも言えます。
闇属性で接触が比較的容易なボスは、ロードオブデス、アトロス、ドラキュラ、ドッペルゲンガーの4体です。

ロードオブデスの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

死者の街ニブルヘイムとゲフェニア 04に配置されているMVPボスです。ボスとしては珍しく、街に配置されています。
ニブルヘイム、ゲフェニア 04は行くのに少し手間が掛かります。現在、ニブルヘイムはプレイヤーが行く理由は限られており、接触は比較的容易でしょう。
属性は闇3であり、火水土風の属性攻撃は50%しか通りません。聖属性の武器を用意するなどの属性対策は攻略に必須でしょう。
カードの相場は取引の実績がなく、直近の相場は不明です。過去の評価では、100~300Mという評価のようです。ボスカードは出物が少ない為、価格は取引の度に変わると言ってもいいでしょう。過去の評価はあくまでも参考程度に考えるべきかもしれません。

アトロスの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

ラヘルフィールド 03、ラヘルフィールド 04、ベインスフィールド 01、ベインスフィールド 02に配置されているMVPボスです。複数のマップに配置されているMVPボスは他にもいますが、4つのマップに配置されているのは非常に珍しいのではないでしょうか。
属性は闇3です。火水土風の属性攻撃は50%しか通りません。攻略には属性対策は必須でしょう。
ラヘルの周辺のマップに配置されている為、タンポポリングやマラン島のポタリなどを利用し、ラヘルへの移動手段を確保すれば、接触は比較的容易でしょう。
カードの相場は取引の実績がなく、直近の相場は不明です。過去の評価は100~300M程度との事です。

ドラキュラの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

ゲフェン地下ダンジョン B2Fに配置されているMVPボスです。ゲフェン地下ダンジョン B3Fと夢幻の迷宮調査キャンプのマップはつながっている為、夢幻の迷宮に行く条件を満たしたキャラクターであれば、プロンテラから短時間でアクセスできます。
属性は闇4である為、属性対策は必須です。火水土風の属性攻撃は25%しか通りません。
カードは1Gで取引の実績がありますが、過去の評価では1G~2.5Gという評価がされています。
1Gで露店に並んでいるのを見かけたのなら、運が良いと思います。実際の相場よりも安い値段である可能性が高いと思います。

ドッペルゲンガーの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

ゲフェン地下ダンジョン B3Fに配置されているMVPボスです。
属性は闇3です。攻略には属性対策は必須でしょう。ゲフェン地下ダンジョン B3Fと夢幻の迷宮調査キャンプのマップはつながっている為、夢幻の迷宮に行く条件を満たしたキャラクターであれば、プロンテラから短時間でアクセスできます。
カードの相場は取引の実績がなく、直近の相場は不明です。過去の評価は200~700M程度のようです。
カードの効果は攻撃速度増加との事ですが、現在は攻撃速度を引き上げる装備は多数あるので、過去の実績よりも相場は下がるのではないかと思います。

比較的容易に会えるMVPボスのリストは以上です。数えてみると接触が容易なMVPボスはそれなりにいる事が分かります。
闇属性のボスは属性対策の関係上、朧では毎日狩るわけにいかないのですが…
毎日狩れるボスでカード等のレアが狙えるのは、ハティー、ストームナイト、レヤック辺りではないかと思います。これらのボスは比較的、ボス狩りの競争も少なく、かつカードなども落とすのでお勧めです。
今回はメモリアルダンジョンのボスは除外しましたが、フェンリル、チャールストン3号、頭領タコ辺りはカードも落とすので、これらのボスも周回してみると思わるレアを引き当てる事が出来るかもしれません。
次回はメモリアルダンジョンのボスについて、まとめてみるのも良いかもしれません。
この記事が、これからボス狩りをやろうという人の参考になれば幸いです。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。日本のラグナロクオンライン正式サービス開始から15周年まであと僅かですが、閲覧者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私は少々気が早いとは思いますが、最近は精錬祭りに向けて、仕込みを始めています。
01
精錬祭りとは、ここ数年の間、JROで毎年春に開かれるイベントで低いリスクで過剰精錬を試みる事が可能なイベントで、高精錬のアイテムを多数生み出す機会がプレイヤーに与えられるJROでは一番効率の良い金策イベントです。
まだ12月にもなっていないのに、来年4月の精錬祭りの仕込みとは早過ぎる気もしますが、こういう時期だからこそ、仕込みを始めておく必要があると思っています。
理由はJROのBreidablikサーバにおいて、アイテムの相場が下がるのは冬の時期である事を経験しているからです。
私の記憶ですが、2016年の冬の時期はアイテムの相場が冷え込み、値下がりしていた記憶があります。理由としては、精錬祭りなどで膨らんだ財布が消耗品や装備品の購入などで縮む時期が冬だからかな、と漠然と思っています。
ROでユーザーが多額のZenyを入手する機会は、精錬祭りなどのイベントで過剰精錬した装備品やイベントで新アイテムに良いエンチャントを付与して、それを捌いたり、あるいはMVPボスカードなどを引き当てた時など非常に限られたものしかない気がします。
春から夏に向けては、JROでは精錬祭り、僕のドキドキ冒険記、深淵の回廊などのイベントで過剰精錬したアイテムやレアアイテムを引き当てる機会が多く、懐が暖かくなるのですが、秋から冬にかけてはそういうイベントがそもそも開催されないので、一発当ててZenyを大量に入手する機会はどうしても減ってしまいます。2017年度はロックリッジの実装があるので、事情は多少変わるかと思いますが、それでも50~100MぐらいのZenyをまとまって得る機会は非常に少ないかと思います。
そうなると少しは物はあるが、Zenyがないという状況に陥っている人は結構いるのでは、と思っています。私自身、結構、財布の事情はきつめです。
邪竜の鎧などの一部のアイテムの相場を追っているのですが、最近、未精錬の邪竜の鎧の値段が以前は5M程度だったのが、4.5M程度の値段で手放す人も増えて、相場が下落しているように感じます。
多くの人がイベントで得たZenyを消費し、市場が冷える傾向にあると思われる時期だからこそ、精錬祭りに向けた仕込みには最適な時期ではないかと思う次第です。
具体的にどんな装備が良いのかは意見が別れる所だと思いますが、個人的には、いわゆる吸収装備(邪竜の鎧、ヴァナルガンドの兜)や過剰精錬で追加効果が付与されるパッケージの課金アイテム(お座り教皇(私服)、ガーデンオブエデン、リス耳フード帽など)が良いのではないかと思います。
ガチャで産出するアイテムでも構わないのですが、単価が高くなり過ぎますし、露店での相場の動きが読み辛いです。パッケージの場合、課金すれば必ず貰えるので相場も安定しています。

邪竜の鎧 - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

ヴァナルガンドの兜 - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

14thアニバーサリーパッケージ ダウンロード版 | ラグナロクネットストア | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

サマーパッケージ2017 ダウンロード版 | ラグナロクネットストア | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

サマーパッケージ2016 ダウンロード版 | ラグナロクネットストア | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

これらの装備品は未精錬の状態だとあまり魅力がないのですが、精錬値が7になると追加効果が付与される物が多く、精錬値が7の物は未精錬の物の10倍近い値段で取引がされています。
今年もアニバーサリーパッケージが追加されると思われますが、15周年記念という事で例年よりも魅力的なアイテムが含まれているのかもしれません。
実際にどのような物が追加されるかは12月1日を待たないと分かりませんが、精錬祭り以外の時期に過剰精錬を行うには大きなリスクが伴う為、パッケージが追加されれば、未精錬の物が露店に並ぶと思います。精錬祭りについては、来年開催されるという保証はどこにもありませんが、余程の事がない限りは例年通り開催されるのではないでしょうか。
精錬祭りの開催の意図はゲーム内経済を刺激して、パッケージやガチャの課金アイテムを売上を伸ばす事にあるのでしょうが、事前に仕込みをしておけば、課金をしなくてもZenyを殖やす機会になり得ます。
精錬祭りの仕込みは2月以降でも遅くはないとは思いますが、4月始めなどの皆が精錬祭りを意識する時期になるとアイテムの相場も値上がりしてしまいます。
余剰資金がある方は、精錬祭りで価値を引き上げる事が見込める吸収装備、パッケージの課金アイテムなどを今の内に買っておくと良いと思います。その余剰資金が枯渇しがちな時期であるので、投資が出来る人は限られるでしょうが。
私は20~60M程度の単価が比較的高いアイテムを可能な限り多く抑えておく事を検討しています。
精錬祭りのミラクル精錬は失敗してもアイテムが失われない特別な精錬ですが、回数には限りがあり、精錬値を7まで持っていくのはなかなか大変です。その為、過剰精錬を試みるアイテムは限定せざるを得ません。
精錬値が7に到達したアイテムは未精錬の物の10倍弱というのが相場のようなので、なるべく単価の高いアイテムを集中的に精錬し、精錬値を7まで持っていくのが効果的かと思います。
勿論、8以上の高精錬を目指しても良いのですが、イベントで入手できる精錬に必要なポイントには上限が設けられている為、精錬値は7に留めておくのが現実的ではないでしょうか。
ロックリッジ関係で散財してしまったので、パッケージの課金アイテムを抑えるのは難しいかもしれませんが、やれるだけの事はやろうと思います。
ゲームの攻略とは関係がありませんが、来年、精錬祭りが開催されるとして、どこで開催されるのか気になる所です。個人的にシュバルツバルド共和国のアインブロックかリヒタルゼン辺りかなと漠然と予想しています。
過去の精錬祭りは2012~2014年まではアマツ、2015年はモロク、2016年はラヘル、2017年はウェルスでした。
開催場所の選定は2012~2014年は日本をテーマにしたローカルマップであるアマツでの開催と非常に分かりやすい選定でしたが、それ以降は、今後、コンテンツを追加しようと計画している場所が選ばれているようです。
TERRA GLORIA以降のエピソードはまだ海外でも実装されていない様なので、非常に予想が難しいのですが、シュバルツバルド共和国のアインブロックかリヒタルゼンは、TERRA GLORIAなどの舞台にもなりましたし、可能性はある気がします。
あとは精錬祭りの開催には広めのマップが必要なのですが、「ヴェルナー研究所 中央室」辺りは開催場所としての必要な条件を満たしているように感じます。
あれこれと憶測を書いてみましたが、実際の所は分かりません。案外、ロックリッジなどが選定されるかもしれません。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。12月も近くなりましたが、閲覧者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
12月は色々とROでもアニバーサリーイベントが実施されますが、むしろゲームの外の方が忙しくなる時期ですし、なかなかゲームにログインできない人も多くなるのではと思っています。
今回は新たにPVPで対戦を行った為、その過程をレポートします。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
01
今回の対戦相手は以前対戦した方の紹介で対戦する事になりました。今のROでPVPをやる人は少ないので、珍しがられているようです。
現状、砦宝箱からの収入があるGVGとは違い、PVPの対戦は特にメリットがないので無理もないのですが。
この時の装備はこんな感じでした。修羅が相手という事で、残影による高速移動を考慮すると黄泉返しなどのターゲティングが必要なスキル攻撃は当たらないと予想し、武器はアヴェンジャー風魔手裏剣を選択しました。
防具にはプレイヤーにも有効な中型、一般モンスターに対し、攻撃力が増すディーヴァ装備を付けます。
攻撃速度を引き上げるエンチャントが付与されたゴッズガントレットを裝備し、ASPDが193になるようにしました。ASPDが193の場合、固定詠唱、ディレイ等が無い八方苦無は秒間7回攻撃が可能です。
02
ギャラリーが見守る中、対戦を開始しました。
03
対戦開始から早い時期に無茶投げで攻撃を行います。ダメージが低い為(無茶投げは無属性で通常は5~10万のダメージ)、ゴーストリングカードを裝備している事が分かります。
04
残影で動き回る修羅を乱華で追う展開になりました。
05
06
07
途中、相手はビッグフットに変身しました。多分、時空ブーツの熊の力の効果でしょう。ビッグフットに変身している際はSTRが200増加します。
08

熊の力 - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

ただ、朧は空蝉、影分身というスキルで回数限定ですが、物理攻撃を確実に回避できます。この時もダメージは受けませんでした。
ギャラリーの方を巻き込みつつ、攻撃を連打します。
09
一回戦目は接近して攻撃してくる修羅を八方苦無で迎撃して、勝利しました。
10
11
12
二回戦目です。
13
どちらも決め手に欠ける状況は変わらず、なかなか決着が付きません。残影で高速移動する修羅には、なかなか攻撃が当たりませんし、こちらも空蝉、影分身で物理攻撃を回避できるので、双方とも早期に決着を付けるのは難しい状況が続きます。
14
15
呪縛陣で動きを封じられ、阿修羅覇凰拳で攻撃されますが、空蝉、影分身の効果で回避します。空蝉、影分身は回数制限はありますが、物理攻撃を確実に回避できるので使い勝手が非常に良いです。
16
17
阿修羅覇凰拳を再び食らいますが、回避しました。朧の場合、空蝉、影分身を消費させてからでないと物理攻撃は通らないので、物理攻撃を当てる場合、攻撃回数を増やす必要があります。
以前、対戦した別の修羅の人は三段掌などを上手く組み込んで、こちらの空蝉、影分身を無効にしていました。
18
呪縛陣で動きを封じられますが、効果が切れると同時に八方苦無の連打で押し切り、決着を付けます。
ASPDが193なら八方苦無は秒間7回連打できる為、ダメージは低くても火力で圧倒する事が可能です。
19
20
三回戦目を最終戦とする事にしました。最終戦では速度変化ポーション(UP)を使い、修羅の残影に対抗する事を試みます。速度変化ポーション(UP)を使えば、5秒の間、キャラクターの移動が素早くなります。
21
こちらの手札の殆どが遠距離物理攻撃である事を見越し、相手はニューマを積極的に使ってきました。
22
ニューマを炊かれると、八方苦無のダメージを通すのが難しくなります。
23
お互いに決め手を欠いたまま、しばらくの間、牽制が続きます。
24
こちらは相手にとどめを指す手段で有効なのは八方苦無であり、相手はこちらに攻撃を当てるには空蝉、影分身を消費させて一気に畳み掛ける必要がありました。
25
牽制だけでは埒が明かないと見たのか、一気に攻めてきました。こちらも八方苦無を連打しますが、実はこの時はかなり危うい状況でした。
26
27
しかし、こちらの八方苦無の連打に耐えきれないと判断したのか、残影で相手が逃げます。その間にイグドラシルの実で全回復し、態勢を立て直します。
28
最終的に「熊の力」で一気に畳み掛けようとする相手を八方苦無で迎撃し、勝利しました。
29
30
31
今回は八方苦無の連打で押し切る場面が非常に多かったです。
ASPDが193なので、一撃の威力は低めでも、弾幕を張れば非常に強力です。
八方苦無の連打は強力ですが、自分の周囲11セルが射程範囲であり、重量2の苦無を8個消費するという燃費の悪さ(800個の苦無を持っても100回しか使用できない。800個の苦無の重量は1600)から対策を講じられるとなかなか当てるのは難しくなります。
今回は相手の方から接近してくる場面が多かったのですが、接近前に足元にニューマを的確に配置するなどの対策をされると厳しいものがあります。
残影で飛び回る相手を追撃する手段が限られるというのも、大きな課題です。速度変化ポーション(UP)を使った追撃をもっと試みるべきだったかもしれません。
もっとも、速度変化ポーション(UP)を使用しても、相手が同じ手段や残影を使って逃げると追うのは難しいものがあります。発想を変えて、地形を利用した立ち回りをもっと工夫するべきかもしれません。
平地での殴り合いではこちらの八方苦無の火力と空蝉、影分身での回避を上手く組み合わせれば、大抵の物理職は圧倒出来ます。しかし、この戦術は対策が幾つもあるので、多用は出来ません。
無茶投げも対策がされがちなので、これに変わる遠距離攻撃スキルを開拓する必要があるでしょう。精錬値が7の用心棒のスカーフを装備すれば、レベル170の朧の場合、術式 -解放-の攻撃力は295%増になるので、これを活用するべきかと思いますが、魔法攻撃スキルは軽減する手段が多い為、これも決定打にはならないかもしれません。
PVPでは、これをやれば勝てるといった必勝法のような物はありません。今回は全勝できましたが、これは朧が物理攻撃の回避をする手段を複数持っているという仕様に助けられての勝利です。
速度変化ポーション(UP)をもう少し上手く使うなど、戦術を今後も練り直す必要がありそうです。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。「ロックリッジ ~新大陸の開拓者~」が実装され、しばらく経ちましたが、皆さんは目当ての新アイテムなどを入手する事が出来たでしょうか。
11月末からは日本におけるラグナロクオンラインの正式サービス開始15周年を記念するアニバーサリーイベントの開催や15周年記念のアニバーサリーパッケージの販売などもあるでしょうし、色々と忙しくなりますね。
もうハロウィンの事はもう忘れているという方も多いと思います。季節のイベントというのはそういう物なので仕方がないのですが、JROのハロウィンイベントの置き土産は未だに存在します。
01
以前も記事でも書きましたが、ハロウィンイベントのポイントであるモストロを3%回復剤である「カボチャキャンディ」と交換できるNPCはプロンテラの東カプラ付近(座標:275,211)に配置されています。

HalloweenParty2017の終了に伴い、11月21日まで「モストロ」を消費して「カボチャキャンディ」と交換できるNPCをプロンテラ(座標:275,211)に配置されます : RO Breidablik 日記(仮)

「HalloweenParty2017~脱ブラック!? キッコ・モストロ狂騒曲~」特設サイト|ラグナロクオンライン

2017年11月7日(火)定期メンテナンス終了から2017年11月21日(火)定期メンテナンス開始までの期間中、「モストロ」を消費して「カボチャキャンディ」と交換できるNPCをプロンテラ(座標:275,211)に配置いたします。

交換の期限は10月21日の定期メンテナンスまでとなっています。ご存知の通り、JROの定期メンテナンスの予定は火曜日の10時~15時になっているので、当日の朝が期限です。
火曜日の午前中に時間を自由に使える人は限られるでしょうから、実質的な交換の期限は前日である10月20日の夜になるのではないでしょうか。
ロックリッジはモンスターが手強い為、回復アイテムの消費が激しいので、イベントで貰える3%回復剤を活用して、出費を少しでも抑えたい所です。
イベントで余ったポイントは死蔵しても、ただ消えるだけです。すべてとまでは言いませんが、使う分だけでも交換しておくとそれを有効活用出来ます。
3%回復剤の交換NPCは運営チームがわざわざ救済措置として設置している物なので、それを活かさない手はないでしょう。
しかし、あと2週間足らずで12月になり、日本のラグナロクオンラインも15周年を迎えると思うと感慨深いものがあります。
日本でラグナロクオンラインが展開されたのは、2001年11月末のオープンβテストからだと思いますが、正式サービス開始は2002年の12月のことです。
随分遠い所まで来たな、と感じています。正直な話、JROがこんなに長く続くとは予想していませんでした。
15周年のアニバーサリーイベントが終わった後もしばらくの間はJROのサービスは続くと思うので、これからもROとの付き合いを続けていこうと思います。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。JROの15周年を記念するアニバーサリーイベントも迫りましたが、閲覧者の方々はいかがお過ごしでしょうか。
私はロックリッジで追加されたアイテムの入手やエンチャントの付与に奔走する毎日です。ロックリッジコインは入手の制限が厳しい為、ロックリッジ産のアイテムの入手の難易度は高く、苦戦しています。
PVPやGVGに向けて、これからも装備の拡充を図りたいと思います。
今回、新たにPVPの対戦を行ったので、そのレポートを記述します。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
01
今回の対戦相手は7月に一度対戦したGVGギルドのマスターの方です。職業は修羅です。
余談ですが、GVGギルドのマスターは殆どの場合、修羅を選択しています。ギルドマスターにはスキル「残影」で砦内を高速で移動できる修羅か、スキル「チェイスウォーク」などでクローキング状態で移動できる手段を持つシャドウチェイサーが向いているとされますが、GVGギルドはマヤパープルカードを所有するか、所有するメンバーがいるというケースが多く、ギルドマスターの職は修羅であるというケースが大半です。
砦内を高速で移動できるスキルは修羅の「残影」の以外にも存在する為、修羅でないギルドマスターもBreidablikワールドには存在します。
以前の対戦の経緯は過去に記事にしました。

GVGギルドの人とPVPで対戦しました : RO Breidablik 日記(仮)

この時の装備はこんな感じでした。場合によって、アヴェンジャー風魔手裏剣と精錬値が7の布都御魂の両手持ちを使い分けています。
02
両手に短剣を持った状態でASPDは190以上、風魔手裏剣を裝備している場合はASPDは193です。
1秒間の攻撃回数はASPDが190の場合は5回、193の場合は7回です。
固定詠唱、ディレイ等が無い八方苦無の場合、ASPD通りの攻撃が可能です。
ディーヴァシューズ、ゴッズガントレットには魔神の腕力3をそれぞれ挿しています。ゴッズガントレットは攻撃速度が増すエンチャントが付与されたものを選んでいます。
全体的に八方苦無を有効に使う為、ASPDとATKの両立を図る装備にしました。

対戦を開始しましたが、苦無を装備し忘れるという致命的なミスをしました。
そのせいで二回戦までは一方的に負けました。これは100%、私の責任です。PVPをするに辺り、そういった設定のミスをしない事は対戦の前提にあるので、それを充分に出来ていないという事は対戦以前の問題です。
03
04
三戦目の途中で苦無を装備し忘れている事に気付き、慌てて装備をします。
05
ようやく、有効な反撃を行うことが出来るようになりました。
06
07
しかし、これも長くは続かず、呪縛陣で動きを封じられた所に羅刹破凰撃を受け、倒されました。
08
09
以前の記事でも書きましたが、この人は状況判断が的確であり、行動にもミスがないか、あっても非常に少ないので手強い相手です。
対戦時は残影による高速移動を使うのですが、残影を使う前に行き先にニューマを的確に配置し、こちらの遠距離攻撃を回避するのが上手いです。
また、三段掌により、こちらの物理攻撃を回避する手段である空蝉、影分身を消費させ、それが無効になった時点で呪縛陣などで行動を封じ、一気に攻めるなど、こちらのスキルや戦術の特性を把握した上で、その強みを殺す戦術をミスなく繰り出してくるのは見事であるという他ありません。

四戦目を開始します。この時は武器を布都御魂の両手持ちに切り替えます。
10
布都御魂は、元々、人間形モンスターに与えるダメージが50%増になる対人特化装備なのですが、精錬値が7の物にヒドラカード、スケルワーカーカードなどプレイヤー(中型、一般モンスター、人間形モンスター)にも有効なカードを挿し、攻撃力を強化しています。
11
布都御魂 - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

八方苦無は強力なスキルなのですが、苦無の個数によって、使える回数に制約があります。その為、回数制限のない黄泉返しなどのスキルでもダメージを与え、その欠点をカバーする事を試みます。
しかし、残影による高速移動が可能な修羅相手だと、ターゲッティングが必要なスキルである黄泉返しはなかなか当てられません。
これは速度変化ポーション(UP)を使う相手やカートブーストを持つジェネティックも同じです。
12
八方苦無を連打しても、残影でこちらの周囲11セルから逃げられてしまい、なかなかダメージが与えられません。布都御魂を裝備している為、三戦目よりも八方苦無のダメージは増しています。
13
黄泉返しを当てられる気がしなかった為、途中で武器をアヴェンジャー風魔手裏剣に持ち替えます。
風魔手裏剣 -乱華-は地面指定の遠距離版八方苦無とも言うべきスキルであり、相手を一確する威力は望めませんが、その射程の長さと攻撃範囲の広さから使い勝手が良いです。
14
残影に対抗する為、速度変化ポーション(UP)で加速します。
15
機動力は強化しましたが、それを活かせぬまま、旋風腿による強制着席から、双龍脚と號砲の連撃で敗北しました。
16
17
いよいよ、最終戦になりました。この対戦は1分40秒と比較的長い時間の対戦になりました。
PVPではどちらかが相手を倒す手段を確保している場合、短時間で決着が付く事が多く、長引く事はあまりありません。
18
黄泉返しを残影で高速移動が可能な修羅に当てる事は困難であると判断し、武器はアヴェンジャー風魔手裏剣を選択しました。
19
戦況を打開する為に無茶投げも試みますが、回避されました。ニューマの効果か、普通に回避されたのかはよく分かりません。
20
相変わらず、残影による高速移動と移動先へのニューマの的確な配置により、こちらの八方苦無などのスキル攻撃は無効化されます。
21
その合間を縫って、八方苦無を通しますが、残影は追撃だけでなく、回避手段としても優れている為、なかなか上手く行きません。
速度変化ポーション(UP)などの有効な活用で、その隙間を埋めるべきだったのかもしれませんが、この時はそこまで気を回す余裕がありませんでした。
22
23
ウォーロックの人が右下にいますが、この方は対戦とは無関係です。
PVPのマップはあまり人はいませんが、メモリアルダンジョンなどのインスタンスダンジョンではない普通のマップなので、対戦とは関係のない人と居合わせる事があります。
24
関係のない人を巻き込みたくはなかったのですが、そこまで気遣う余裕がなかったので、八方苦無の連打で殺してしまいました。
25
対戦の合間に影分身、空蝉などのスキルを使い、バフを掛けます。私の朧は耐久力がなく、物理攻撃を耐えるのに前述のスキルに頼っている為、更新が欠かせません。
27
最終戦は基本的に逃げるこちらを相手が追う展開になりました。ニューマにより、こちらのスキルが無効化される場面が多いのですが、隙を突いて八方苦無や乱華を当てます。
28
29
旋風腿による強制着席から連柱崩撃の連撃を食らいますが、この時は何とか耐えて、イグドラシルの実で全回復します。
30
31
こちらも八方苦無や無茶投げで粘りますが、なかなか思うように行きません。
相手の戦術は残影による高速移動とニューマの組み合わせによって、こちらの攻撃を無効化しつつ接近し、三段掌等で空蝉、影分身を無効化した後、呪縛陣、旋風腿などで動きを封じた後でスキル攻撃の連撃によって、こちらに致命傷を与えるという物です。
戦術は分かっているのですが、これを突き崩すのは容易な事ではありません。
前述の通り、この対戦相手は操作が的確な上にミスが少なく、常に足元にニューマを置いている為、遠距離物理攻撃スキルをなかなか当てる事が出来ません。
忍術は魔法扱いなので、これらのスキル攻撃なら当てられるでしょうが、スキルツリーを考慮すると八方苦無や乱華などのスキルを取得すると忍術に手が回りません。
32
33
34
最後には、呪縛陣による硬直から、旋風腿による強制着席に続き、双龍脚、連柱崩撃、號砲の連撃を受け、とどめを刺されました。
35
36
37
38
39
40
このギルドマスターの方と対戦してから、ステータスやスキルの見直し、装備の拡充を図ったので、以前よりも戦えたかと思いますが、非常に苦しい結果になりました。
無茶投げはこの対戦ではすべて回避されましたが、仮に当てていてもゴーストリングカードを裝備していれば、致命傷にはならなかったでしょう。
残影による高速移動にこちらが受け身に回る場面が多かったので、こちらも速度変化ポーション(UP)をもっと積極的に使い、対抗するべきだったと思います。
ニューマに対する対策ですが、八方苦無などの遠距離物理攻撃スキルに頼るのではなく、ロックリッジで追加された用心棒のスカーフなどを活用し、魔法扱いのスキルで攻撃する方向も模索するべきでしょう。

用心棒のスカーフ - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

精錬値が7の用心棒のスカーフを装備すれば、レベル170の朧の場合、術式 -解放-の攻撃力は295%増になります。
前衛職を一確する威力は望めませんが、ニューマで防ぐ事の出来ない魔法攻撃スキルである為、他のスキル攻撃との連続で当てる事が出来れば、有効に使う事が出来るでしょう。
後衛職であれば、ステータス次第では相手を一確する事も可能だと思われます。
ロックリッジで追加された朧、影狼向けの装備品としては、ハイディング状態から攻撃を仕掛ける事の出来る影斬りのダメージが増す物影という短剣があります。
ロックリッジで追加された武器には強撃3のエンチャントを付与する事が出来る為、戦術を工夫すれば有効に使えるでしょう。
ハイディング状態で待ち伏せ、影斬りから八方苦無の連打につなげる事が出来れば、相手を切り崩せるかもしれません。
ただし、この方法は警戒されると有効ではなく、朧の攻撃力を引き上げる符のスキルを合わせて使う事が難しい(符を使用すると使用者の周囲に魂のようなエフェクトが発生するが、これはハイディング、クローキング状態でも消えない為、プレイヤーには有効ではない)為、使い所は限られるか、同じ相手には複数回使えないでしょう。
ロックリッジの実装により、朧、影狼向けの装備品が追加されましたが、ガンホーやグラビティはスキルの補正は仕様変更ではなく、アイテムの追加で行う方針であるようなので、今後のアップデートでも装備品の追加は続くと思われます。
スキルの仕様変更は2010年度の3次職実装や2012年度の大規模バランスアップデートの様に大規模で後戻りの出来ない物になる可能性があるので、当分の間は無いのではと受け止めています。
速度変化ポーション(UP)を積極的に使った立ち回りの改善や新たに追加された装備品を組み込んだ戦術の練り直しをして、今後のPVPに備えたいと思います。
今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ