こんにちは。3週間ぶりの更新となります。
精錬祭の間はイベントに時間を取られていたのと、リアルでも仕事が忙しくなり、ブログを更新する時間を作る事が出来ませんでした。
精錬祭はROでも有数の金策イベントなので、ブログの更新よりもイベントを優先させました。
今回は2018年度の精錬祭を振りかえり、結果の総括と今後の展望について、記事にまとめようと思います。
至らない点はありますが、お付き合いいただけると幸いです。
2099bdc24354930c (1)
1. 精錬祭の成果

まずは精錬祭の成果ですが、主な結果をまとめると下記のようになります。

・販売予定
 +7ガーデンオブエデン4個
 +7グレータードラクルホーン2個
 +7リス耳フード帽1個
 +6邪竜の鎧2個

・自分で使う予定
 +7ガーデンオブエデン1個
 +7グレータードラクルホーン1個
 +6ダークハンド1個
 +6ニーヴ風魔手裏剣3個
 +5ニーヴ風魔手裏剣1個
 +6霧の妖刀

ガーデンオブエデンやグレータードラクルホーンは去年から精錬祭用に仕込んであった物を精錬しました。
相場が冷える冬の時期に仕入れたので、グレータードラクルホーンの多くは30M以下、ガーデンオブエデンは80M以下で購入した物もあります。リス耳フード帽の値段は正確には思い出せませんが、30M程度で購入したと記憶しています。
精錬祭での事前の仕込みについては、1月に記事にしました。

最近、ガーデンオブエデンなどのパッケージで入手できるアイテムが値上がりしている件と精錬祭りに向けた仕込みについて : RO Breidablik 日記(仮)

「究極精錬チケットGetキャンペーン2018」の影響で課金アイテムが市場に大量に供給されている様です : RO Breidablik 日記(仮)

それぞれ1つずつは自分で使うために取っておくつもりですが、残りは露店で売る予定です。
ガーデンオブエデン4個、グレータードラクルホーン2個を売れば、1Gにはなるでしょう。
時間は掛かりましたが、物含みで手持ちの資産をG単位に増やす事に成功しました。
精錬祭りの為に行った投資の総額は記録していませんでしたが、ガーデンオブエデンが5個、グレータードラクルホーン8個、リス耳フード帽1個で680Mといった所でしょう。
投資に費やした金額はそれなりの額ですが、それをかなり増やす事に成功したといえるでしょう。
グレータードラクルホーンが精錬しきれずに6個ほど残りましたが、無価値になったわけではないので、露店で入手時に近い値段で売る事も可能でしょう。
ROのプレイヤーがG単位のZenyを入手する機会は、MVPボスカードを引き当てる、ラグ缶でプレミアムが付いているレアアイテムを入手した場合などに限られます。
本当は+7の防具をもっと増やしたかったのですが、リアルの仕事が忙しくなり、なかなかメモリアルダンジョンに通うことが出来ませんでした。今年の精錬祭はゴールデンウィークの時期を外して開催されたので、それも大きな逆風になりました。
精錬祭に投入できる時間等の資源に制約があった事を考慮すると、この結果は成功といって言いと思います。
資産形成に成功して金銭的に余裕が出来たのもありますが、それ以外にも普段使っている大型特化のニーヴ風魔手裏剣を+6にするなど、地味に朧を強化する事も出来ました。
次に今後の計画について、検討したいと思います。

2. 今後の計画

まだ手持ちの装備が売れる見込みもないのに気が早いと思いますが、精錬祭で築いた資産をどう活用するかを検討します。
過去の記事で触れましたが、朧の火力を強化する為に検討しているのがサイズ補正を無効にする装備の導入です。
具体的には、+9クイーンアンズリベンジと+9ドレイクコートを検討しています。
サイズ補正を無効にする装備については、過去に検討しました。

現状の装備ではGVGでは火力不足である為、サイズ補正を無効にする装備の導入について検討中です : RO Breidablik 日記(仮)

風魔手裏剣のサイズ補正は中型75%、小型75%とプレイヤーに対して不利な面は否めません。
現状の装備も弱くはない筈ですが、火力の強化は頭打ちでした。
朧の火力を引き下げる要因はサイズ補正に掛かる所が大きく、その対策はいずれやらなけれないけせん。
+9クイーン・アンズ・リベンジと+9ドレイクコートのどちらが良いかですが、GVGで使う事を考えると、兜上段を自由に出来る+9ドレイクコートが望ましいでしょう。
+9ドレイクコートは過去に1Gで取引の実績がある為、今回の精錬祭の資産を切り売りすれば、何とか買えそうです。
今の所は+9ドレイクコートを導入する方向で考えているのですが、2018年のサマーパッケージも販売されたので、相場を見つつ、より最適な判断を下したいと思っています。

記事は以上です。
今年の精錬祭はゴールデンウィークの時期を外し、平日の開催だった為、イベントの参加は非常に疲れました。
リアルでも結構忙しい時期とぶつかり、正直、イベントにまともに参加できない日も多かったと思います。
前述の通り、この精錬祭で物含みで資産を1Gに増やす事に成功しました。
この成功を足がかりに、GVG用の装備の拡充など次につなげていきたいと思います。
今回はここまでにします。それでは。