こんばんは。
前回の更新から1週間以上の時間が経っていますが、一応生きています。
先週の内にブログを更新したかったのですが、なかなかブログを書く時間が取れず、今日までずれ込みました。
平日の夜に書ければ良かったのですが、仕事の後となると疲れていて、どうしても筆が重くなってしまいます。
以前はもっと文章もスラスラと書けていた気がするのですが…
ちょっと疲れ気味なのかもしれません。
こんな事を言い立てても仕方がないので、時間配分を工夫するなどして乗り切れないか検討してみます。
今回はランドグリス討伐に関する近況報告的な記事になりました。最後までお付き合いいただけると幸いです。
01

1. ランドグリスとは

ランドグリスとは、オーディン神殿 03のMVPボスです。
オーディン神殿の実装は、2006年のフィゲルパッチでの事なので、意外と昔からのボスです。
HP550万程度、属性は聖4、種族は天使、サイズは大型です。
使用スキルは、アースクエイク、サンダーストーム、ホーリーアタック、ロードオブヴァーミリオン等です。
ステータスだけを考えると、ランドグリスよりも強力なボスはいる筈ですが、属性が聖4である為、火水土風聖の属性攻撃が無効であり、取り巻きのランドグリスゴーストも単体でロードオブデスなどの中堅MVPボスを上回る強さを持っている為、実質で判断するとROでの最強のボス候補の一体であると言えるでしょう。
取り巻きのランドグリスゴーストもホーリーアタック、ユピテルサンダーの他にブレイクアーマーなどの搦め手も使ってくる為、その対策も必要です。
取り巻きを含めた火力が非常に高いボスなので、聖属性攻撃対策に聖鎧、アースクエイク対策に念鎧必須みたいです。
これらの鎧はランドグリスゴーストのアーマーブレイクに備えて、破壊耐性を持っていないと攻略に制限が掛かります。
上記のような事情を考慮すると、ランドグリスを倒せれば、ROでのボス狩りについては一定のラインに到達したと言えそうです。
ランドグリスがROで最強のボスと言えるかは、異論も多そうなので一概に言えないのですが、MVPボスの中でも強豪であることは確かでしょう。
この様に強力なボスではあるのですが、そうであるが故に戦う価値があると個人的には考えています。

ランドグリスの詳細情報

2. ランドグリスの捜索とその課題

ランドグリスの打倒を決意したのは、8月下旬です。
この時期から、毎日、ランドグリスに会うためにオーディン神殿 03に通ってみました。
3週間ほど通い詰めてみたのですが、ランドグリスには会えませんでした。
その代わり、ランドグリスゴーストには嫌になるほど会いました。
以前は苦戦したランドグリスゴーストですが、装備がだいぶ強化されたこともあり、今では、7秒程度の交戦で倒すことが出来るようになりました。
正確な時間は分かりませんが、ランドグリスの湧き時間の間隔は、8時間程度と言われている為、そもそもレアなボスです。
3週間も通ったので、1度くらいは会えても良いと思うのですが…私が知らないだけで、平日の朝から夕方の間にランドグリスを定期的に狩っている人がいるのかもしれません。
遭遇さえすれば、そろそろ勝てるのではないかと勢い込んでいただけに肩透かしを食らいました。
Breidablik以外のワールドならいるのかもしれないと思って、Idavollにも行ってみたのですが、こちらも空振りでした。
どうやらIdavollの事情もBreidablikと大差がない様です。
フィールドでランドグリスを探すという計画は行き詰まっています。

3. エンドレスタワー90F

フィールドで会えないのであれば、エンドレスタワーで会うという案も検討するべきでしょう。
エンドレスタワーとは、皆さんもご存知の通り、MVPボスが多数配置されたメモリアルダンジョンの事です。
ランドグリスは、このMDの90Fに配置されています。

エンドレスタワー | メモリアルダンジョン | ワールドマップ | ゲームガイド | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

エンドレスタワーを朧がソロで登ることは困難でしたが、螺旋風魔の宝珠が実装されたことで状況が変わりました。
螺旋風魔の宝珠で乱華が強化される以前は、ボスへの主な攻撃手段は八方苦無でした。
八方苦無は自分を中心に投擲武器である苦無を投げる遠距離物理攻撃スキルです。
ディレイ、詠唱、クールタイムが0なので、秒間辺りの火力は非常に高いスキルです。
苦無の重量は1個で2に設定され、1度のスキル攻撃で8個の苦無を消費する関係から、攻撃回数には制限がありました。
しかし、螺旋風魔の宝珠とサマーパッケージ2019で追加されたフロンティアブーツ、風魔手裏剣・花吹雪を組み合わせれば、セット効果で乱華の詠唱、クールタイムが0になります。
その為、八方苦無と同等か、場合によってはそれ以上の秒間ダメージが出るようになっています。
これならば、重量問題に頭を悩ませずに常に火力を高い状態に保つことが可能です。
火力の問題を解決しても、回復アイテムの問題は残りますが、無茶投げLv10を取得すれば、問題は解決しそうです。
Breidablikの朧は対人戦を念頭に置いたスキル構成になっている為、取得条件が厳しい無茶投げを取る余裕はありません。
もっとも、これから先、従来の攻城戦が廃止され、攻城戦YEのみの開催になる可能性やIdavollにいるEDDA生体チケットで作ったレベル170の朧がいることを踏まえれば、それ程悩む必要ないでしょう。
GVGが攻城戦YEに移行されるのなら、Breidablikの朧は対モンスターだけを考えたステータス、スキルにしても良い筈です。
そもそも、Idavollはそのような制約はありません。
エンドレスタワーの90階に行くまでは結構大変だと思いますが、朧のソロで登頂している人もいるみたいなので、慣れれば何とかなるかもしれません。

4. これからの方針

これからどうするかですが、2で書いた通り、フィールドでランドグリスを探すという計画は行き詰まりを見せています。
その為、3で書いたエンドレスタワー90Fまでソロで登るという目標を満たす為の準備をすることになりそうです。
Breidablikの朧のスキルの振り直しをするのか、Idavollに作った朧のJobレベルを上限まで上げるのかのどちらかをすることになるでしょう。
気持ちとしては、Idavollの朧のJobレベルを上げる方向に傾いています。
エンドレスタワーのソロで登ってみれば、また別の課題も見えてくるかもしれません。
何にせよ、ランドグリスと戦うまでにしばらく掛かりそうです。
フィールドで会えるのあれば、すぐに解決する問題ですが、2週間程度通い詰めてもダメだったので、あまり期待できません。
エンドレスタワーに登る計画は困難を伴いますが、一応、道筋は見えている気がします。
課題は整理できたので、次はそれに対処してみます。

今回はここまでにします。それでは。