RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

カテゴリ: 日記

こんばんは。今回、ギロチンクロスの人とPVPをしたので、そのレポートを書きます。
8月7日に対戦した人とは別人です。この方とは実は過去2回、PVPで対戦したことがあります。
対戦したのは、5月と7月末です。PVPを開始すると宣言した記事で触れたギロチンクロスの方です。
7月の末の対戦時はワンダラーでした。この時の対戦もリプレイを保存していたのですが、「EPISODE:TERRA GLORIA ~ルーンミッドガッツ王国の胎動~」の実装などがあり、書く機会を失って時間が経ってしまったので、結局、記事にはしませんでした。
今回は前述したような大規模なアップデートも落ち着いた状況になったので、対戦が終わってからそれ程時間が経たない内に記事にすることにしました。
こういう風に対戦をしても、結局、記事にする機会を失ったPVPは何回かあります。対戦してくれた方に申し訳ないので、なるべく記事にしようと思っているのですが、不精なものでなかなか手が動きません。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
対戦場所はヨーヨーモードのイズルードです。今回も以前とルールは特に変わらず、どちらかが先に入場し、その30秒後に相手が入ってから、即対戦開始という事で話がまとまりました。
サイコロの結果、私が先に入場する事になりました。
01
この時の装備はこんな感じでした。詳細なエンチャントを公開することは、後の対戦に差し支えるので控えさせていただきますが、全体的にディーヴァ装備はプレイヤー(人間・中型・一般モンスター)にも有効な中型や一般モンスターへのダメージが引き上げられる物で火力を増すこと、アクセサリーには攻撃速度1,2が付いたブラディウムイヤリングや城下町の地図などを使い、両手に武器を持った状態でもASPDが190以上になるように調整しています。
02
30秒後に相手が入場してから、約5分間の間、索敵と警戒に時間を使いました。
ギロチンクロスはクローキング状態で移動ができる為、一寸も油断ができず動き回りました。同時に陽光の箱を使ってクローキング状態の相手を見つけるように努力します。

陽光の箱 - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

03
しかし、手持ちの陽光の箱は10個しか無かった為、連打する事が躊躇われ、有効な使い方が出来ませんでした。
それでも使わないと相手を見つけられない為、使用しましたがなかなか見つかりませんでした。この事については後述します。
04
1回戦目はソウルブレイカーで1確されました。ソウルブレイカーは遠距離攻撃と属性無視の魔法攻撃の両方のダメージを与える必中スキルであり、朧の影分身や空蝉で防ぐことが出来ません。
PVPにおいて、双方が相手を1確する手段を持つ場合、相手を先に発見し、先手を打つ方が勝ちます。
クローキング状態でこちらに近づけるギロチンクロスやシャドウチェイサーを相手に戦うのであれば、陽光の箱を使って索敵をするべきだったのですが、手持ちの数が10個程度と少なく、常に使い続けるわけにはいかず、隙を突かれました。
05
その場でイグドラシルの葉で生き返らせてもらい、その場で別れ、30秒後に対戦を開始する事になりました。
06
2回戦目は陽光の箱を使い続け、常に相手を見える状態にします。
そのかいあってか、クローキング状態の相手を発見できました。
07
慌てて、相手に近づき、無茶投げを試みますが、建物の隙間に逃げられます。
画像では伝わにくいと思いますが、明らかにこちらの攻撃を意識した動きであり、1回戦目でなかなか相手が見つからなかったのも頷けました。
実は7月の対戦時に、ワンダラーを使う同じ相手と対戦した際、無茶投げで相手を倒していました。
そういう経緯があり、こちらの戦術も知られていました。
08
09
こちらも建物の隙間に入り、相手を追いかけますが、入れ替わりに相手も外に出てきて、空振りに終わります。
10
無茶投げでする暇もなく、再びソウルブレイカーで倒されてしまいました。
11
12
13
対戦が終わった後、少し雑談させてもらいましたが、お互いに相手を1確する事を念頭にスキルの選択をしていることが分かりました。
相手を1確出来るのであれば、先手を取れば必ず勝つので、この選択は考えればそうなるだろうという感じがしました。
複数回、相手を攻撃して倒すという戦術はこちらが相手の攻撃を複数回受けても死なないという確信がない限り、取ることは出来ません。
相手に魔法攻撃のスキルが存在するか、その可能性がある場合(例えば、クローンスキルを持つシャドウチェイサー)は無茶投げで相手を1確することが必要になります。
同じようにギロチンクロスの立場からするとソウルブレイカー以外のスキルは、朧は空蝉、影分身で無効化できる為、それ以外の選択肢が事実上ない事が分かりました。
今回の敗因は私が陽光の箱を十分な数を持たなかったからです。陽光の箱の数が心許ない物であったがゆえに、使うべき時に使うことが出来ず、相手に先手を取ることを許してしまいました。
過去に戦った相手や初戦であっても、このブログを読んでいる方には私が取るであろう戦術は明らかなので、その隙間を埋める対策が必要だと感じました。
こういった駆け引きは実際にPVPをやる以前から始まっていて、そこにMMORPGの対人戦の面白みがあると思っています。1回戦の索敵は5分以上に渡る物でこちらも消耗したのですが、相手も同じように消耗している事が雑談から分かったので、こちらが十分な数の陽光の箱を持っていれば、相手がじれて動き出すのを待つという戦術も取れた筈です。
FPSや格闘ゲームのように純粋に戦技を競うゲームと比較すると、事前の準備を含めた駆け引きの部分は邪道だと思われかねませんが、そういった準備や思惑の読み合いも含めた戦術を追求するのがMMORPGに於ける対人戦だと考える次第です。
次はもっと上手くやれないか追求を続けたいと思います。
余談ですが、魔法職に対する対抗策は無茶投げで充分だと思っているのですが(1回スキルを使う度に100KのZenyを消費するというとんでもないスキルなのですが…)、ゴーストリングカードの所持者に対する有効な戦術は未だに構築できません。
可能性があるとしたら、属性攻撃付きの苦無を使った八方苦無の連打だと思いますが、対戦前にゴーストリングカードの所持者である事を知る事が出来なければ、この戦術を使うことは出来ません。
当て推量で、エンジェリングカードで鎧に聖属性を付与している可能性が高いルーンナイトの時のみ無属性のトビウオを使い、それ以外の時には烈火の苦無などの属性が付与される苦無を使うのも手かもしれません。
物理攻撃命中時、一定確率で武器に念属性を付与する純白なマーチングハットというアイテムもありますが、これも決め手に欠きます。
多分、ゴーストリングカードの所持者に対する対抗策を編み出すのが、朧のPVPの最後の課題になるのかもしません。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。相変わらず、PVPを偶にやっています。今回はギロチンクロスの方と対戦しました。その結果をレポートにまとめます。
対戦場所はヨーヨーモードのイズルードです。今回は相手が先に入場し、その30秒後に私が入場した時点で対戦を開始する事で話がまとまりました。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。

ヨーヨーモードのイズルードに入場します。入場前に「十六夜」、「幻術 -残月-」、「空蝉」、「影分身」、「土符:剛塊」などのバフのスキルを掛けておきました。
01
十六夜 [KO_IZAYOI] 影狼朧スキル - 忍者wiki

幻術 -残月- [OB_ZANGETSU] 影狼朧スキル - 忍者wiki

空蝉 [UTSUSEMI] 体術系列スキル - 忍者wiki

影分身 [KAGEBUNSHIN] 体術系列スキル - 忍者wiki

土符:剛塊 [KO_DOHU_KOUKAI] 影狼朧スキル - 忍者wiki

この時の装備はこんな感じです。
02
後々の対戦に差し支えるので、詳細なエンチャントの公開は控えますが、ディーヴァ装備はプレイヤー(人間・中型・一般モンスター)にも有効な中型や一般モンスターへのダメージが引き上げられるエンチャントが付与されたものを使っています。
また、攻撃速度1,2が付いたブラディウムイヤリングを装備し、両手に武器を持った状態でもASPDが190以上になるように調整しています。

索敵を開始すると同時に、陽光の箱を使用し、ハイディング状態の相手を見えるようにします。厳密に言うと、ハイディング状態とクローキングは色々と違うのですが、説明が面倒なので、この記事ではハイディングで統一します。
兎も角、相手を見つけた以上、先手を取る事にしました。
03
相手の火力が分からない為、初手から「無茶投げ」を使用します。「無茶投げ」は朧が取る事が出来る遠距離物理攻撃スキルです。忍者の「銭投げ」の上位互換のスキルであり、Zenyを消費して大ダメージを与えます。非常に強力であり、「銭投げ」と違い、PVPやシーズモードでもダメージが減少しません。スキルの最高レベルであるレベル10では、1回使用する度に、100KのZenyを消費し、5~10万のダメージを相手に与えます。
今回は合計66000のダメージが出ました。無茶投げはレベルによって、HIT数が上下します。レベル10の場合は10HITです。
これだけのダメージが出れば、前衛職でも1確する事が可能です。

無茶投げ [KO_MUCHANAGE] 影狼朧スキル - 忍者wiki
http://mohige.sakura.ne.jp/Ninja/index.php?%B1%C6%CF%B5%DB%B0%A5%B9%A5%AD%A5%EB#f9901ed9
04
続いて、2回戦を行う事になりました。その場で分かれて、30秒後に対戦開始です。
05
今回も陽光の箱を使用し、相手を見つけます。前回と同じく、「無茶投げ」を使用しますが、避けられました。
「無茶投げ」は必中ではない為、当たらない事もあります。その場から離脱し、「無茶投げ」が再び使用できるまで時間を稼ぎます。「無茶投げ」の再使用待機時間は10秒です。
06
「無茶投げ」が使用できるまで時間を稼ぎ、接近してきた所を「無茶投げ」で倒します。
07
3回戦目もやりましたが、真剣にPVPをやる雰囲気ではなくなってきたので、適当な所で決着を付けました。
08
09
今回対戦したギロチンクロスの方は実は知り合いでした。対戦が終わった後、しばらくの間、話し込んだりしました。ブログの閲覧者の方がPVPの対戦をしてくれる事も偶にあります。PVPをやっている事はブログで公言しているので、そういう事もあって当たり前なのですが。
無茶投げをPVPで使った回数はまだ少ないのですが、コストはかかりますが非常に有効である事が分かりました。
射程が11セルと魔法とほぼ同じである為、魔法職相手に対等に戦えるという意味は小さくありません。また、地面指定の範囲攻撃である為、ギロチンクロスやシャドウチェイサーの様に身を隠して移動し、そのまま攻撃できる職相手でも陽光の箱と組み合わせれば、攻撃することが可能です。
威力も大きいので、後衛職ならほぼ確実に1確できるという事も安心できる材料です。
ただ、1回使う度に100KのZenyを消費するのはやはり痛いです。風魔手裏剣 -乱華-や八方苦無で攻撃できる相手には、そういったスキルで挑んでいきたいです。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。ラグナロクオンラインのアカウントはIDとパスワードで認証を行っていますが、昨今の事情を考慮すると些か不安があります。
IDとパスワードは使い回しているユーザーも多く、一旦、どこかのサービスから流出すると、流出したID、パスワードで他のサービスへのログインを試みるリスト型の攻撃などには対処が難しいのが現状です。
その為、ガンホーもワンタイムパスワードなどのセキュリティの強化策を実施しており、これらを実施するとプレイヤーにも恩恵があるように配慮しています。

セキュアログインボーナス|システム|ゲームガイド | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

OTPを使えば毎日の冒険がもっと快適に!「OTPログインボーナス」パワーアップ!| ラグナロクオンライン公式サイト

ワンタイムパスワードは上記のリスト型の攻撃には有効な対策です。
もっとも、セキュアな反面、ワンタイムパスワードを生成しているスマートフォンが破損した場合の対処が面倒なのですが…
手元のスマートフォンが壊れた場合でも、電話番号さえ維持できていれば、電話認証でワンタイムパスワードの設定解除が行なえます。これを行えば、スマートフォンが壊れたのでログインできないという事態から逃れる事が可能です。
また、登録した電話番号が利用できない場合ですが、ワンタイムパスワード解除専用フォームから問い合わせを行うことになります。この際、申請を行う人間の住所、氏名等の個人情報とワンタイムパスワード解除の手続きを申請したアカウントの個人情報が一致しない場合などはガンホーは対応を拒否するので、注意が必要です。
例えば、アカウントに登録された個人情報が虚偽のものである場合などは、ガンホーがワンタイムパスワード解除の申請を行った人物とアカウントの所有者が同一人物であると確認することが不可能なので拒否されます。
ワンタイムパスワードを利用する場合、電話番号は維持するか、引っ越しなどで住所等の個人情報が変わる場合は内容が矛盾しないように最新のものに保つことが重要です。

≪再更新≫【重要】OTP(ワンタイムパスワード)の認証システム変更に関する重要なお知らせ - ガンホーゲームズ-無料で遊べるオンライン遊園地!

ワンタイムパスワード解除専用フォームに問い合わせる前に 

前述のような面倒臭さはあるものの、これらの対策を行う事で週に1回貰える防壁強化コインはそれなりに価値があります。
防壁強化コイン2枚で入手ができる防壁強化の証(シルバー)があれば、指定のNPCを通じ、ワールド内に点在する都市に瞬時に移動できるなど、非常に便利です。
証を使用した後、NPCを利用できる期限は1週間らしいので、都市転送などが使えるシルバー以上の物を使うのが良さそうです。

アカウントハッキングとは | アカウントハッキングについて | サポート | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

被害にあってしまったら | アカウントハッキングについて | サポート | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

またアカウントハッキングの被害にあった場合、これらの対策を行っていない場合はゲームデータの救済は行わない、とガンホーは明言しているので、上述のような面倒臭さはあるにしてもやった方が良いと思います。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。今更ですが、兜中段であるグラスに対して、スロットエンチャントが出来ることを今更知りました。
しばらく前のアップデートである為、今まで見落としていました。
結論から言うと、手数料15M、ヨルムンガンドの花10個(Breidablikサーバの相場で1.5M)でエンチャントを試みる事が出来るらしいですが、必ず成功するわけではないみたいです。
いつの間にかアップデートがされたのか、暴徒のスカーフとセットで装備すると追加効果があり、非常に強力になっています。
グラス[1]はBreidablikサーバの相場で450M程度の値段で取引されているので、16M程度でエンチャントが出来るのなら、もっと値段が下がる筈と思ったのですが、案の定でした。エンチャントの成功率はかなり絞られているのでしょう。

グラス - RO-MA [ラグナロクオンライン アイテム データベース/逆引き]

スロットエンチャントのやり方|装備品強化|システム|ゲームガイド | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

スロットエンチャント可能なアイテム|装備品強化|システム|ゲームガイド | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

「スロットエンチャント9th」兜中段3種類のアイテムがスロットエンチャント可能に!| ラグナロクオンライン公式サイト

もっとも、エンチャントの成功率は公表されていないので、思ったよりも高い値に設定されていて、大多数のプレイヤーはそれを知らないだけという可能性もないとは言い切れませんが、2015年末にグラスに対するスロットエンチャントが可能になった後も、スロット付きのグラスの相場が非常に高価である事を考えると、その可能性はあまり考えられません。
最近、ラグナロクオンラインの仕様について知らない事が多いことを実感し、アップデートの内容を確認しています。
ラグナロクオンラインは正式サービス開始から15年近い非常に古いMMORPGなので、アップデートの内容が長大で把握するのが困難です。
その為、情報のギャップがユーザーの間に存在します。復帰者がユーザーのかなりの割合を占めるBreidablikサーバでは、それが一番顕著に現れているのではないでしょうか。
過去のアップデートの内容を確認していけば、面白い情報が見つかるのではないかと期待しています。
実際、エクラージュのオーブの事などはアップデートの内容を確認しなければ、今も知らないままだったと思います。
これからもブログのネタを仕入れて、更新を続けていこうかと思います。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。先日に引き続き、「EPISODE:TERRA GLORIA ~ルーンミッドガッツ王国の胎動~」のアップデート内容を読み込んでいます。
今回はアップデートと共に付与されたステータスリセット、スキルリセット権についてご紹介します。
01
ステータスリセット、スキルリセット権が付与されるキャラクターは「2017年7月25日(火)定期メンテナンス開始以前に作成され、「冒険者アカデミー」まで到達したキャラクター」です。
この条件を満たしている場合、ステータスリセット、スキルリセット権が付与されます。
ステータスリセット、スキルリセットを実施するNPCはジュノーに配置された「催眠術師」です。ジュノーの座標(138,187)に配置されています。

7月25日パッチ内容について| ラグナロクオンライン公式サイト

「EPISODE:TERRA GLORIA ~ルーンミッドガッツ王国の胎動~」特設サイト|ラグナロクオンライン公式サイト

ステータスリセット、スキルリセット権は過去にも付与されていますが、実施日までにリセット権を行使していない場合でも、回数は累積せず、リセット出来る回数は1回のみと決められています。
条件を満たしているキャラクターを保有し、尚且つ、ステータスやスキルの振り直しを考えていた方はこれを機会にステータスリセット、スキルリセット権を行使してみてはいかがでしょうか。
ステータスやスキルのリセットは通常の場合、課金アイテムでしか出来ません。それが1回のみとはいえ無料になるので、権利があるのなら行使しない手はありません。
今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ