RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

カテゴリ: イベント

こんばんは。
今回、私の2019年度のROでの活動を簡単に振り返る記事を書いてみることにします。
自分のブログとRO丼の投稿を見直して、どんな活動をしていたのかを振り返ってみました。
ブログのログを確認するのは簡単でしたが、Mastodonのログを振り返るのにはツールを使わないと辛いものがあります。
Webでもログを確認できますが、1年前の投稿を遡って確認するのは少し大変です。
今回はnotestockというツールを使って、自分の過去の投稿を取得してみる事にしました。

notestock - マストドン日本語ウィキ

だらだらと書いたので、あまりまとまりがありません。
この記事を切っ掛けに、閲覧者の皆さんも今年を振り返っていただけると幸いです。
01

1. 四半期ごとのまとめ

この章では、2019年度の振り返りを行うこととします。
適当に区切らないと書きようがないので、取り敢えず、四半期(3ヶ月)毎に区切ることにしました。
それでは、1月から3月までのまとめから書き始めようと思います。

1.1 1~3月

1月に何をしていたかというと、精錬祭の仕込みに動き回っていました。
精錬祭は、例年、4月末頃に開始される低リスクで装備の精錬を行うことが出来るイベントです。
02
03
高精錬の装備は、作るのに多大なリソースが要求されるので、市場価値が高いです。
精錬祭では、それらの装備を低リスクで作ることが出来るので、ROでも屈指の金策イベントです。
精錬祭後は高精錬の装備が量産され、大量に出回るので装備の相場も下がるのですが、それを加味しても資産を増やす絶好の機会です。
精錬祭は装備を精錬するイベントなので、装備を事前に用意しないと実質的に何も出来ないということでもあります。
多少の救済措置はありますが、あまり期待できません。その為、事前の仕込みが重要になります。
正確にデータを集めたわけではないのですが、JRO内部の相場は冬になると冷え込む傾向にあると思います。
その為、精錬祭の仕込みには最適な時期です。
ペナルティ無しでの精錬に挑戦できる究極精錬のキャンペーンが始まるのも、この時期なのでいわゆるパッケージの課金アイテムの相場も下落します。
究極精錬のチケットの入手には、1万円の課金が必要な為、チケットを入手する為にパッケージを買う人が多くいます。
私は究極精錬にはこれまで参加していませんし、これからも参加するかは微妙です。
ただ、1~2月はアイテム相場が下落し、かつ、それを加速させる動きがある時期なので、4月に向けた仕込みには絶好の機会です。
その為、今年も色々と仕込みのために相場をチェックして、目を付けた装備を装備を買い込むなどの仕込みを行いました。
多分、来年も同様の動きをすることになるでしょう。

また、2月頃は攻城戦YEのテストが本格的に開始されました。
2018年9月頃のワールド倉庫実装の混乱を経ての事だったので、不安もありました。
ただ、その後の攻城戦YEの様子を見るに、2018年の時のような「そもそもゲームとして成立しない」という状況はなくなりました。
RO丼の投稿を見る限り、攻城戦YEについての投稿はゲームバランスについての意見が多くなっていると感じています。
2018年に比べれば、だいぶ改善しているので、あと一歩というところだと思います。
あとは3月14日から発売されたラグ缶2019 Aprilで、螺旋風魔の宝珠が実装されました。
このアイテムには、4~6月にかけて散々苦労させられる事になるのですが…詳しくは次章で書いていこうと思います。

1.2 4~6月

4~6月にかけては、4月23日から開始した精錬祭への対応、乱高下する螺旋風魔の宝珠の相場に振り回された時期です。
04
05
精錬祭開始から3週間はイベントに専念する必要があったので、メモリアルダンジョンに通い詰めたり、ミラクル精錬で装備を精錬したりと色々と立ち回りました。
その結果、+7 ガーデンオブエデンを7個作るなど、それなりの成果を上げることが出来ました。
正確には数えていませんが、このイベントで1.2~1.5G程度の余剰資金を作ったと思います。

その一方、出費が特に多かったのもこの時期です。
3月に実装された螺旋風魔の宝珠は、実装直後は300M程度で取引されていたのですが、一気に1G程度まで値上がりしました。
私は相場に乗り遅れた為、1個の螺旋風魔の宝珠に700Mを支払う事になりました。
それでも当時の相場よりは安値で譲ってもらっています。
螺旋風魔の宝珠は精錬祭が終わった後、500M程度に値下がりした時期があります。
しかし、6月6日にサマーパッケージ2019の情報が公開されると、再び需要が高まり、相場も900M程度に騰がりました。
その原因はパッケージに付属するフロンティアブーツという靴と螺旋風魔の宝珠の効果を合わせると、風魔手裏剣 -乱華-の再使用待機時間が0になるという強力な効果があることが判明した為です。
1個目の時は300Mで買う機会を逃して、700Mで高値掴みをしていますが、同じ間違いをしてしまいました。
2個目は500Mで買えるところを900Mで掴んでいます。
相場を読み違えたことで、合計800M程度のZenyを吹き飛ばしてしまいました。
「螺旋風魔の宝珠で影狼・朧はだいぶ強化されたので、当分はこのままだろう」と呑気に構えて、相場が徐々に値下がりするのを待っていたのですが、完全に当てが外れました。
2019年の前半は、計画的に余剰資金を作るという目的は達成しましたが、その利益の殆どを短時間で吐き出すという結果になりました。
これも一度のアップデートで状況が変わるネットゲームの常でしょう。
2019年1月には、レベルキャップの解放が予定されていますが、そのアップデートに伴い、スキルの大幅な調整が予定されています。
影狼・朧にとっては、乱華が地面指定から対象指定になるといった大きな影響が予想される調整があります。
2020年度もROを続けるつもりではいますが、バランス調整やアイテムの追加で変化する状況に、翻弄される日々がこれからも続くことになりそうです。

最大BaseLvは175から185に! レベルキャップの解放「Ragnarok Online extended update Evolution - 進化 -」で目指すはさらなる高み| ラグナロクオンライン公式サイト

1.3 7~9月

7月から9月にかけては、ボス狩りに力を入れた時期です。
これまでは朧の耐久力に難がある為、倒せないボスは多くいましたが、螺旋風魔の宝珠の入手による火力の大幅な強化、念鎧による耐久力の向上によって、これまでは倒せなかったボスにも勝てるようになりました。
06
07
この時期、新たに死神アンク、ニーズヘッグの影、ニーズヘッグ、ヴェスパーなどのボスの討伐を実行しています。
また7月前半には、S・J・アーネストウルフの討伐の為、ソロで空中要塞に通うようになりました。
ランドグリス討伐の為、オーディン神殿03に通うようになったのもこの時期からです。
この時期は蜃気楼の塔などのイベントや「EPISODE:ILUSION~禁忌の楽園~」の実装で忙しかった印象があります。
全体を振り返ると、螺旋風魔の宝珠の入手という山は越えたので、その活用法を模索する時期だったと言えると思います。

またこの時期に、Idavollに朧を作っています。
レベリングイベントである僕のドキドキ冒険記Ⅵに合わせた動きなのですが、他にも理由はあります。
私が主に活動しているBreidablikは接続人数が多く、平地やダンジョンのボス狩りの競争が激しいワールドです。
その為、ボス狩りをしてもなかなかボスに会えないという状況が続いている為、他のワールドで活動する足がかりを作り始めました。
今年はあまり活動をしなかったのですが、2020年以降、他のワールドでも本格的に活動することになるかもしれません。

あとは7月末ぐらいから、2020年度の精錬祭に向けて、資金作りを始めています。
精錬祭が終わったのは、5月の半ばなので、時期的には早いと思います。
しかし、実際の問題として、数百MのまとまったZenyを作るのは容易ではありません。
上記の通り、精錬祭の仕込みに最適な時期は12月から2月までなので、その前に資金を用意する必要があります。
そう考えると夏の終りには、資金繰りについて検討しておかないと12月の仕込みの時期に間に合いません。
具体的に何をどうしたのかは詳細を省きますが、イベントのスケジュールに大幅な変更がなければ、来年も同じような動きをすると思います。

1.4 10~12月

この時期は夏から進めてきた、ボスの攻略への試みが実り始めた時期です。
10~12月の間に倒したボスは、データルザウルス、S・J・アーネストウルフ、地下排水路ギガミックス盛りのシーラカンス、ランドグリスなどです。
09
10
11
データルザウルスを除けば、討伐のために何度も通ったボスです。
特に苦労したのはランドグリスです。上記の通り、Breidablikは接続人数が一番多いワールドなので、平地のボスであるランドグリスには会うことすら出来ない日々が続きました。
8月末くらいから、オーディン神殿 03に通い詰めていたのですが、10月下旬の討伐実現まで、実際に会えたのは3回程度だったと思います。
それも他の人に倒されてしまったり、リプレイが取れていなかったりと苦労が続きました。
S・J・アーネストウルフも討伐まで、10回ぐらい空中要塞に通いましたし、地下排水路のギガミックス盛りも同様だったと思います。
螺旋風魔の宝珠の入手の為、6月まではだいぶ苦労させられたのですが、その成果を享受した時期だと言えるでしょう。
北欧神話をベースとした世界観を持つラグナロクオンラインにおいては、ヴァルキリーであるランドグリスは象徴的なボスと言えます。
また、個人的には地下排水路のギガミックス盛りも、所属しているギルドのメンバーにレベリングのために何度も連れて行ってもらったこともあり、思い出深いコンテンツです。
昔はまともに戦うことなど不可能だったボスを、ソロで討伐できるようになったことは感慨深い思いがあります。
これからは私が人を連れて、これらのコンテンツを楽しむことも出来るかもしれません。
プレイヤーとしても、徐々にステップアップしていっていると言えそうです。

2. 2019年まとめ

2019年全体を振り返ると、1~6月までは精錬祭の仕込み、精錬祭、螺旋風魔の宝珠の入手といった「その後の為の準備」に費やされた時期だったと思います。
7月以降は、6月までの準備を活かす時期だったと総括できそうです。
実際、螺旋風魔の宝珠の入手後はそれまでは勝てなかったボスの討伐にも動き出し、ランドグリスの討伐という以前からの目標を達成する事ができました。
特にランドグリスの討伐は、実際に出会うまでの苦労が大きかったです。オーディン神殿 03には、2ヶ月ほど通い詰める時期が続きました。
通年で見るとキャラクターの強化については、ほぼ満足すべき成果が出ています。
螺旋風魔の宝珠で火力をだいぶ引き上げられましたし、装備についても兜上段を除けば、現状ではそれなりの装備が揃っています。
来年の精錬祭について気にするのは、まだ早いのですが、現状では投資のための資金も用意できたので、来年も大きな買い物をすることが出来るでしょう。
あとは2020年1月には「Ragnarok Online extended update Evolution - 進化 -」といった大型のアップデートもあるので、ゲームバランスも大幅に変わることが予想されます。
kROでは同様のアップデートが既に行われているので、参考になる情報は既に出ているのですが、それがJROにそのまま来るとは限りません。
今年の前半はアップデートの内容に振り回される時期が続きましたが、来年もそれは変わらないどころか、今年よりも激しい動きになりそうです。
アップデートによってそれまでの想定が覆り、右往左往させられるのはネットゲームの常なので仕方がないでしょう。
今年と同じように、前半の内に新たな状況への対処を終えて、後半で投資を回収できるように頑張ってみます。

最後になりますが、2019年もあと少しになりました。閲覧者の皆さんも良いお年を送って下さい。

今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。もう明日は12月ですね。
閲覧者の皆さんにとって、今年はどんな1年だったでしょうか。
01
私の場合はまぁまぁといった感じでした。ROでも螺旋風魔の宝珠の入手など、それなりに火力の充実させられたので、それなりに楽しめました。GVGにも参加をし続けていますしね。
さて、今年もそろそろ終わりなので、来年の精錬祭に向けた仕込みをしようと思います。
精錬祭とは、毎年春頃に開催されるイベントで、イベントで獲得できるポイントを消費して、低リスクで装備の精錬を行えるイベントです。
精錬値が高い装備は、追加効果を発揮できるようになる事が多いので、キャラクターの強化には絶好の機会です。
自分で使う装備を精錬してもいいですし、当然、売りに出す装備を精錬していいです。
精錬値が高い装備は高値で売れるので、資産形成の絶好の機会でもあります。
そんな精錬祭ですが、精錬する装備がないと実質的に何も出来ないイベントです。
その為、事前に装備を用意する必要があるのですが、問題はその仕込みの時期です。
ROに復帰してしばらくになりますが、これまでの経験上、ROのアイテムの相場が冷え込むのは冬の時期である事が経験的に分かっています。
また後述するアニバーサリーパッケージの販売、究極精錬などでアイテムの相場が下落する時期でもあります。
多くの人が精錬祭を意識し始める春頃には、アイテムの相場も値上がりします。
パッケージのアイテムの情報も出揃う12~2月下旬ぐらいが、仕込みの時期としては最適ではないかと考える次第です。
前置きが長くなりましたが、今回は現時点での精錬祭の仕込みへの個人的な雑感を記事にまとめてみます。

1. 今年の精錬祭の仕込みの振り返り

2019年の精錬祭には、以下のようなアイテムを用意しました。
2019年1月時点で価値が高かったガーデンオブエデンを中心に仕込みを行いました。

名称 個数
ガーデンオブエデン[1] 7
邪竜の鎧[1] 6
紫糸威胴丸[1] 1
白糸威胴丸[1] 4
ネロシールド[1] 2
魔法石の恩恵[1] 1
アビス風魔手裏剣[1] 2
ニーヴ風魔手裏剣[1] 2
ゴッズソード <強撃3> [1] 1
ディーヴァクレイモア[1] 1

2. 今年の精錬祭の結果

正確な記録はとっていませんが、+7 ガーデンオブエデンが200M程度の値段で売れたので、大体、1.2G程度のZenyを作りました。
2019年の精錬祭の後から、+7 ガーデンオブエデンの相場は顕著に下がったので、期待した程ではなかったです。
今年の精錬祭で作ったZenyは、螺旋風魔の宝珠の購入の為に吐き出したので、手元にはあまり残りませんでした。
一応、それを元手に金策をしたりしたので、来年の精錬祭用の投資用資金は手元に残っています。
思ったような成果が出せなかったのですが、全然ダメだったという程ではありません。
確か、700M程度のZenyを投入したと記憶しています。
投資の結果、1.7倍のZenyを得た事を踏まえると、可もなく不可もなし、といったところでしょうか。

3. 次回に向けた仕込み

この章では、来年も開催が予想される精錬祭に向けた仕込みについて、検討を行います。

3.1 現段階での候補

現状での候補の選定についてですが、2019年のアニバーサリーパッケージの情報が公開されていないので、まだ情報が出揃っていません。
現時点では、+7で500M程度の値段で取引されているファントムオブマスカレードが良さそうに思われます。
ただ、2019年の精錬祭より前、400M程度の値段で取引されていたガーデンオブエデンは、精錬祭の後、200Mまで相場を下げました。
その為、ファントムオブマスカレードも精錬祭の後も相場を維持するとは考えにくいでしょう。
+7 ガーデンオブエデンは現状で、200Mを切る値段で取引されています。既に市場には溢れた状態で、希少性はだいぶ薄れました。
精錬祭では、イベントで獲得できるポイントによって、精錬の回数が制限されます。
防具の場合、精錬祭で+7の物を作ろうとすると、イベントを通じて、14~16個程度が限界だと思います。
その為、なるべく価値が高く、市場の流通が少ないアイテムを精錬するのが最善の選択でしょう。
パッケージではなく、ラグ缶の装備品を精錬するべきかもしれません。
ただし、ラグ缶の装備品は供給が少なく、再販されると相場が大幅に下がるので、値段が安定しません。
最近出たアイテムでは、背徳の思念体シューズ、不調和の思念体シューズが未精錬の物が100M、+7が400M程度の値段になるので、これが良いかもしれません。
氷獄のドレスの相場も同じような感じなので、来年の精錬祭の仕込みは、パッケージではなくラグ缶が良いかもしれません。
ラグ缶のアイテムは再販による値下がりのリスクはあります。
しかし、パッケージのアイテムは安定はしていますが、精錬祭で精錬する人の数が多く、相場は確実に下がります。
そういった事情を踏まえると、次の仕込みはラグ缶のアイテムにするべきかもしれません。
去年と同じく、+7で高値で売れる装備を7個ぐらい仕込んで、余ったポイントを有効活用する為、+6でも価値がある邪竜の鎧なども仕入れておこうと思います。

3.2 アニバーサリーパッケージ2019

記事の執筆時点では、情報は公開されていません。
期待はしているのですが、あまり期待し過ぎるべきではないのかもしれません。
16thアニバーサリーパッケージの装備は、私には期待はずれな物でした。
パッケージのアイテムはラグ缶と違って、常時供給される為、あまり強力なアイテムが追加されにくい気がします。
あまり期待し過ぎると、去年のように失望させられる結果になるかもしれません。
情報が公開されていない現状で、あまり気を回しても仕方がないでしょう。
12月に情報が公開される予定だそうなので、多分、来週の火曜日には何らかの告知がされるのではないでしょうか。

3.3 2020年度 究極精錬

究極精錬とは、精錬に失敗してもペナルティが一切ない究極精錬に挑戦できるイベントです。
2019年はキャンペーンのイベントが1月末から2月上旬に行われ、2月下旬から3月末までイベントが実施されました。
キャンペーン期間中にラグナロクネットストアで1万円の商品を購入するとチケットが1枚付与されます。
究極精錬に参加するチケットは1万円で1枚入手が可能です。チケットを得られる枚数に上限はないそうです。
ペナルティが一切ない精錬を試みる機会なので、+8や+9の装備を作るために楽しみにしている人も多いでしょう。
私はこれまでの所、参加していません。次も参加するかというと微妙だと思います。
以前も記事で書いたのですが、螺旋風魔の宝珠、花吹雪、フロンティアブーツのセットで、朧の火力はだいぶ強化されました。
+9 ブルート風魔手裏剣もコストパフォーマンスを考えると、上記のセットに対抗できるか微妙な所です。
私は参加はしないと思いますが、このイベントはアイテムの相場に大きな影響を与える為、無視できません。
究極精錬のチケットの入手には、1万円の商品の購入が必要になるのですが、かなりの割合の人がパッケージの購入を選択する様です。
パッケージの値段は1万円の物が多く、付属するアイテムの相場も安定していて、計算が立ちやすいのが理由でしょう。
その為、究極精錬のキャンペーン後、パッケージのアイテムが市場に大量供給されます。
場合によっては、3割程度、相場を下げる事があります。
JROでは、冬の時期は相場も冷え込む為、Zenyを持っている側が有利です。
まだ先の話ですが、精錬祭の仕込みの為、イベントの開催時期は確認していこうと思います。

4. まとめ

今回は精錬祭の準備について、記事にまとめみましたが、いかがだったでしょうか。
ROではキャラクターの強さを決めるのに、装備品の性能がかなり重要な役割を果たしています。
当然、そのような装備品は高価なので、ゲーム内で入手しようとなると多額のZenyが必要です。
その為には、精錬祭などの機会を通じて、資産形成を行う必要があります。
別に精錬祭が唯一の金策の機会ではありませんが、こういったイベントを利用することも重要でしょう。
この記事が少しでも閲覧者の皆さんの参考になれば幸いです。

今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。約3週間ぶりの更新になります。
精錬祭も終わりましたが、閲覧者の皆さんは成果はいかがだったでしょうか。
今回は私の精錬祭の成果とそれによって可能になったGVG装備の改善案を検討していこうと思います。
相変わらず雑な記事ですが、最後までお付き合いいただけると幸いです。
01

1.精錬祭の結果

1.1. 精錬祭の主な成果

精錬祭の主な成果は以下の通りです。

他にもディーヴァシューズなどを大量に+4まで上げたりしていますが、あまり細かく書いても煩雑になるので、これぐらいにしておきます。

名称 個数 売却するか 希望売却価格 合計
+7 ガーデンオブエデン[1] 7 6個まで 400,000,000 2,400,000,000
+6 邪竜の鎧[1] 6 30,000,000 180,000,000
+6 紫糸威胴丸[1] 1 25,000,000 25,000,000
+6 白糸威胴丸[1] 4 25,000,000 100,000,000
+6 ネロシールド[1] 2 14,000,000 28,000,000
+7 魔法石の恩恵[1] 1 不可 - 0
+6 アビス風魔手裏剣[1] 2 不可 - 0
+6 ニーヴ風魔手裏剣[1] 2 不可 - 0
+6 ゴッズソード <強撃3> [1] 1 不可 - 0
+6 ディーヴァクレイモア[1] 1 不可 - 0

総計
2,733,000,000

表を見ていただけると分かる通り、+7 ガーデンオブエデンが価値の大半を占めています。
他のアイテムはおまけみたいな物です。
精錬祭の前に入手したアイテムはほぼすべて精錬できたので、この結果は成功と言って良いでしょう。
特に+7 ガーデンオブエデンの精錬に成功したのは大きかったです。
これでこれまで計画してきた様々な事柄に関して、実現の道筋が立ちそうです。この事については2.で後述します。

1.2. 成果物の処分について

成果物の処分ですが、7月ぐらいから動こうと思っています。
今は精錬祭が終わってから時間が経っていないので、装備品の値段は全体的に値下がりしています。
+7 ガーデンオブエデンも250M程度の値段なので、売り急ぐのは得策とは思えません。
+7 ガーデンオブエデンの相場が時間の経過とともに元の値段に戻っていくのかは、今後のサマーパッケージ2019やラグ缶で追加されるアイテムにも左右されるので、何とも言えません。
ゲームバランスを考慮すると、ガーデンオブエデンを不要にするような強力な装備はそう簡単には追加されないと思ってはいます。
これはRO運営チームの胸三寸で決まるので、ユーザーの立場では確かな事は言えません。
手っ取り早くZenyを手に入れたい気持ちもあるのですが、今すぐ手に入れなければならない物もないので、少し時間を掛けてみようと思います。
精錬祭の成果物の処分はまだこれからなのですが、目論見通りの価格で処分できても、すべてを装備品に注ぎ込めるかは微妙です。
来年の精錬祭までに、数百Mの収入が確実に見込めるわけではないので、最低でも500M程度は投資用の資金として温存するべきでしょう。
精錬祭がまだ終わったばかりなのに気が早いとおもいますが、準備はしておこうと思います。
といっても、精錬祭が確実に来年も開催されるという保証はありませんし、そもそも私自身がROを続けられる状況にあるのかも分かりません。
未来を予想することは難しいので、あまり細かく心配しても、無駄でしょう。

2. GVG装備改善

現状のGVGでの装備はこんな感じです。弱い装備ではない筈ですが、色々と妥協が入っています。
現状をベースに装備の改善案を検討してみます。
02

2.1. 装備改善案

1.1.で書いた通り、精錬したアイテムを希望する価格で処分できれば、2.7G程度の収入を見込めます。
この予算の枠内で出来る装備の改善案を検討します。

まずは螺旋風魔の宝珠を2個に増やすことが得策でしょう。
強化されるのは「風魔手裏剣 -乱華-」などの特定のスキルに限定されますが、これだけで乱華のダメージは40%ほど上がります。
サイズ補正を無効化しても、ダメージの上昇は30%程度に留まる場合もあるので、かなりの強化と言えます。

次にやりたいのは+9 ドレイクコートにゴーストリングカードを挿すことです。
+9 ドレイクコートは手元にあるのですが、イビルドルイドカードを挿して、不死鎧にしています。
ただ、実際に使ってみて分かったのですが、耐久力のない朧の場合、念鎧はGVGでの生存率をかなり引き上げてくれる有用な装備です。
今はアインヘリヤルの鎧に挿していますが、いずれ、ドレイクコートにゴスを挿そうと思っています。
手元のドレイクコートからカードを剥がす場合、迷宮の魔力結晶か特選ネコ缶(マグロ)を用意する必要があるでしょう。
或いはドレイクコートを売って、それを元手にまっさらな+9 ドレイクコートを調達するという方法も考えられます。
どんな手段を選ぶにしろ、一定のリスクとコストを負担することになりそうです。

スキル強化、サイズ補正無効化が達成できた後、どうするかは未定です。
リス耳フード帽を+9にしようと考えていたのですが、既に+7のリス耳とブルート風魔手裏剣でDEF無視は95%に達しています。
+9 リス耳で攻撃速度を上げることで、八方苦無を秒間回数を増加させ、火力を更に引き上げる…といった方向も検討していました。
ただ、螺旋風魔の宝珠が出てから、乱華を高速で連打できるようになったので、八方苦無の価値は相対的に下がっています。
場合によっては切っても良いかもしれないと考えています。
DEF無視については、リス耳フード帽ではなく、黒糸威胴丸で取るという考えもありますが、サイズ補正無効化が課題です。
別に+9 クイーン・アンズ・リベンジと+9 黒糸威胴丸の組み合わせも良さそうですが、兜上段の装備は有用な装備が追加される傾向にあるので、サイズ補正無効化の為に選択肢を減らしたくありません。
TWOカードがあれば、アクセサリでDEF無視が取れますが、4G程度で取引されているカードであり、手が出ません。
螺旋風魔を使う関係から、鍛冶師の手甲も選択肢から外れます。
物理型の朧で乱華を強化するとなると、用心棒のスカーフと螺旋風魔の宝珠はほぼ必須と言えるでしょう。
そうなると装備の選択肢はどうしても限られたものになります。
長々と書いてきましたが、現時点の資産の状況を考えると上に書いた以上の強化は難しいかもしれません。

3. まとめ

今回の記事は以上です。精錬祭の間、結構無理をしたのでブログを更新する気力がなかなか回復しませんでした。
精錬祭が終わったことで、今年最大の金策イベントは終わったことになります。
来年まで資産を大幅に増やす機会はないでしょうから、今後、数ヶ月の立ち回りが装備の選択の幅を左右するでしょう。
相場の動きを予想することは難しいのですが、去年よりかは上手く立ち回れる様に努力してみます。

今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。
2019年の精錬祭も4月23日に迫り、閲覧者の皆様も準備に余念がないのではないでしょうか。
今年も備忘録として、精錬祭に関する要点をまとめた記事を作成することにします。
01
といっても、内容は2018年精錬祭備忘録とほぼ変わりません。
去年までの情報をまとめたものになるので、実際の精錬祭とは仕様が違うかもしれません。
あくまでも現時点での情報をまとめた記事であることにご留意下さい。
細かな仕様変更はあるかもしれませんが、大筋ではイベントの流れは変わらないでしょう。
その為、この記事の情報も一応使えるものにはなっていると思います。
仕様が変わった部分については、値などを新しい情報に置き換えて読んで下さい。

1.この文書作成の目的

この文書は2018年の精錬祭りで効率良く精錬が行えるように、個人的な備忘録として、イベントで重要と思われる点をまとめた物である。
あくまでも個人的に作った備忘録に過ぎず、イベントの内容を網羅する物ではない。トレジャーハントなどの精錬にかかわらない情報は取り扱わない。

2. 精錬祭りのポイントについて

イベントの進行に必要なポイントの入手はメモリアルダンジョンに行き、所定のフラグを立てた上で進行役のNPCに報告すると得られる。
1日1回、報告の際に指定したメモリアルダンジョンの獲得ポイントの数を1つだけ10倍にすることが出来る。
例えば、チャールストン工場(獲得ポイント400)と空中要塞(獲得ポイント250)をクリアした状態で、チャールストン工場のポイントを10倍にして進行役のNPCに報告した場合、獲得できるポイントは4250になる。
各メモリアルダンジョンで獲得できるポイントについては、「4. 対象となるメモリアルダンジョン」に記載する。
精錬祭りの各種NPCが提供するサービスを利用するのには、ポイントを消費する必要がある。
基本的にポイントは精錬で消費することが無難である。
例年通りであれば、1キャラクターが所持できるポイントの上限は10,000である。
1アカウントに作成できるキャラクター数は13なので、1アカウントで最大130,000のポイントを所持出来る。

2019年から季節イベントの仕様が変わることがあったので、上記の仕様は変更の可能性が高い。
メモリアルダンジョンに通って報告という基本的な形は変わらないだろうが、1キャラクターがメモリアルダンジョンをクリアすれば、全キャラクターにポイントが付与されるといった仕様変更があるかもしれない。
その場合、1アカウントで保持できるポイントの最大値も、110,000程度になるなどの影響があることも考えられる。

3. ミラクル精錬の日時

精錬祭りの実施期間は22日間である。
4月23日の定期メンテンス終了から5月14日の定期メンテンス開始までがイベントの期間である。
例年通りであれば、3日毎にミラクル精錬を試みることが出来る。
ミラクル精錬とは、イベント期間中のみに行える失敗しても装備が失われない特別な精錬を指す。
ミラクル精錬の実施日は、例年であれば合計で7日間。イベントの開始日、最終日には必ずある。

3.1 ミラクル精錬で期待できる成果

イベント期間中、ミラクル精錬の機会は7日間である。
1アカウントで保持できる最大ポイントは130,000。
防具の精錬値を7に上げるのに必要なポイント数は約55,000程度。
1つのアカウントでミラクル精錬を最大限活用した場合、精錬値が7の防具を16個程度作ることが期待できる。
精錬値が8を超える装備の作成は、非常に困難である為、精錬値は7に抑えておくことが無難かもしれない。

4. 対象となるメモリアルダンジョン

精錬祭りの対象となるメモリアルダンジョンは以下の通り。

メモリアルダンジョン名 幻燈鬼の休憩時間 レベル制限 前提クエスト クエストスキップの可否 必要な石片の数 ポイント報酬量
エンドレスタワー メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv50以上 - - - 1000
オークの記憶 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv30~80 - - - 100
ニーズヘッグの巣 メモリアルダンジョン再入場時まで - 「守護者」クエスト 175 360
封印された神殿 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv75以上 - - - 200
霧の森 入場してから5回目のAM5:00 - 「異世界」クエスト 5 100
暗黒時代の記憶 入場してから3回目のAM5:00 BaseLv30~150 - - - 300
暴窟王の洞窟 メモリアルダンジョン再入場時まで - - - - 600
禁忌の研究所 メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv90以上 「レッケンベル社の噂」クエスト - 500
バコナワの棲み処 メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv140以上 「バコナワの伝説」クエスト、「消えた住民とバコナワ」クエスト 45 360
闇のビョンウンゴ病院2階 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv100以上 「新任看護師と病院」クエスト 40 200
ブワヤの巣 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv130以上「森の中の秘密」クエスト - - - 200
古のグラストヘイム 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv130以上 - - - 200
古のグラストヘイム(ハード) 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv130以上 - - - 250
サラの記憶 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv85以上 - - - 200
フェイスワームの巣 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv140以上 - - - 250
ゲフェン魔法大会 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv90以上 - - - 50
魔神の塔 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv70以上 - - - 100
フェンリルとサラ 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv120以上 - - - 200
飛行船襲撃 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv70以上 - - - 100
呪いの剣士 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv100以上 - - - 100
ホラーおもちゃ工場 メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv110以上 - - - 250
ビオスの島 入場してから1回目のAM5:00 BaseLv140以上 「フレイムヴァレーへの道」クエスト - 200
モルスの洞窟 メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv140以上 「モルスの洞窟」クエスト - 200
魔神殿 入場してから1回目のAM5:00 BaseLv140以上 「モルスの洞窟」クリア - - 300
悪夢のジターバグ メモリアルダンジョン再入場時まで 3次職、影狼、朧、リベリオン、限界突破したスーパーノービス - - - 250
中央実験室 メモリアルダンジョン再入場時まで 3次職、影狼、朧、リベリオン、スーパーノービス(限界突破) - - - 100
最後の部屋 メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv140以上 「ファンタスマゴリカ」クエスト、「地下遺跡アドベンチャー」クエスト - 300
チャールストン工場 入場してから5回目のAM5:00 3次職、影狼、朧、リベリオン、スーパーノービス(限界突破) - - - 400
地下排水路 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv40以上 - - - 100
永劫の戦 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv9以上 - - - 250
真昼の弦月 入場してから5回目のAM5:00 BaseLv70以上、またはBaseLv99以上 - - - 250
空中要塞 入場してから1回目のAM5:00 BaseLv150以上 「七王家とユミルの心臓」クエスト - 250
過去の儀式の間 メモリアルダンジョン再入場時まで - 「七王家とユミルの心臓」クエスト - 360
ハートハンター軍事基地 メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv160以上 「テラグローリア」クエスト - 300
ヴェルナー研究所中央室 メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv170以上(限界突破したスーパーノービスはBaseLv160) 「テラグローリア」クエスト - 600

取得できるポイント量は2018年度の数字である。
ネコリンの秘密研究所を除く、すべてのメモリアルダンジョンが対象。
入場にクエストのクリアが必要なメモリアルダンジョンは12個。

4.1 前提クエストをスキップ出来るメモリアルダンジョン

前提クエストをスキップ出来るメモリアルダンジョン 不思議な石片
ニーズヘッグの巣 175
霧の森 5
バコナワの棲み処 45
闇のビョンウンゴ病院2階 40

4.2 前提クエストをスキップ出来ないメモリアルダンジョン

前提クエストをスキップ出来ないメモリアルダンジョン
禁忌の研究所
ビオスの島
モルスの洞窟
最後の部屋
空中要塞
過去の儀式の間
ハートハンター軍事基地
ヴェルナー研究所中央室

4.3 獲得できるポイントが多いメモリアルダンジョン

獲得できるポイントが多いメモリアルダンジョン 幻燈鬼の休憩時間 レベル制限 前提クエスト クエストスキップの可否 必要な石片の数 ポイント報酬量
エンドレスタワー メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv50以上 - - - 1000
ニーズヘッグの巣 メモリアルダンジョン再入場時まで - 「守護者」クエスト 175 360
暗黒時代の記憶 入場してから3回目のAM5:00 BaseLv30~150 - - - 300
暴窟王の洞窟 メモリアルダンジョン再入場時まで - - - - 600
禁忌の研究所 メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv90以上 「レッケンベル社の噂」クエスト - 500
バコナワの棲み処 メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv140以上 「バコナワの伝説」クエスト、「消えた住民とバコナワ」クエスト 45 360
魔神殿 入場してから1回目のAM5:00 BaseLv140以上 「モルスの洞窟」クリア - - 300
最後の部屋 メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv140以上 「ファンタスマゴリカ」クエスト、「地下遺跡アドベンチャー」クエスト - 300
チャールストン工場 入場してから5回目のAM5:00 3次職、影狼、朧、リベリオン、スーパーノービス(限界突破) - - - 400
過去の儀式の間 メモリアルダンジョン再入場時まで - 「七王家とユミルの心臓」クエスト - 360
ハートハンター軍事基地 メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv160以上 「テラグローリア」クエスト - 300
ヴェルナー研究所中央室 メモリアルダンジョン再入場時まで BaseLv170以上(限界突破したスーパーノービスはBaseLv160) 「テラグローリア」クエスト - 600

今回の記事は以上です。前述の通り、去年の精錬祭の記事に2018年度精錬祭の情報を付け加えただけの新鮮味のない内容です。
記事で書いた通り、イベントの基本的な流れは変わらないと思いますが、ポイントの付与などの仕様は変わる可能性は高いのではないでしょうか。
精錬祭も近いので、取り敢えず、備忘録代わりに記事をまとめてみました。
精錬祭では、私は以前から仕入れてあったガーデンオブエデンなどのアイテムを精錬し、資産形成を試みようと思います。
今年の精錬祭は連休期間中と重なるので、去年よりも楽ではあるでしょう。
精錬祭の期間中は忙しくなるので、イベントが終わるまではブログの更新はしないかもしれません。
年に一度の金策イベントなので、上手く立ち回れるように努力してみます。

今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。今回は2019年の精錬祭に向けた仕込みの記事を書こうと思います。
実はRO運営チームのインタビュー記事が発表されているので、それについて書こうと思っていました。
01
1月にその年の主要なアップデートの計画を公表するのは、もう恒例になりつつありますね。
GVGに関しても色々と書かれているので、記事を書くつもりだったのですが、どうにも筆が重く記事が書けませんでした。
インタビュー記事のまとめは、また今度書いてみることにします。

1. 精錬祭の仕込み

過去の記事でも書きましたが、究極精錬キャンペーン開始に伴い、私も精錬祭向けの仕込みに動いていました。
今週の日曜日にブログを更新しなかった理由は、その仕込みの為に動き回っていたからという側面もあります。
実際には、ただ筆不精なだけなのですが…それは兎も角として、精錬祭の仕込みはほぼ終わりました。
具体的に何をしたかというと、ガーデンオブエデンを5個調達しました。
次からはその理由などについて記述します。

1.1 ガーデンオブエデンの調達と値上がり

究極精錬キャンペーンの後は露店にパッケージの課金アイテムが売られるようになるので、その動向は注視していました。
15日のキャンペーン開始後から相場をチェックし続けていたのですが、ガーデンオブエデンの値段は下がるどころか、値上がりする傾向にあり、完全に当てが外れました。

1.2 ガーデンオブエデンの値上がりとして考えられる理由

15日のキャンペーン開始前後は100M程度の値段で推移していたのですが、じりじりと値上がりを続け、今は130M前後の値段で取引されています。
値上がりの原因は需要に対して、出品が少ないからだと思っています。
Unitrixなどで大雑把に調べてみたのですが、ガーデンオブエデンは15日以降、90件程度しかUnitrixに捕捉されていないのですが、サマーパッケージ2018の剛勇無双の紋帽子は250件以上と大量に供給されています。
この数字はあくまでもUnitrixに捕捉された数字なので、実際の数はそれよりも多いのでしょう。
何にせよ、ガーデンオブエデンの出品が少ないことに変わりはありません。

1.3 それでもガーデンオブエデンを選択した理由

ここ数日、ガーデンオブエデンの値上がりを受けて、精錬祭の仕込みの対象のアイテムを変更する事も考えたのですが、結局、ガーデンオブエデンを調達することにしました。
その理由は剛勇無双の紋帽子などのアイテムは大量に市場に流れているので、+7まで上げても期待したほどの高値では売れないのではないかと思っているからです。
剛勇無双の紋帽子は過去の実績では、+7の物が500Mを超える値段で取引されているのですが、究極精錬の後でもこの値段を維持するかは微妙なところだと思います。
何しろ市場に大量に供給されているので、精錬祭の後は+7の物が大量に出回ると思います。そうなると値段はどうしても下がるでしょう。
また精錬祭のミラクル精錬の回数はポイントによって制限されているので、イベントを通じて、+7まで持っていけるアイテムは、防具の場合、14個程度が限界です。
そういった事情を踏まえると、精錬祭で精錬するアイテムは少しでも単価が高く、利鞘が稼げるアイテムにしたい所です。
そうなると剛勇無双の紋帽子やグレータードラクルホーンと比較して、割高であっても、ガーデンオブエデンを精錬するのが良いのではないかと考えた次第です。
もう少し値下がりする可能性に賭けて、待ってみるべきだったかもしれません。しかし、露店に放出される数が少ないことを考慮すると望みが薄いと感じました。
下手をすると更に値上がりする可能性も考えられるので、1個130M程度の値段で手を打つことにしました。
また需要に対して数が少ないということは、ガーデンオブエデンの相場は高値を維持する可能性も高いという判断もありました。
現状でも+7の物が500M以上の値段です。露店に並ぶ数の少なさを考慮すると、精錬祭直後のアイテム相場の下落する時期を過ぎれば、また元の値段に戻ると期待出来るのではないでしょうか。

1.4 サマーパッケージ2019やラグ缶等で追加されるアイテムについて

残る問題は、パッケージやラグ缶などで課金アイテムが追加されても、ガーデンオブエデンが相場を維持出来るかという点でしょう。
ガーデンオブエデンの全ての種族のMDEF無視や魔法攻撃のダメージアップなどの効果を考慮すると、ガーデンオブエデンの上位互換の装備やそれを置き換えるような強力な装備はそう簡単には追加されないのではないかと思っています。

ガーデンオブエデン[1] RO公式ツール・モンスターサーチ

ガーデンオブエデンの上位互換の装備やより強力な魔法職向けの兜を作るとなると、ゲームバランスの調整が難しそうです。
そうは言っても、つい最近、オーソリティーサンダルというアモンラーカードを挿したアプローズサンダルよりも強力なアイテムが追加されたという前例もあるので、絶対にあり得ないとまでは言い切れません。
ただ、上記の通り、ゲームバランスの調整を考えると、そういった装備はそうそう追加されないのではないかと予想しています。少なくとも、2019年の内には来ない気がします。
この判断が正しいかどうかは、時間が明らかにしてくれるでしょう。

2. 結論

結局、精錬祭に向けた仕込みとして、今年もガーデンオブエデンを選ぶことにしました。
この選択がどれだけ正しいかは分かりません。
妥当だと考えられる根拠はあるのですが、相場は生き物ですし、私の予想を超えた動きもあります。
調達の際のガーデンオブエデンの値上がりはその実例でしょう。
未来を予測することは難しいのですが、妥当だと考えられる根拠を少しでも積み上げ、正解に近い選択をしていくように努力してみようと思います。

今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ