RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

カテゴリ: ボス狩り

こんばんは。今回はボス狩りも行き詰まりつつあるので、今までに挑戦してきた中でストレート勝ちを出来ていないボスに再挑戦する事にしました。今回の標的はストームナイトです。
01
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
前回は凍結対策を施した装備品が無かった為、ストームナイトに対して、ストレート勝ちが出来ませんでした。

つまらないミスで時間を無駄にしつつも、ストームナイトを撃退してきました : RO Breidablik 日記(仮)

「ストームナイト」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

今回は凍結対策を施した上でストレート勝ちを狙います。装備はこのような感じでした。
02
エクセリオンシリーズに付与しているエンチャントはエクセリオンウィングには、<R-Water>を3つ、エクセリオンスーツには、<A-Frozen>、<A-Def>、<A-MaxHP>です。
<A-Frozen>で凍結対策をしています。
八方苦無を使うのに必要な苦無ですが、ストームナイトの属性が風4である事を考慮し、土属性の黒土の苦無を800個持ってきました。八方苦無100回分の数です。

10分ほどの索敵の後、ストームナイトを発見しました。
03
まずは八方苦無で取り巻きを片付けます。
04
土属性の八方苦無でダメージは2万以上与えられます。ストームナイトのHPは94万程度なので、手持ちの苦無で充分倒せます。
05
「ストームガスト Lv10」を使ってきましたが、エクセリオンスーツの<A-Frozen>の効果により、凍結は無効化している為、脅威ではありません。
06
八方苦無をひたすら連打し…
07
撃破しました。凍結対策さえすれば、ストームナイトは怖い相手ではありません。
08
今回は特に危なげなくストレート勝ちを出来ました。
以前書いた通り、そろそろボス狩りも行き詰まりつつあります。倒せる範囲の相手は大方倒してしまいましたし、その他のボスは他のプレイヤーとの競争の関係でなかなか出会えないか、会ってもとても勝てそうにないボスばかりです。
あとは1体ほどMVPボスを倒した後は、ボス狩り以外のネタを元に記事を書けないか検討中です。
といっても、新しい切り口で記事を書くにしても、ネタを探すのが難しいのですが…
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。今回はタートルアイランドのMVPボスであるタートルジェネラルを倒してきたので、その過程をレポートします。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
タートルアイランドの実装は2003年の事なので、随分、古参のMVPボスです。
タートルアイランドは実装は古いので、基本的に大したモンスターはいませんが、「タートルアイランドダンジョン 03」に150匹いるアサルトタートルだけは例外で、数の多さとDEFの高さにより、倒すのに時間が掛かり、まとまった数で攻めてられるとレベル165の朧でもきついです。
01
ボス狩りの際の装備ですが、こんな感じでした。
02
エクセリオンシリーズに付与しているエンチャントはエクセリオンウィングには、<R-Water>を3つ、エクセリオンスーツには、<A-Frozen>、<A-Def>、<A-MaxHP>です。
八方苦無を使うのに必要な苦無ですが、タートルジェネラルの属性が地2である事を考慮し、烈火の苦無を800個持ってきました。
エクセリオンウィングの<R-Water>はタートルジェネラルのウォーターボール対策です。
タートルジェネラルはレベル110、属性は地2、最大HP130万のボスです。同格のMVPボスと比較するとDEFが1894と高めに設定されているのが特徴です。

「タートルジェネラル」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

「tur_dun04:タートルアイランドダンジョン 03(久陽宮)」のMap情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

まずは索敵を開始します。フィールドやダンジョンにいるボスの場合、実際の対戦よりも索敵に時間がかかります。
特に「タートルアイランドダンジョン 03」はアサルトタートルが多数徘徊している為、数を頼みに囲まれると一方的に殴られて、テレポートでもしないと脱出できません。
そうなるとダンジョンの中をじっくりと見て回るよりも、テレポートを繰り返す形で索敵を行うことになります。
テレポートを繰り返す内に、突然、MVPボスと遭遇することもあるわけです。タートルジェネラルの索敵には20分ぐらいかかりました。
03
タートルジェネラルの取り巻きはタートルアイランドにいる亀のモンスターが多いのですが、厄介なのはアサルトタートルぐらいです。
烈火の苦無による八方苦無では、取り巻きのヒートタートルにはダメージが与えられませんが、他の取り巻きは八方苦無で倒せるので特に問題はありません。
04
取り巻きの数が多いのと属性の関係でなかなか死なないので、ダメージの数字が非常に見にくいです。もっとも、リプレイで確認した所、タートルジェネラルを86発の八方苦無で倒しているので、1発あたり15000以上のダメージは確実に与えています。
05
途中、ウォーターボールを使ってきましたが、エクセリオンウィングの<R-Water>の効果により、ダメージは受けません。
06
撃破しました。
07
タートルジェネラルがいるマップはボスそのものよりも、150匹も徘徊しているアサルトタートルの方が脅威という特異なマップです。
お陰で索敵の間は苦労しましたが、何とかボスも倒せました。
今後のボス狩りについてですが、そろそろ倒せるボスが尽きつつあります。
RSX-0806やペクソジンなど、未挑戦のボスで倒せそうな物も残っていますが、他のプレイヤーが倒しているらしく、索敵に行っても会えたことがありません。
メモリアルダンジョンのボスもパーティーで倒すという前提でステータスが設定されている物が多く、ソロで倒すのは少々辛いです。
あと1~2回やったら、その後はしばらくはボス狩りはお休みする事になりそうです。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。最近、ROをやったまま寝落ちして、早朝に目が覚めるという事が偶にあります。情けない話ですが、寝坊をしないだけマシだと思っています。
しかし、早朝に目が覚めるという事は他のユーザーがログインしていない時間に接続できる時間を作れるという事でもあるので、ボス狩りには最適だったりします。
00
今回は「沈没船 2層」のMVPボスのドレイクを早朝に撃破してきたので、そのレポートを書きます。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
ボス狩りの際の装備はこんな感じでした。
01
エクセリオンシリーズに付与しているエンチャントはウィングには、<R-Water>を3つ、エクセリオンスーツには、<A-Frozen>、<A-Def>、<A-MaxHP>です。
八方苦無を使うのに必要な苦無ですが、ドレイクの属性が死1である事を考慮し、烈火の苦無を800個持ってきました。八方苦無100回分です。
エクセリオンウィングの<R-Water>はドレイクの「ウォーターボール Lv10」対策です。

「ドレイク」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

「treasure02:沈没船 2層」のMap情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

ドレイクは「沈没船 2層」の一番奥の部屋に固定湧きするらしいです。
02
取り巻きを片付け、八方苦無を連打しますが、ダメージが思ったよりも出ません。ドレイクのHPは82万程度なので、この程度の数字だと100発当てても倒しきれません。
もっとも、ドレイクの「ウォーターボール Lv10」もエクセリオンウィングの<R-Water>で無効化しているので、相手の攻撃でこちらが死ぬこともありません。
03
しかし、苦無が尽きると流石に手詰まりになります。召喚される取り巻きは大した脅威ではありませんが、殴られるとスキルが使えません。
04
仕方がないので、テレポートで一時的に撤退する事にしました。幸い、沈没船の近くにはカプラが配置されているので、すぐに補給が出来ます。
05
補給を済ませ、再戦を挑みます。
06
再戦時は何故か八方苦無の威力が上がっていました。苦無の種類を間違えたわけではないのですが…原因は不明です。
兎も角、1発7000程度のダメージを与えられるのなら、手持ちの苦無だけで撃破できる筈です。
07
撃破しました。
08
ストレート勝ちが出来なかったのは残念ですが、こちらが死んだわけでもないので、良しとします。
これまで20回以上、ボス狩りをし続けてきましたが、そろそろ朧で倒せるボスも尽きつつあります。
これからどうするかは、まだ答えがないのですが、ボス狩り以外にもマップの散策などをやっていこうと思います。
ボス狩り以外にも色々やっていこうと思います。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。相変わらず、ボス狩りは続けています。今回はスフィンクスダンジョンのMVPボスであるファラオを倒してきましたので、レポートを書きます。
ファラオを狙った理由は、ピラミッドのオシリスを倒した後なので、次はスフィンクスに行ってみるか、といった程度の軽い気持ちからです。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
ボス狩りの際の装備はこんな感じでした。
01
エクセリオンシリーズに付与しているエンチャントはウィングには、<R-Ground>を3つ、エクセリオンスーツには、<A-Frozen>、<A-Def>、<A-MaxHP>です。
城下町の地図に付けているエンチャントは、血のニーヴ(迅速)、名誉のニーヴ(迅速)、死のニーヴ(腕力)です。
八方苦無を使うのに必要な苦無ですが、ファラオの属性が闇3である事を考慮し、無属性の苦無であるトビウオを640個持ってきました。
トビウオはマラン島特産缶詰との交換でしか手に入らない希少な苦無ですが、最近はアカウント内の全12キャラ全員がマラン島のデイリークエストをクリアできる状態にしているので、それを回して1日に360個の缶詰を手に入れるようにしています。
受けるクエストの数を増やせば、もっと缶詰が多く貰えますが、流石に面倒なので、それくらいに留めています。それでも、それなりの数が手に入る為、偶に闇属性のボスを狩るくらいの苦無は入手できます。

「ファラオ」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

「in_sphinx5:スフィンクスダンジョン B5F」のMap情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

遭遇しました。
02
まずはいつも通り、取り巻きの掃除から開始します。
03
八方苦無で与えられるダメージは1万程度でした。期待よりも少なかったですね。ファラオのHPは145万程度なので、少々厳しいです。
八方苦無1回で8個の苦無を消費するので、640個の苦無では削れるHPは80万程度です。
04
ファラオの闇属性の攻撃も結構侮れない威力でした。これは「ダークストライク Lv10」でしょうか。
05
1回戦目は敗退しました。ストレート勝ちをしたかったのですが、ちょっと見通しが甘かったです。
06
セーブポイントに帰還し、補給をした後に再戦を挑みに戻りました。
07
再び、戦います。
08
09
撃破しました。闇属性のボスは朧のソロだと、やはりきついです。数が用意できるようになったとはいえ、トビウオのコストは馬鹿に出来ません。
10
今回は何とか撃破しましたが、こんな調子では闇4のニーズヘッグの影などはとても勝てそうにないですね。
聖4のランドグリスもそうですが、朧と相性の悪い(入手が容易な火、水、土、風、毒の苦無で弱点を突けない)ボスをどうするのかは未解決の課題です。
フィールドやダンジョンにいるボスならセーブポイントから再戦を挑む事も可能ですが、メモリアルダンジョンのボスはどうするべきか、まだ答えは見つかりません。
色々、思い悩みつつ、今後もボス狩りを続けていこうと思います。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。今回は「恨みの淵」で狂信者ヒュリエルの影を倒してきたので、その過程をレポートを書きます。
プロンテラ深淵(旧市街地)から「恨みの淵」に入ります。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
狂信者ヒュリエルの影のステータスは下記のURLで確認できます。
狂信者ヒュリエルの影はレベル143、属性は火1、最大HPは122万程度のボスです。HPが若干高めですが、それ以外に特筆すべき点はありません。

データ|深淵の回廊~王城に棲まう龍~|ラグナロクオンライン公式サイト

ボス狩りの際の装備はこんな感じでした。
01
エクセリオンシリーズに付与しているエンチャントはエクセリオンウィングには、<R-Fire>を3つ、エクセリオンスーツには、<A-Frozen>、<A-Def>、<A-MaxHP>です。
エクセリオンウィングの<R-Fire>は火属性攻撃対策です。
八方苦無を使うのに必要な苦無ですが、狂信者ヒュリエルの影の属性が火1である事を考慮し、水属性の苦無である氷柱の苦無を800個持ってきました。八方苦無100回分の個数です。

メモリアルダンジョンに入り、ボスを呼び出します。
03
戦いを開始します。
04
こちらとしては予想外の事に、アースクエイクを使ってきました。こちらのHPが取り巻きの攻撃やボスの他のスキル攻撃で削られた後だったので、耐えることが出来ませんでした。
05
メモリアルダンジョン「恨みの淵」ですが、たとえ負けてもダンジョンは消滅せず、再入場が出来るようです。つまりは再挑戦する事を認めているという事です。
となれば、再戦で勝ちに持っていきたい所ですが、2回戦目は入場とほぼ同時にアースクエイクとファイアーボルトの連打で瞬殺されました。
06
続いて、3回戦目です。開幕でボスがアースクエイクを使ってきますが、スキルの範囲外にいた為、ダメージを受けません。
07
八方苦無を連打しますが、ダメージが低いです。メモリアルダンジョン入場時にマップが切り替わる際、「土符:剛塊」の効果が消滅する事が原因のようです。
メモリアルダンジョンの中で「土符:剛塊」を使用しないと効果が出ません。
08
苦無が尽きましたが、まだ敵のHPは結構残っています。こうなれば、「十文字斬り」や「風魔手裏剣 -乱華-」で戦うしかありません。
まずは「土符:剛塊」を掛け直します。
09
「十文字斬り」の連打で相手のHPを削ります。偶にファイアーボルトを食らいますが、エクセリオンウィングの<R-Fire>でダメージは受けません。
10
3回戦目では、アースクエイクの直撃を受けなかった為、とどめを刺すことが出来ました。
11
12
やはり、朧でボス狩りをする際の弱点は打たれ弱さです。朧のHPもエクセリオンスーツの<A-MaxHP>で引き上げているので、4万ぐらいありますが、それでもボスの瞬間最大の火力に耐えられない時があります。
これをどうするかは、結構、難題です。相手にこちらを攻撃する隙を与えずに八方苦無の連打などで倒してしまうか、スキルの使用を察知した瞬間のハイディングからの影跳びの連鎖で攻撃を回避するといった方法が考えられますが、実行するのは難しい場面もあり、こうするのが確実であるという答えがありません。
この問題については後回しにして、取り敢えずはイベントを楽しんでみる事にします。
あとは余談ですが、「深淵の回廊」のベースになるマップですが、宇宙空間に島が浮いているような地形なんですね。どういう設定になっているのか気になる所です。
13
地面と島の間に隙間が出来ていますが、ゲームの進行には影響が無いでしょうし、どうでもいいですね。
今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ