RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

カテゴリ: ボス狩り

こんばんは。相変わらず、ボス狩りをしています。今回の標的はストームナイトです。
もう、このレベルのMVPボスには確実に勝てるので、倒す意味合いは薄いのですが、他のボスを探しても見当たらないので偶々遭遇できたストームナイトと戦ってきました。
ボス狩りに使うキャラは、いつもと同じレベル165の朧です。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。

「ストームナイト」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

ストームナイトの攻略についてですが、他のボスと同じように八方苦無でのゴリ押し戦術で対処します。
ストームナイトの属性は風4なので、その属性の弱点を突ける土属性の「黒土の苦無」を装備し、八方苦無の使用時の属性を土にします。これで風4のストームナイトに通常の倍のダメージを与えることが出来ます。
持っていく苦無の数は960個です。八方苦無はスキルを1回使うごとに8個の苦無が必要なので、960個で120回分になります。

いつも通り、ボスの姿を求めて、「おもちゃ工場ダンジョン 02(分類所)」を彷徨います。
01

今回は8分ほどでストームナイトと遭遇できました。
02

早速、八方苦無でボスを倒そうとしましたが…ストームナイトにダメージが通っていません。実はこの時、土属性の「黒土の苦無」ではなく、風属性の「狂風の苦無」を装備していました。
これではダメージが与えられる筈がありません。
03

このミスに気付くまでに3回ほど殺されました。まったく、つまらないミスをしてしまい時間を無駄にしました。
04

このミスに気付いた後、「黒土の苦無」に持ち替え、再戦を挑みます。
05

しかし、凍らされて、あっさりと更に2回ほど殴り殺されます。以前も書きましたが、もうそろそろ凍結しない装備を整えるべきなのでしょう。
06

殴り殺されたので、一旦、セーブポイントに帰還します。
07

その後、苦無などを補給して再戦を挑みます。凍結さえしなければ、ストームナイトは、それ程、怖い相手ではありません。
08

勝利しました。
09

今回、つまらないミスでストームナイト程度の相手に手こずった事で自分に落胆しました。
あとは凍結しないように装備を整える事を真剣に考える時期が来たと思います。
マルクカードを買うか、エクセリオン装備に<A-Frozen>を付与するなどの対策を行うべきでしょう。
しかし、マルクカードもA-Frozenの設計図もBreidablikの相場で15M以上するので、色々と考えて、無駄のない投資を行いたいと思います。
ボス狩りについてですが、もっと格上のボスと戦いたいのですが、なかなか会えません。
ボスに会えるかどうかも運次第な面があり、同じようにボス狩りをしている人との競争もあって、都合のいい時に戦うというのは難しい物があります。
上位のMVPボスと戦えるように装備などを整えるのも大事ですが、上記の問題をどうするかも考えないといけませんね。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。オーディン神殿にいるランドグリスゴーストに挑みましたが、見事に完敗を喫した事は日記に書きました。
02
ランドグリスゴーストに完敗しました : RO Breidablik 日記(仮)

実を言うと、朧でボス狩りをはじめたのには、切っ掛けがありまして、過去にROのIdavollサーバで活動していらっしゃるパンダァさんのブログを閲覧した事が切っ掛けです。
私がランドグリスゴーストに挑もうと思ったのも、パンダァさんのランドグリス戦の記事の影響を受けています。

朧でボス狩り|逆襲のパンダァ ROの朧(忍者)ブログ

ランドグリス|逆襲のパンダァ ROの朧(忍者)ブログ

朧でランドグリスゴーストに完敗を喫したので、改めて、ランドグリス戦についてのパンダァさんのブログの記事を閲覧したのですが、朧でランドグリスに勝つには相当な投資がいると痛感させられました。
具体的には、鎧に聖属性を付与する「エンジェリングカード」は必須なようです。このカードはBreidablikの現在の相場では70~110Mの間で取引されていて、とてもではないが私には手が出せません。

「エンジェリングカード」のItem情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

RO公式ツール・露店取引情報

ランドグリスとその取り巻きであるランドグリスゴーストは聖属性の攻撃を連打してくるので、これを無効化しないとソロでは戦えないようです。
MVPボスを倒す為だけに、100Mの投資を行うのは可能だとしても私は躊躇してしまいます。
ランドグリスゴーストに再戦を挑むだけなら、スキルでの破壊が不可能な「ヴァルキリーアーマー[1]」に、鎧に風属性を付与する「ドケビカード」を挿せば、何とか戦えるかな…などと考えていました。
「ドケビカード」の相場も7~10M程度なので、軽い投資とは言えません。肩装備に挿せる風属性攻撃に対する耐性を30%増やせる「ダスティネスカード」辺りを使った方が鎧の選択肢が広がるので、そちらの方が使い勝手が良いかもしれません。
パンダァさんもランドグリスに挑む時は、聖属性と風属性攻撃への耐性を両立させる為に、「エンジェリングカード」と「ダスティネスカード」を併用していますし。

「ヴァルキリーアーマー [1]」のItem情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

「ドケビカード」のItem情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

「ダスティネスカード」のItem情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

ランドグリスとランドグリスゴーストは、比較的容易に倒せた今までのMVPボスとは一味も二味も違う手強い相手です。
以前の記事にも書きましたが、属性が聖4である為、火、水、土、風、毒による「八方苦無」が効かないというのは大きなハンデで、相応の対策をしないと絶対に勝てないでしょう。
以前、ブログのコメントでもアドバイスをしてくれた方がいるのですが、「猫達の定期集会」の様にまとまった数の「マラン島特産缶詰」を手に入れられるクエストを多くのキャラでこなし、無属性の苦無である大量の「トビウオ」を缶詰との交換で用意するというのも一つの対策ではあると思います。

「ランドグリス」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

「ランドグリスゴースト」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

いずれにせよ、相応の有形無形のコストを負担しなければ、戦いを挑んでも以前のように完封されて、敗北するでしょう。
ここまで手強い相手だからこそ倒すべき目標としての価値があるとも言えるので、朧のソロでのランドグリスの撃破が私がROをプレイし続ける一つの目標になりそうです。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。相変わらず、最近はレベル165の朧を使ったボス狩りを続けています。
今回はオーディン神殿にいるランドグリスゴーストに何度か戦いを挑みましたが、完敗を喫したので、その理由と対策について書いてみます。
02
まずはランドグリスゴーストの紹介から行います。

「ランドグリスゴースト」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

掻い摘んで説明すると、ランドグリスゴーストとは、オーディン神殿に出現するMVPボスであるランドグリスの取り巻きのモンスターです。
属性は聖4、HPは150万程度、ASPD、ATK、DEF、MDEFなどのステータスは非常に高く単体でもMVPボス並みの強さを持つモンスターです。
ランドグリスにはとても敵いそうにないので、まずは「オーディン神殿 02」に1体だけ出現するランドグリスゴーストに戦いを挑むことにしました。
結論から言うと、何もさせてもらえずに瞬殺されたのですが…その理由は大体3つあります。

「odin_tem02:オーディン神殿 02」のMap情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

理由1.属性が聖4である為、火、水、土、風、毒による「八方苦無」が効かない

まずはこれが一番大きい理由です。ランドグリスゴーストの属性は聖4である為、入手が容易な火、水、土、風、毒属性の苦無ではダメージを与えられません。
「八方苦無」は朧などの上位忍者が使えるスキルなのですが、自分の周囲に苦無を投げ、周囲11セルに攻撃力600%のダメージを詠唱なしで連打できる強力なスキルです。
しかし、その威力の高さからか制限もあり、一回スキルを使うのに8個の苦無を消費し、装備している苦無の属性によって攻撃の属性が変わるという特徴があります。
苦無には火、水、土、風、毒、無の属性の物があるのですが、無属性の物以外は比較的容易に入手できます。
無属性の苦無も存在しますが、入手が容易ではありません。無属性の苦無はマラン島で入手できる「トビウオ」と「スルメイカ」があるのですが、200個手に入れるのにマラン島特産缶詰が200個必要になります。
マラン島特産缶詰、トビウオ、スルメイカはユーザー間のトレードが制限されており、露店などで入手できません。
その為、マラン島のデイリークエストなどで手に入る缶詰を地道に集めるしかないのですが、ボス狩りに必要な1000~2000個といった数を揃えるのは非常に時間がかかり、困難です。
正直、「八方苦無」がボス狩りで使えないというのは非常に痛手です。以前、闇4のドラキュラと「八方苦無」無しでの戦いを強いられたのですが、その時もかなり苦戦しました。
それでも、攻撃に耐えられるのなら戦えない事はありませんがランドグリスゴースト相手では、これも無理でした。

理由2.非常に高いASPDとATKによる攻撃の連打と非常に高いDEFにより、ダメージが与えられない

まずはランドグリスゴーストのASPDとATKですが、それぞれ、172と3630~5356という、かなり高い数値に設定されていて、非常に高速で攻撃を連打してきます。
詠唱なしで連打できる「八方苦無」が使えない以上、朧の場合、相手に接敵すると同時に750%の攻撃力の二連撃を行う「十文字斬り」か、詠唱ありの「八方苦無」とも言うべき指定した地面の周囲7セルにいる敵に750%のダメージを与える「風魔手裏剣 -乱華-」で戦うしかありません。
一応、闇属性のディーヴァ風魔手裏剣を持っていたので、それで殴ればいいと思っていたのですが…
ランドグリスゴーストはスキルを使う間を与えずに攻撃を連打してくるため、詠唱ありの「風魔手裏剣 -乱華-」は全く使わせてもらえません。
そうなると「十文字斬り」でダメージを与えるしかないのですが、ランドグリスゴーストのDEFとMDEFも588、506と同クラスのMVPボスと比較しても非常に高い数値に設定されており、ダメージが通りません。
03
その上、非常に高速で殴られる為、攻撃よりも回復を優先させなければならず、そのATKも非常に高いのですぐに追い詰められます。
それでも苦無の代わりに大量の回復アイテムを積んでいるので、何とかなると思っていたのですが…

理由3.強力な使用スキルによる弱体化と一撃死

ランドグリスゴーストは他のボスと同じようにスキルを使用してきます。使ってくるスキルの中で曲者なのが、「ブレイクアーマー Lv10」と「ユピテルサンダー Lv28」です。
「ブレイクアーマー Lv10」は、文字通り、鎧を破壊するスキルなのですが、これで鎧が破壊されるとこちらのDEFが激減し、ランドグリスゴーストの素殴りでも耐えられなくなります。
あとは「ユピテルサンダー Lv28」です。これを食らうと現状の装備だと一撃死してしまいます。
04
この2つのスキルに耐えられるようにしないと、ランドグリスゴーストとは殴り合いによる消耗戦もさせてもらえず、完封されてしまいます。
05

対策

それで、この強力なランドグリスゴーストに対抗する方法を考えてみたのですが…
無属性の苦無である「トビウオ」を大量に用意し、「八方苦無」で戦うか、「ブレイクアーマー Lv10」と「ユピテルサンダー Lv28」への対策を行って、殴り合いの消耗戦ぐらいは出来るようにするという二択しかないような気がします。
無属性の苦無である「トビウオ」を大量に用意する事の困難さは上記の通り、大変な手間と時間が掛かり、「ユピテルサンダー Lv28」に耐えられるような装備品を揃える事も非常にZenyが掛かりそうで、準備に時間とZenyの両方を相当注ぎ込まないといけないと感じた次第です。
ランドグリスゴーストでもここまで強いのに、それを取り巻きにしているランドグリスに対抗するのにはどれだけの事をしなければいけないのかを考えると気が遠くなります。
もっとも、元々、パーティーで挑む前提でパラメータなどが設定されているボスやMVPボスをソロで狩ろうという事自体が異常なのですが…
ラグナロクオンラインをプレイし続ける最終的な目標が一つ見えてきた気がします。

今回はここまでにします。それでは。

こんにちは。RO内は、現在、精錬祭りで盛り上がっていますが、私はその合間にボス狩りを続けています。
精錬祭りでは、それなりの成果が出たりしているのですが、それはまたの機会に書こうと思います。
今回は蟻地獄ダンジョンのマヤーの打倒が目標です。
ボス狩りに使うキャラは、いつもと同じレベル165の朧です。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。

「マヤー」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

マヤーの攻略についてですが、いつも通り、八方苦無を使ったゴリ押し戦法を使うことにしました。
マヤーの属性は地4なので、その弱点を突ける火属性の「烈火の苦無」を装備し、八方苦無の属性を火にします。地4のマヤーに対しては、これで通常の倍のダメージを与える事が出来ます。
持っていく苦無の数は800個です。八方苦無はスキルを1回使うごとに8個の苦無が必要なので、800個で100回分になります。
毎回、ワンパターンな戦術ですが、周囲11セルの敵にATKの600%のダメージを与えられる八方苦無は、ソロで取り巻きを召喚するMVPボスと戦う場合、朧では、これが最適解だと思います。

兎に角、マヤーを倒しに「蟻地獄ダンジョン B2F」へ行ってきました。
01

索敵を開始して、1分ほど経過した際、いきなりマヤーと遭遇…ではなく、遭遇できたのはマヤパープルでした。マヤーと姿が同じなので咄嗟に見分けを付ける事は無理があります。

「マヤパープル」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.
02

マヤパープル程度なら、八方苦無を使うまでもありません。
03

取り敢えず、倒しておいて、マヤーの索敵を続けます。
04

索敵から5分後、マヤーが見つかりました。ボス狩りの際は戦う時間よりも索敵に時間を食うことが多いので、非常に幸運でした。いつもこうだと楽なのですが。
湧き時間の関係でボス狩りは空振りに終わる事も多いので、非常に嬉しかったです。
05

まずは取り巻きを片付けて、マヤーとの直接対決です。
06

火属性の八方苦無だけあって、マヤー相手にも結構良いダメージが通ります。このダメージなら80回程度、八方苦無を当てれば倒せます。
07

マヤーの攻撃もそれなりに痛いのですが、即死はしないのでホワイトスリムポーションと八方苦無を交互に連打します。
08

特に危ない場面もなく、スムーズに勝利しました。属性の弱点を突けるのなら、このレベルのボスには負けないですね。
09

このレベルのボスには大体勝てる事が分かってきたので、そろそろ、データルザウルス、アモンラー、グルームアンダーナイト辺りのもう少し格上のMVPボスに挑戦するべきだと思いました。
もっとも、こちらが対戦を望んでも湧き時間やボス狩りをしている他のプレイヤーの方との競争もあるので、戦闘だけでなく、実際に会いに行くのにも困難が伴いますが。
前にも書きましたが、MVPボスに拘らず、メモリアルダンジョンに出てくるボスと戦うのも良いかもしれないですね。チャールストン3号やサラの幻影を倒すのを目標とするのが妥当でしょうか。
精錬祭りを楽しみつつ、模索を続けてみます。
今回はここまでにします。それでは。

こんにちは。ROのサーバは精錬祭りで賑わいを見せていますが、私は精錬祭りの合間を縫って、ボス狩りをしています。
ユーザーの多くが精錬祭りに集中しているので、ボス狩りをしている人も減っていると見越しての行動です。
今回はニブルヘイムでロードオブデスと戦ってきました。このボスはドロップするアイテムもそれ程美味しくないので放置されている高いと考え、会いに行く事にしました。
ボス狩りに使うキャラは、いつもと同じレベル165の朧です。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。

「ロードオブデス」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

「彷徨う者(取巻き)」のMob情報:Rhapsody of the Ragnarok Online.

ロードオブデスの攻略についてですが、今回は八方苦無でのゴリ押しを行うことにしました。
ロードオブデスの属性は闇3で八方苦無を使うのに必要な苦無の内、入手が容易な火、水、土、風は50%しかダメージが通らず、毒属性は無効化されますが、それならば途中で苦無が尽きても補給に戻って、再戦をすればいいと腹を決めました。
朧でボス狩りをして、もう何回かになるのですが、正直、取り巻きを含めた一対多の戦いとなると、自分の周囲11セルの敵に一気にダメージを与えられる八方苦無の連打が最適解になってしまいます。
ボスとの一対一の対決なら、「影跳び」などのスキルを使ったテクニカルな戦いも出来ると思うのですが、正直、一対多の戦いではそれは難しいです。この戦術が最適解に近いと思っているのですが、どうしても単調で大味な印象は否めません。

いつも通り、索敵から開始します。
01

索敵から6分ほどでロードオブデスと遭遇しました。やはり、精錬祭りの影響でボス狩りをしている人が減っているのか、それとも元々、人気のないMVPボスなので放置されているのかのどちらかでしょう。
02

八方苦無を使うのに必要な苦無ですが、今回は土属性の黒土の苦無を使うことにしました。ロードオブデスに対しては、火、水、土、風のどれを使っても同じなのですが、取り巻きとして召喚される彷徨う者の属性が風1なので、それを効率よく片付けるための選択です。
ロードオブデスのHPは160万ほどなので、八方苦無1回で4500程度のダメージでは、356回当てなくては倒せません。
私の朧が持てる苦無の数は装備品や回復アイテムなどを考慮すると960個(重量1920)が限界です。八方苦無1回につき、8個の苦無を消費するので、最大で120回しかスキルを使うことが出来ません。
苦無を全て使い果たしても、1回戦では決着が付かない事は明らかで、ダメージの数字を見た時点で何度も再戦をする覚悟を決めました。
03

苦無を使い果たした後は「風魔手裏剣 -乱華-」で戦いましたが、まともに殴り合うと勝てません。4回ぐらい死んでセーブポイントに戻り、苦無を補給して再戦を挑むという作業を続けました。
04

死んでセーブポイントに戻されても、テレポートなどで移動しなければMVPボスはその場に留まるようなので、再戦を何度も挑めば当然倒せます。
05

ドラキュラ戦の時も思ったのですが、取り巻きを含めた一対多の戦いでは、範囲攻撃で多数の敵にダメージを与えて、一掃するのが最適解になりますが、ちょっと退屈です。
兎に角、事前に蓄積したリソースを消費して範囲攻撃をすれば勝てる、というのは分かりやすいのですが、もう少し戦術的な駆け引きがあると面白みが出てくると思います。
古典的なMMORPGであるROにそういった要素を求めるのはお門違いかもしれませんが戦術的な駆け引きも楽しみたいです。
やはり、PVEではなく、PVPの方をそろそろ再開するべきなのでしょうか。これも装備の差がキャラの性能に直結しやすいROでは下火になっていますが…
今後の事はもう少し考えてみたいです。
今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ