RO Breidablik 日記(仮)

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

カテゴリ: ボス狩り

こんばんは。今回はマラン島のメモリアルダンジョン「地下排水路」のボスである暗黒のシーラカンスを倒してきたので、そのレポートを書きます。
地下排水路は難易度によって、分岐のある幅広いレベル帯で楽しめるメモリアルダンジョンです。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
01
大きくは地下排水路お掃除ビギナー、地下排水路お掃除エキスパートの2種類に分かれ、地下排水路お掃除エキスパートの中で3点盛り、6点盛り、ギガミックス盛りの3種類に分かれます。
難易度はパーティーリーダーがNPCに話しかける事で選択出来ます。暗黒のシーラカンスは地下排水路お掃除エキスパート3点盛りのボスです。

暗黒のシーラカンスの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

地下排水路 | メモリアルダンジョン | ワールドマップ | ゲームガイド | ラグナロクオンライン 《公式サイト》

暗黒のシーラカンスはレベル120、HP580万程度、属性水2のボスです。使用するスキルはアイスブレスとウォーターアタックです。
HPは上位のボス並みに多めですが、厄介なスキルはありません。位置付けとしては中堅のボスと言えるでしょう。
この時の装備はこんな感じでした。
02
ニーヴ武器の威力を引き上げるニーヴバレッタ、ミノタウロスカードを挿した大型105のニーヴ風魔手裏剣、マルスカード挿し水属性特化のディーヴァマント、真化キマカード挿しトラペゾヘドロンシューズを裝備しました。
いつも付けているゴッズガントレットは装備し忘れました。ニーヴバレッタでATKを引き上げると同時に真化キマカード挿しトラペゾヘドロンシューズの効果でSPの回復を図ります。
ボス狩りの際、回復アイテムの消費は意外と馬鹿に出来ません。3%回復剤があればそれを遠慮なく使うのですが、今はイベントで3%回復剤が配布される時期ではないので、手持ちのアイテムで工夫する必要があります。
用心棒のスカーフを使いたかったのですが、暗黒のシーラカンスは水属性攻撃に特化している為、肩にかける物は耐性装備を優先しました。
苦無は狂風の苦無を持ってくるべき所を間違えて黒土の苦無を持ってきてしまいました。一応、水2に対しては土属性の攻撃は100%通るので致命的な間違いではありません。

クエストをこなし、暗黒のシーラカンスと対面します。
03
八方苦無の連打でHPを削ります。苦無の属性は最適ではありませんが、それでも2万弱と良いダメージが出ています。
04
HPが多い為、八方苦無だけでは倒しきれませんでした。十文字斬りの連打でとどめを刺しに行きます。
05
勝利しました。
06
地下排水路にはあまり来ないのですが、いつの間にか、暗黒のシーラカンス程度のボスなら苦もなく倒せる程度には強くなっていた様です。
地下排水路お掃除エキスパート3点盛りはこれでクリアしたので、次は6点盛り、ギガミックス盛りに挑戦してみます。
ボス狩りについてですが、色々と模索をしている最中です。フェンリルとサラのサラの幻影は聖属性攻撃に耐えられないので後回しにしてきましたが、先駆者のRO攻略ブログやYoutubeの動画を見て、聖属性攻撃に関しては安全地帯がある事が分かったので再挑戦をしてみようと思っています。
試しに行ってみたのですが、場所に注意すれば何とかなりそうです。スキル攻撃の連続に耐えられず敗退したのですが、回復アイテムにも余裕があったので、何度か試せば勝てそうだと思いました。

サラの幻影の詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

メモリアルダンジョンのボスは定期的に必ず会えるのですが、フィールドやダンジョンのボスは他のプレイヤーとの競争があり、なかなか難しいです。
フレイヤ大神殿聖域 05のグルームアンダーナイト、龍之城ダンジョン 03のペクソジン、コモドフィールド 03のレディータニー辺りに会いたいのですが、ままなりません。
ペクソジンはあまりレアな部類では無いはずなのですが、集中的に狩っている人がいるらしく、2017年夏頃からこれまで遭遇できていません。

ペクソジンの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

フィールドやダンジョンのボスの次のターゲットはデータルザウルス辺りを考えています。
最近の記事に書いた通り、聖属性大型85のディーヴァ風魔手裏剣が手に入ったので、回復アイテムを多めに積めば倒せるかもしれないと漠然と考えています。
以前戦った感触では、データルザウルスは本体だけでなく、同じマップに出現する竜族の雑魚や取り巻きが厄介です。八方苦無で火力を高めるよりも長期戦に備えた方が無難でしょう。

闇属性のボスに対抗する為、聖属性大型85のディーヴァ風魔手裏剣を用意しました : RO Breidablik 日記(仮)

データルザウルスの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

メモリアルダンジョンのボスもそれなりに倒せるようになりました。今後は未討伐の強めのボスに挑戦しようと思います。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。もう8日になり、正月も完全に終わった感じでいますが、閲覧者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
JROでは新年のイベントは1月9日の定期メンテナンスまでとなっているので、今夜が正月イベントの最後と言えるでしょう。祈願チャレンジの景品の配布は既に終わっているので、事実上、イベントは終わっているとも考えられますが、兎も角、明日まではイベントが続きます。
以前も記事で書いた通り、この正月イベントで10%回復剤であるお雑煮を大量に作りました。安い投資ではないのですが、ボス狩りやGVGで有効利用していこうと思います。
ボス狩りについてですが、記事にしていないだけで新規に3匹ほど新規にボスを狩っています。新規のボス狩りについては、あとで記事にする予定です。
ROでボス狩りを続けてしばらくになるのですが、ボスによって接触が容易で気軽に狩りに行けるボスとそうでないボスがいます。
接触が容易なボスのリストは以前記事にまとめた事があります。

接触が容易なMVPボスの一覧表を作り直してみました : RO Breidablik 日記(仮)

色々な理由から接触が容易なボスは結構いるのですが、八方苦無を主体に狩る場合、属性の関係から闇属性のボスは毎日は狩れないという問題がありました。
朧のスキルである八方苦無は自分の周囲11セルに600%のダメージを与えるスキルですが、店売りのアイテムで容易に作れる苦無は火水土風毒の苦無であり、闇属性のボスはこれらの属性攻撃のダメージを軽減するので有効ではありません。
無属性の苦無も存在するのですが、マラン島のデイリークエストをクリアしないと手に入らず、しかもユーザー間の取引が制限されている為、大量に用意するのには時間がかかります。
そういう事情もあり、闇属性のボスはあまり狩っていませんでした。ただ、闇属性でなく、かつ接触が容易なボスとなると非常に限られるので、何とか対策はないかと思っていた所、露店で聖属性大型85のディーヴァ風魔手裏剣が売られているのを見つけたので購入してみました。
01
無属性の苦無を用意するのには制限があるので、風魔手裏剣 -乱華-を強化する事を志向しました。聖属性でかつ大型にもダメージが強化できるのなら、闇属性の多くのボスをカバー出来ます。
ラグナロクオンラインのボスのサイズは多くの場合、大型です。中型のボスは大抵は生体工学研究所のボスです。ドッペルゲンガー、月夜花、ドレイク、キエル-D-01などは中型なので例外はあります。サイズが小型のボスはミストレスがそうですが、それ以外には知りません。
問題は投資の効果ですが、概ね満足の行く結果になりました。ロードオブデスとアトロスを狩りに行きましたが、既に持っていた聖属性のディーヴァ風魔手裏剣に比べ、ダメージは飛躍的に伸びました。
乱華のダメージはロードオブデスは5~8万、アトロスには5~6万のダメージです。ロードオブデスのHPは160万、アトロスのHPは100万なので充分なダメージが出ています。
厳し目に見積もっても30回弱攻撃すれば大体は勝てる計算です。その気になれば毎日狩りに行く事も可能でしょう。
02
03
04
05

ロードオブデスの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

アトロスの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

狩りを続ければ、その内、MVPボスカードも狙えるかもしれません。もっとも、放置されているボスにはそれなりの理由があるので、ボスカードが出たとしても極端に高価な値段では売れないでしょう。
腐ってもMVPボスカードなので100Mを下回る事はないと思われますが、相場は生き物なので何とも言えません。需要が高いカードなら1Gを超える値段になることもあるのですが…
また古いMVPボスカードの効果の中には、キャラクターの強さもインフレ気味な現在の状況とあまり合っていない物があります。
例えば、アトロスカードの効果は「物理攻撃時、一定確率で10秒間 攻撃速度 190」というものですが、これは攻撃速度の上限が190だったR化前の仕様のままです(R化は2010年)。
もっとも、これらのカードにも今後のアップデートで救済される可能性は残っています。
例えば、怨霊武士カードは2017年夏イベントで追加されたゴッズソードに付ければ追加効果を発揮するようになりました。また、イグニゼム=セニア(MVP)カードは15周年アニバーサリーイベントで追加された名も無き剣士のブーツに挿せば10秒毎にHPとSPを回復するなど非常に強力な追加効果が用意されています。

怨霊武士カード RO公式ツール・露店取引情報

イグニゼム=セニア(MVP)カード RO公式ツール・露店取引情報

現時点では飛び抜けた効果がないアトロスカード、ロードオブデスカードですが、今後のアップデート次第で救済される可能性は残っています。
割に合うかどうかは、兎も角、これで闇属性のボスも遠慮なく毎日狩れる体制を作る事が出来ました。ロードオブデス、アトロスは放置されがちなボスなので、その気になればすぐに狩りに行ける状況を作る事は非常に意味があります。
闇属性で接触が容易なボスには、ドラキュラやドッペルゲンガーがいますが、新たに武器を用意したとはいえ、これらのボスを乱華だけで狩るのは厳しい気がします。
ドラキュラは取り巻きのファミリアーの群れが意外にうっとおしく、なかなか乱華を連打できません。ドッペルゲンガーは攻撃速度が早めで、スキル攻撃の連打が非常に強力で一瞬で死ぬこともざらにあります。
これについては慣れの問題かもしれません。ドラキュラについてはファミリアーだけを八方苦無で片付け、本体を乱華の連打で攻撃すれば意外に早く倒せる可能性もあります。
兎も角、聖属性大型85のディーヴァ風魔手裏剣の導入により、ボス狩りに付きまとっていたマンネリも打破する事が出来ました。
しばらくの間、フィールドやダンジョンの闇属性のMVPボスを狩っても良いですし、ニーズヘッグの影、彷徨う紫色の竜といったメモリアルダンジョンにいる闇属性のボスに挑戦しても良いでしょう。
ボス狩りについては上述の通り、既に倒したが記事にはしていないボスが幾つかいるので、今後はそういったボスの討伐記録を記事にしようかと思います。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。今日はポートマラヤのメモリアルダンジョン「闇のビョンウンゴ病院2階」のボスであるビョンウンゴを倒してきたので、そのレポートを書きたいと思います。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
01
ビョンウンゴはレベル110、HPは約200万、属性は闇2のボスです。位置付けとしては、中堅か中堅よりも少し下ぐらいのボスです。メモリアルダンジョンのボスは基本的にあまり強めの設定ではありません。これは過去のゲーム向けメディアでのRO運営チームに対するインタビュー記事での「メモリアルダンジョンで獲得できる経験値はユーザーに対する最低保証」という担当者の発言からも伺えます。基本的にメモリアルダンジョンのボスは「倒せる」設定になっている物と思われます。もっとも、夢幻の迷宮の様なエンドコンテンツや深淵の回廊、蜃気楼の塔などのイベントなどは例外でしょう。また、既存のメモリアルダンジョンでも位置づけによっては容易に倒せないボスもいます。上記の発言は一般論であって、すべてのメモリアルダンジョンのボスがそうであるというわけではないでしょう。

ビョンウンゴの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

この時の装備はこんな感じです。
02
メモリアルダンジョンのボスはフィールドやダンジョンにいるボスと違い、補給をして再戦を挑むといった事が出来ません。手持ちのアイテムなどで確実に倒し切る事が求められます。
この為、苦無も多めに持ち、SP回復剤についても温かい紅茶といった高めのものを用意しました。装備しているディーヴァ風魔手裏剣はボスの属性を考慮し、聖属性の物を選びます。
アクセサリーには、攻撃速度2などのエンチャントが付与されたゴッズガントレットを装備します。これらの装備とリス耳フード帽の効果を合わせて、風魔手裏剣を持った状態でASPDが193になるように配慮します。

メモリアルダンジョンに入場後、ビョンウンゴに会う前に病院の病室に潜む雑魚敵を掃討する必要があります。これについては特筆すべき点は無かった為、省略します。
雑魚敵の掃討後、ボスのいる部屋に入ります。
「闇のビョンウンゴ病院2階」のマップは一見して、非常に近代的な病院の廃墟に見えます。
03
ラグナロクオンラインは北欧神話をベースにした中世ヨーロッパ風の世界でしたが、2005年ぐらいからアインブロック、アインベフなどの街ではスチームパンク風の世界観の中に蒸気機関車が登場したり、2006年にはガンスリンガーや忍者などの職業も追加されました。
余談ですが、ポートマラヤでは、ジプニーという乗り合いタクシーも存在します。この乗り合いタクシーはフィリピンに実在するらしいですね。ポートマラヤはフィリピンのローカルマップなので、現代のフィリピン人にも親しめる要素として入れたのでしょう。
ラグナロクオンラインの原作である「RAGNAROK INTO THE ABYSS」は未読なのですが、アインブロック、リヒタルゼンなどは出てこないらしいので、現状のROの世界観は原作からもかけ離れた独自の世界を築いているようです。
個人的にジプニーの動力源が気になる所です、ROの設定では飛行船やガーディアンなどの機械にはルーン機関という物が積まれているそうですが、ジプニーの動力源もこれかもしれません。世界観的にガソリンエンジンではないでしょう。
色んなジャンルの要素がごった煮になっている作品世界というと「ドラゴンボール」辺りがそうなのもしれません。ドラゴンボールも魔王と神に選ばれた武道家が戦う話かと思ったら、途中から主人公は実は宇宙人で、敵にも宇宙人が出てきたり、人造人間が出てきたり色々ありました。
以前も書きましたが、ROは剣士、魔法使い、僧侶と一緒にガンマンや忍者などの多彩な職業の冒険者がパーティーを組んで、ドラゴンに立ち向かう様な世界観なので、多少、現代っぽい要素が出てきても違和感はあまりないです。
2015年に実装されたウェルスの世界観は現代を通り越してSFですね。現代か近未来の文明がファンタジー漫画に「滅び去った旧世界の文明」として登場する事は昔はよくある事でした。今はどうなのか知りませんが。これも中世ヨーロッパ風のファンタジー世界だけだと新鮮味が薄れるので仕方がないでしょう。
いや、脱線が長くなりました。ここら辺については、後日、記事に書きたいと思います。

ビョンウンゴと対面します。
04
接近して、八方苦無を連打します。ビョンウンゴや闇2である為、無属性の苦無であるトビウオを使います。トビウオはマラン島のデイリークエストで入手が出来ます。
05
途中で補給が出来ないメモリアルダンジョンという事もあり、苦無も多めに持ってきていたのですが、八方苦無では倒し切る事が出来ませんでした。攻撃を乱華に切り替えます。
06
ボス戦から一定時間以上経つとビョンウンゴが憤怒のビョンウンゴに変化し、ダメージ与えられなくなるといったギミックが存在するらしいのですが、そこまで行かずに倒す事が出来ました。
憤怒のビョンウンゴに変化した後は一度部屋から出て、病室にいるモンスターを倒して戻ってくる必要があるそうです。
07
ビョンウンゴを倒した後は忌み木のビョンウンゴを倒す必要があります。忌み木のビョンウンゴはHPは50ですが叩いてもダメージが1しか与えられません。出現から20秒以内に倒さないとビョンウンゴが復活します。
08
私の朧のASPDは193である為、忌み木のビョンウンゴに対しても高速にダメージを与えられます。特に苦戦する事もなく、倒すことが出来ました。
09
これで「闇のビョンウンゴ病院2階」も終了です。
10
今回はメモリアルダンジョンで未討伐のボスであるビョンウンゴを倒しました。
ボス狩りには基本的に八方苦無を使うのですが、メモリアルダンジョンのボスに挑むには苦無の重量が制約になり、強いボスにはなかなか勝てていません。
ゲフェン魔法大会のフェンリルやチャールストン工場のチャールストン3号には勝っていますが、まだ勝てていないボスも多くいます。
ビョンウンゴよりも強く未討伐のボスの内、可能性があるのは地下排水路 最奥部の暗黒のシーラカンスや霧の森の彷徨う紫色の竜辺りでしょうか。

暗黒のシーラカンスの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

ブワヤの巣のブワヤにも挑みましたが、敗退しています。最後の部屋のT_W_Oにも挑みたいのですが、闇3のボスなので属性対策や無形特化武器の準備をしないと勝てそうにありません。
フェンリルとサラのサラの幻影は聖属性攻撃に耐えられない為、聖属性の鎧などを用意するまでは戦いを挑んでも無駄骨に終わりそうです。
必要な装備を用意した上でYouTube辺りで攻略動画などを閲覧し、準備を整える必要があるでしょう。

T_W_Oの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

ブワヤの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

サラの幻影の詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

朧でボス狩りを始めてしばらくになりますが、中堅クラスのボスには何とか勝てるようになりました。今後はそれよりも上のボスとどうやって立ち向かうかが課題になりそうです。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。ボス狩りを再開してしばらくになりますが、今回、アモンラーを倒してきたので、そのレポートを書きたいと思います。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
01
アモンラーはレベル88、HPは約320万、属性は地3のボスです。ピラミッドダンジョンの地下のMVPボスです。ピラミッドダンジョンの実装日がいつなのかは正確には分かりませんが、ボスの中では最古参に位置するのではないかと思います。
現在の位置付けはMVPボスの中堅の上位ぐらいに位置するMVPボスであると認識しています。HPは多めですが、それほど強いわけではないのでランドグリスやイフリートなどの上位陣に含まれるかどうかは微妙な所でしょう。
アモンラーカードはMVPボスカードの中でも特に需要が高いものの一つであり、非常に高価です。値段についてはその時によるので何とも言えないのですが。もっとも、最近はラグ缶のA賞に含まれる事が多いので、それなりに流通しているのかもしれません。

アモンラーの詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

ボス狩りの時の装備はこんな感じです。ASPDを193にする事を念頭に攻撃速度が上がる効果を持つディーヴァシューズやゴッズガントレットを装備します。
02
+7 用心棒のスカーフを裝備し、風魔手裏剣 -乱華-のダメージを約1.9倍に高めています。
武器にはニーヴ風魔手裏剣を裝備しました。オプションエンチャントは無属性の大型105%増です。ミノタウロスカードも挿し、大型モンスターに特化した風魔手裏剣に仕上げました。属性も無属性で汎用性もあります。
アモンラーの属性は地3である為、持っていく苦無は土属性に有効な烈火の苦無にしました。

アニバーサリーイベントなどで人が分散する時期を見計らい、イベント会場にいるロックスター急便という各都市やダンジョンに転送してくれるNPCを利用し、ピラミッドダンジョン B3Fに向かいます。
運良く、アモンラーと対面する事が出来ました。アモンラーはピラミッドダンジョン B3Fの丁度真ん中の座標に固定湧きする様です。
03
接近し、八方苦無を連打します。ダメージが見えにくいのですが、35000程度のダメージが出ているようです。
04
ファイアーピラーの一撃を受け、敗退します。朧は魔法攻撃に弱いので、そちらの対策をやるべきだったかもしれません。
<R-Fire>を付けたエクセリオンウィングなどを装備するべきでした。
05
補給を済ませ、再戦を挑みます。
06
アモンラーは地属性という事もあり、烈火の苦無を使った八方苦無だと良いダメージが出ます。アモンラーの周りにはアクラウスなどの取り巻きもいる為、ダメージの表示が分かりにくいですが、アモンラーに対しては35000~37000程度のダメージを与えています。
07
撃破しました。
08
アモンラーについては、カード目当てに狩っている人が多い為、なかなか会えなかったのですが、イベントで人が分散する隙に上手く会うことが出来ました。
次の標的をどうするのかは正直決まっていません。フレイヤ大神殿聖域のグルームアンダーナイトか、アビスレイク地下洞窟のデータルザウルス辺りを検討中です。
グルームアンダーナイトは競争が激しそうなので、狙うならデータルザウルスが良いかもしれません。もっとも、アビスレイク地下洞窟は徘徊している敵が強く、会いに行っても苦戦が予想されます。
今まで未開拓だった生体工学研究所のMVPなども検討してみるべきかもしれません。
兎も角、アモンラーを倒したことで、会えば倒せるであろうMVPボスはリストから消えつつあります。まだブログの記事にしていませんがドッペルゲンガー、怨霊武士といったボスも討伐済みです。
メモリアルダンジョン「フェンリルとサラ」のサラの幻影も倒したいのですが、聖属性の鎧を用意するコストが制約となり実現していません。ボス狩りの今後は、支払うべきコストをどう捻出するかが課題になりそうです。
今回はここまでにします。それでは。

こんばんは。先日に引き続き、ボス狩りをしています。
今回、コンロンダンジョン 03で黒蛇王を倒してきたので、そのレポートを書きます。
この記事のスクリーンショットは録画したリプレイの物です。「土符:剛塊」を使用していますが、リプレイの仕様によりスクリーンショットには写っていません。
01
黒蛇王はレベル108、HPは約190万、属性は念3のボスです。台湾をモチーフにしたローカルマップであるコンロンのMVPボスです。
位置付けとしては、中堅のMVPボスであると言えるでしょう。ローカルマップのボスとしては強めの部類に入りますが、それ程強いわけではありません。
黒蛇王についてはボス狩りの為に一時期はコンロンダンジョンに足繁く通った事もあるのですが、なかなか会うことが出来ませんでした。会うことが出来ない理由は他に狩っている人がいたのか、それともタイミングが悪かっただけなのか不明です。

黒蛇王の詳細情報 RO公式ツール・モンスターサーチ

この時の装備はこんな感じです。ASPDを193にする事を念頭に攻撃速度が上がる効果を持つディーヴァシューズやゴッズガントレットを装備します。
02
アクセサリーには、索敵の為にテレポートを使う為、テレポートピアスを裝備します。テレポートピアスを付けた状態でも、ASPDは190以上の値を保っています。
+7 用心棒のスカーフを裝備し、風魔手裏剣 -乱華-のダメージを約1.9倍に高めています。
武器にはニーヴ風魔手裏剣を裝備しました。オプションエンチャントは無属性の大型105%増です。ミノタウロスカードも挿し、大型モンスターに特化した風魔手裏剣に仕上げました。属性も無属性で汎用性もあります。
今回の標的である黒蛇王は念3なので、無属性の武器は有効ではありませんが、取り巻きを片付けるだけなら問題ありません。黒蛇王を攻撃するのなら、属性コンバーターなどで武器に属性を付与する必要があります。

兎も角、コンロンダンジョン 03に向かい、黒蛇王を探してみる事にしました。
コンロンダンジョン 03に乗り込んでみた所、入り口に黒蛇王がいました。
索敵の手間が省けてありがたいのですが、随分あっさり会えたなと思います。過去に散々通った時には一度も会えなかったのですが…
03
取り敢えず、取り巻きの掃除から始めます。
04
接敵し、八方苦無を連打します。16000とそこそこのダメージが出ています。
05
しかし、しばらくして手持ちの苦無を使い果たしてしまいました。乱華に切り替えて、攻撃を続けます。
06
テレポートで逃げられてしまいました。苦無も尽きていたので、補給に戻ります。
07
08
その後、コンロンダンジョン 03を10分ほどテレポートで飛び回り、索敵を行います。コンロンダンジョン 03はモンスターが多く、索敵は少々面倒でした。
一旦は諦めかけたのですが、何とか黒蛇王を見つけ出しました。
09
取り巻きを片付け、八方苦無の連打でHPを削ります。
10
撃破しました。
11
黒蛇王は前々から倒したかったのですが、会うことが出来ず、未討伐の状態が続きましたがようやく倒すことが出来ました。
まだ会えていないMVPボス(龍之城のペクソジン、鉱山ダンジョンのRSX-0806、修道院の堕ちた大神官ヒバム)や会敵したが倒せていないMVPボス(フレイヤ大神殿聖域のグルームアンダーナイト、アビスレイク地下洞窟のデータルザウルス)はまだいますが、そういったボスを今後倒せていけたらと考えております。
また倒すために聖属性の鎧などの多額の投資が必要となりそうなランドグリスやイフリートなどのボスがいますが、そういったボスについても挑戦していけたらと考えております。
ボス狩りについては、もう手近にいて勝てる相手には大体討伐済みであり、残るのは倒すのが困難か、競争が激しくなかなか会えないというケースが殆どです。
ボス狩りを再開したもののすぐに行き詰まりそうな気がします。対策としては、アニバーサリーイベントやクリスマスイベントで人が分散する隙を突いて、今まで会えていないレアなボスに挑戦する事でしょうか。
フレイヤ大神殿聖域のグルームアンダーナイト辺りが勝てそうではあるが他のプレイヤーとの競争の関係で未討伐となっています。実は先日も一度は会えたのですが、苦無を補給している間に他のプレイヤーに倒されてしまったようです。
今後もボス狩りについては、模索が続きそうです。
今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ